両親が亡くなるまで見守ってきました。自分が意識を失うなどして、救急車から病院に運ばれてきた時を想定します。医者及び関係者に人工栄養チューブや人工呼吸器の治療を拒否するには、どうすればいいのでしょうか。

当然、身内にその類の意志を伝えておくことが、必要だと思います。
その他医者等にメッセージを伝える方法が、あるでしょうか。
お教え下さい。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2006/11/29 15:39:46
  • 終了:2006/12/04 08:41:17

回答(14件)

ただいまのポイント : ポイント18 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
文書にサインしたものを肌身離さず携帯しておく事かな kazunn2006/11/29 16:21:49ポイント2pt
文書あるいはブレスレットにその旨書いたものを肌身離さず携帯しておくのがよいのではないですか
延命するなというタトゥーを胸に彫りこんだ実例があるとか。 miu2d4r2006/12/02 13:05:09ポイント1pt
まあ、海外の話ですし、実際医者が見たら法律との折り合いに悩むでしょうけど。 http://rate.livedoor.biz/archives/14789364.html
救命治療は拒否できないと思う 延命治療なら出来なくもないらしい BROWN62006/11/29 22:42:41ポイント3pt
延命治療は安楽死協会?てきな所で登録できるみたいだけど 救命治療の拒否は無理ですよ
延命治療は末期がんのとき医師のほうから言ってくる rthuk2006/11/30 10:05:52ポイント2pt
「もうご主人はとことんがんばりました。これ以上苦しみを与えるのは忍びない。」とかいって延命治療をストップするよういってきます。 救命治療は出来ないんじゃないですか・
救命と延命 ichthyostega2006/12/02 00:16:24ポイント1pt
ご指摘の通り、救命は救える可能性のある、あるいは救えるかどうか不確定であるような状態で、命を救うことを目的とした治療です。 それに対して、延命というのは医学的に最善を尽くしても生命維持が保てないか、あ ...
前もって主治医に相談 sakura197492006/11/30 03:23:39ポイント1pt
いざとなるまでに、かかりつけの医者に、私は延命とかは拒否したいと雑談の中で話しておいて、徐々にそういう方向で相談していくのはどうでしょう。 書類とかも用意しておくのがよいのかもしれませんが。 弁護士さ ...
救急車を呼ばなければ良い。 nandenno2006/11/30 01:25:42ポイント1pt
救急車を呼ぶという行為自体が「救命措置を求める」行為ですから、救急車を呼んでおきながら「措置しないでくれ」は通用しないでしょう。 あらかじめ家人と相談しておき、「『万一の発作などで倒れても決して救急車 ...
結論 救命治療の拒否は無理 BROWN62006/11/29 22:47:35ポイント1pt
拒否するって自殺じゃないですか 自殺なんてダメですよ 前向きに生きましょう
命を大切に BROWN62006/11/29 22:40:16ポイント1pt
命を粗末にしちゃだめですよ
延命措置を拒否する意思を記した文書をなんていうんでしたっけ chinjuh2006/11/29 19:06:42ポイント1pt
 たしか、そういうのを言い表す言葉があったはずなんですけど。その文書を身につけている人が瀕死で病院に運び込まれたときの対応をどうするか書いた病院側の意見もどっかのサイトで見たと思うんですけど、文書の名 ...
リビング・ウィル chinjuh2006/11/29 19:14:13ポイント1pt
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB  ウィキペディアに「リビング・ウィル」という言葉が出てくるんですが、これだったかなあ……うーん。思い出せない。なんか別なのがあった ...
やはりリビング・ウィルでいいみたい chinjuh2006/11/29 19:21:25ポイント1pt
http://www.toyama-mpu.ac.jp/hp/hospital/TERMA.HTML  富山大学付属病院のページらしいんですけど、尊厳死の宣言書を持ってる患者が来たらどうするか、尊厳死というのはどういう場合について認められるのか、などけっこう細かく書 ...
単純には難しいです ichthyostega2006/11/29 16:45:26ポイント1pt
医療現場ではなかなか難しいことです。 救命のために、1分をあらそう現場において、「書類が・・」といってもなかなか認識されないでしょうし、一旦装着した呼吸器などの延命装置は例え生前の意思があったとしても ...
その旨をあらかじめ文書にしておくしかない。 takarin4732006/11/29 15:59:49ポイント1pt
意識を失った状態では会話することも不可能なので、そう希望するのであれば、元気なうちに自筆・署名・捺印を押して書き残すしかないでしょう。 遺言じゃないけれど、本人の筆跡であると分かれば有効になる可能性は ...
  • id:imagaichiban
    貴重な意見と情報ありがとうございました。
    自分の問題としてどう捉えるか、お聞きしたい面もありました。

    死は、ひとごとではありません。
    そのときをどう迎えるか。

    尊厳死といわれますが、その言葉のうらには、人ごとの「死」と受け取る気配を感じます。

    自分の「死」は、ただ単に「死」であり、評価されるものではありません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません