ガソリンの軽油・レギュラー・ハイオク。この3つの中身の成分の違いを教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/11/29 15:00:07
  • 終了:2006/11/29 15:36:30

ベストアンサー

id:Coco-Cola No.3

Coco-Cola回答回数87ベストアンサー獲得回数52006/11/29 15:32:56

ポイント31pt

軽油はガソリンではないことになっていますね。


軽油とはこういうものだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BD%E6%B2%B9

軽油(けいゆ)とは、原油から精製される石油製品の一種である。主としてディーゼルエンジンの燃料として使用される。

第4類危険物の第2石油類に属する。

原油の蒸留によって得られる沸点範囲が180~350℃程度の石油製品(炭化水素混合物)である。精製直後は無色であるが、出荷前にエメラルドグリーンなどに着色される(精製会社により異なる)。軽油の名は重油に対応して付けられたものである(「軽自動車用の燃料」という意味ではない)。


ガソリンとはこういうものだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%B...

ガソリン(米:Gasoline, 英:Petrol)とは、石油製品のひとつである。沸点が摂氏30度から220度の範囲にある石油製品(および中間製品)の総称である。米国では、ガス (gas) と呼ばれることが多い。ガス欠という用語はこれに由来する。

日本語では揮発油という。燃料としてガソリンエンジンに使われるほか、衣類などの汚れをとるためにもつかわれる。燃料用のガソリンには着色がなされている。 ガソリンのうち低沸点(摂氏30~120度程度)のものをベンジンと言い、溶剤・しみ抜きなどに用いられる。重質の石油留分を接触分解または熱分解で分解して製造したガソリンを分解ガソリンと呼ぶ。


ハイオク・ガソリンについてです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%B...

オクタン価ガソリン又はハイオクタン価ガソリンとは、高オクタン価を謳い販売されるガソリンのことである。 この為、ハイオクタン価ガソリンを略してハイオクガソリンとも言われ、一般にはハイオクの名が流通している。しかし、一部ではプレミアムガソリンとも呼ばれており、ガソリンスタンドでもハイオクではなく独自のネーミングを使用する場合がある。

高オクタン価とは、石油燃料を内燃機関で燃やしたときに安定して燃える性能(ノッキングの起こしにくさ)を高めたものであり、燃えやすさや燃焼カロリーの高低とは関係がない。

規格

具体的には、日本工業規格(JIS)でオクタン価が96以上のガソリンという規格が定められているが、実際に市販されているハイオクガソリンの多くは98~100のものとなっている。

レギュラーガソリンはオクタン価が96未満ということですね。

商品としての位置付け

ハイオクは、量販されるレギュラーガソリンと比べて差別化を図ることができるため、ガソリンの販売各社(ガソリンスタンド)としても高い価格で販売でき、大きな利幅を得ることができる。このため、ハイオクガソリンの商品開発・販売促進に熱心である。ハイオクと称して販売されているガソリンは、多くの場合レギュラーより発熱量が大きくなるよう設計したり、強化された清浄剤などの添加により付加価値を高め、「プレミアムガソリン」と銘打って販売される。

ハイオクとレギュラーの成分の違いはこんなところだそうです。

id:takarin473

回答ありがとうございます。

2006/11/29 15:35:49

その他の回答(2件)

id:shimazuyosi30 No.1

shimazuyosi30回答回数1608ベストアンサー獲得回数222006/11/29 15:05:46

ポイント25pt

http://www.carsensor.net/E_oil/page03.html

軽油とガソリンの違い


http://toyotires.jp/life/life_01.html

レギュラーとハイオクの違いは?

id:takarin473

回答ありがとうございます。

2006/11/29 15:35:33
id:KairuaAruika No.2

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972006/11/29 15:06:46

id:takarin473

回答ありがとうございます。

2006/11/29 15:35:40
id:Coco-Cola No.3

Coco-Cola回答回数87ベストアンサー獲得回数52006/11/29 15:32:56ここでベストアンサー

ポイント31pt

軽油はガソリンではないことになっていますね。


軽油とはこういうものだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BD%E6%B2%B9

軽油(けいゆ)とは、原油から精製される石油製品の一種である。主としてディーゼルエンジンの燃料として使用される。

第4類危険物の第2石油類に属する。

原油の蒸留によって得られる沸点範囲が180~350℃程度の石油製品(炭化水素混合物)である。精製直後は無色であるが、出荷前にエメラルドグリーンなどに着色される(精製会社により異なる)。軽油の名は重油に対応して付けられたものである(「軽自動車用の燃料」という意味ではない)。


ガソリンとはこういうものだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%B...

ガソリン(米:Gasoline, 英:Petrol)とは、石油製品のひとつである。沸点が摂氏30度から220度の範囲にある石油製品(および中間製品)の総称である。米国では、ガス (gas) と呼ばれることが多い。ガス欠という用語はこれに由来する。

日本語では揮発油という。燃料としてガソリンエンジンに使われるほか、衣類などの汚れをとるためにもつかわれる。燃料用のガソリンには着色がなされている。 ガソリンのうち低沸点(摂氏30~120度程度)のものをベンジンと言い、溶剤・しみ抜きなどに用いられる。重質の石油留分を接触分解または熱分解で分解して製造したガソリンを分解ガソリンと呼ぶ。


ハイオク・ガソリンについてです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%B...

オクタン価ガソリン又はハイオクタン価ガソリンとは、高オクタン価を謳い販売されるガソリンのことである。 この為、ハイオクタン価ガソリンを略してハイオクガソリンとも言われ、一般にはハイオクの名が流通している。しかし、一部ではプレミアムガソリンとも呼ばれており、ガソリンスタンドでもハイオクではなく独自のネーミングを使用する場合がある。

高オクタン価とは、石油燃料を内燃機関で燃やしたときに安定して燃える性能(ノッキングの起こしにくさ)を高めたものであり、燃えやすさや燃焼カロリーの高低とは関係がない。

規格

具体的には、日本工業規格(JIS)でオクタン価が96以上のガソリンという規格が定められているが、実際に市販されているハイオクガソリンの多くは98~100のものとなっている。

レギュラーガソリンはオクタン価が96未満ということですね。

商品としての位置付け

ハイオクは、量販されるレギュラーガソリンと比べて差別化を図ることができるため、ガソリンの販売各社(ガソリンスタンド)としても高い価格で販売でき、大きな利幅を得ることができる。このため、ハイオクガソリンの商品開発・販売促進に熱心である。ハイオクと称して販売されているガソリンは、多くの場合レギュラーより発熱量が大きくなるよう設計したり、強化された清浄剤などの添加により付加価値を高め、「プレミアムガソリン」と銘打って販売される。

ハイオクとレギュラーの成分の違いはこんなところだそうです。

id:takarin473

回答ありがとうございます。

2006/11/29 15:35:49

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません