ある言葉が、いわゆる「日常で使われる一般的な言葉」であるかどうかは

どうやったら分かるのでしょうか?

ある言葉を広辞苑でひいてみても、広辞苑は難しい
専門用語も一部含まれているような気がするので
広辞苑に載っている=日常語である、とも言えない気がするんです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/11/29 17:07:44
  • 終了:2006/12/01 15:33:52

ベストアンサー

id:rikuzai No.5

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/11/29 20:12:35

ポイント18pt

実は「日常語」「日常表現」という言葉自体が辞書に掲載されていない言葉なので、

定義がはっきりせず、これを網羅した辞典というのは難しいのだと思います。


敢えて「広く世間で使われている」「現在常識的な」「非専門性」といった属性の言葉として仮に定義すると、

dankichikさんのgoogle検索で件数が多いことは「広く世間で使われている」という点で○だと思います。

ただ、質問者さんも疑問に思われているように、その件数が一体何件以上で「日常語」かという点では、

はっきりとした数字を挙げるのは難しいと思います。

なぜなら専門性の高い、公共性の低い言葉であっても、一部のユーザーの間では頻出・常識となっている言葉はいくらでもありますし、

特にネット上での「日常語」は、リアルでは「日常語」でないことも多いと思うからです。

例えばAAを例にとると、

ネットでは「アスキーアート」と思う人が多いかもしれませんが、

一般には認識が低いと思いますし、分野によっては債権の格付け記号と捉える人もいるので、

google検索で「AA」が2,970,000件ヒットしてもこれが「日常語」と選別するには他の条件が必要になってくると思うからです。


言葉の浸透や認識は変動的で、去年使われなかった言葉も今年は「日常語」になることもあります。

いわゆる「流行語」もその一つですし、ファッション用語、人名、事件名などの単語もそうだと思います。


そうした流動的な言葉を一切無視して、基本中の基本の言葉だけを探したいということならば、

くもんの学習国語辞典

くもんの学習国語辞典

  • 作者: 村石 昭三
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • メディア: 単行本

下村式 小学国語学習辞典

下村式 小学国語学習辞典

  • 作者: 下村 昇
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

新レインボー小学国語辞典

新レインボー小学国語辞典

  • 作者: 金田一 春彦 金田一 秀穂
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • メディア: 単行本

といった小学生の知識レベルで編纂された辞書で確認されるのはどうでしょうか。

ある意味専門性や流行性を排除し、一般的な言葉を中心に集約されていると思います。

これで25000語前後になります。


いや、もう少しレベルが高いほうが…ということなら、

現代国語表記辞典

現代国語表記辞典

  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • メディア: 単行本

といった表記系の辞典が近いと思います。

これで約50000語です。


また、もう少しリアルタイムにそくしたものをということなら、

朝日現代用語 知恵蔵 2007

朝日現代用語 知恵蔵 2007

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • メディア: 単行本

imidas〈2007〉

imidas〈2007〉

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: ムック

現代用語の基礎知識2007

現代用語の基礎知識2007

  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

といった現代用語辞典の基礎用語編を紐解かれてもいいかと思います。

(ただしこの手は出版社毎に癖があるので、ある程度比較されたほうがいいかとも思いますが)


以上ご参考まで。

id:sun-chan

そうです!こういう回答を待っていました。

例えば「病識」という言葉は、お医者さんが

使いますが、これはいわゆる”日常語”と言える

のか?って疑問に思ったんです。何かレポートや

論文に書く場合、証拠が要りますよね。

単に自分が知りたいだけなら、回りの人に

聞いてみる、はてなで質問してみる、とかで

いいんですが・・・

現代国語表記辞典が50000語と書いてあるところで

思いましたが、成人の日本語母語話者の認識語彙数が

どこかにあったと思うので、それを使って、大体

同じくらいの辞書を利用するのもいいかもしれませんね。

当然、認識語彙と辞書掲載語彙とのずれはあるとは思いますが…

「日常語」の定義の曖昧さ、大いにありますね。

時代によってもどんどん変わるだろうし。

大変参考になりました。ありがとうございました。

2006/11/29 21:17:51

その他の回答(6件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/11/29 17:18:30

ポイント17pt

http://www.big.or.jp/~roadist/kikimimi/kgy03.htm

間違えやすい一般用語

id:ginkato No.2

ginkato回答回数53ベストアンサー獲得回数32006/11/29 17:19:25

ポイント17pt

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/ro0608.html

これは如何でしょうか?

id:dankichik No.3

dankichik回答回数389ベストアンサー獲得回数92006/11/29 17:19:46

ポイント17pt

単語・表現をgoogleで検索して、用例を確認するのはどうでしょう?

(私は外国語で書く時によくやります。日常表現、自然な表現ならたくさん使用例が見つかるはずなので。)

一応 http://www.google.co.jp/

id:sun-chan

googleで検索してもいいのですが、でも

その場合、一体何件以上だとその言葉は

日常で使われる言葉だと言えますか?

2006/11/29 17:21:27
id:panda50 No.4

panda50回答回数474ベストアンサー獲得回数42006/11/29 18:34:08

ポイント17pt

新聞やニュースなどで使われている言葉は、一般的な言葉だと

思います。

あと、まわりの大人に聞くのが早い調べ方だと思います。


http://q.hatena.ne.jp/1164787661ダミー

id:sun-chan

まわりの大人に聞く、というのは何人に、どんな

人に聞いたらいいんでしょうね。

難しいですね・・・

2006/11/29 21:13:23
id:rikuzai No.5

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/11/29 20:12:35ここでベストアンサー

ポイント18pt

実は「日常語」「日常表現」という言葉自体が辞書に掲載されていない言葉なので、

定義がはっきりせず、これを網羅した辞典というのは難しいのだと思います。


敢えて「広く世間で使われている」「現在常識的な」「非専門性」といった属性の言葉として仮に定義すると、

dankichikさんのgoogle検索で件数が多いことは「広く世間で使われている」という点で○だと思います。

ただ、質問者さんも疑問に思われているように、その件数が一体何件以上で「日常語」かという点では、

はっきりとした数字を挙げるのは難しいと思います。

なぜなら専門性の高い、公共性の低い言葉であっても、一部のユーザーの間では頻出・常識となっている言葉はいくらでもありますし、

特にネット上での「日常語」は、リアルでは「日常語」でないことも多いと思うからです。

例えばAAを例にとると、

ネットでは「アスキーアート」と思う人が多いかもしれませんが、

一般には認識が低いと思いますし、分野によっては債権の格付け記号と捉える人もいるので、

google検索で「AA」が2,970,000件ヒットしてもこれが「日常語」と選別するには他の条件が必要になってくると思うからです。


言葉の浸透や認識は変動的で、去年使われなかった言葉も今年は「日常語」になることもあります。

いわゆる「流行語」もその一つですし、ファッション用語、人名、事件名などの単語もそうだと思います。


そうした流動的な言葉を一切無視して、基本中の基本の言葉だけを探したいということならば、

くもんの学習国語辞典

くもんの学習国語辞典

  • 作者: 村石 昭三
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • メディア: 単行本

下村式 小学国語学習辞典

下村式 小学国語学習辞典

  • 作者: 下村 昇
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

新レインボー小学国語辞典

新レインボー小学国語辞典

  • 作者: 金田一 春彦 金田一 秀穂
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • メディア: 単行本

といった小学生の知識レベルで編纂された辞書で確認されるのはどうでしょうか。

ある意味専門性や流行性を排除し、一般的な言葉を中心に集約されていると思います。

これで25000語前後になります。


いや、もう少しレベルが高いほうが…ということなら、

現代国語表記辞典

現代国語表記辞典

  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • メディア: 単行本

といった表記系の辞典が近いと思います。

これで約50000語です。


また、もう少しリアルタイムにそくしたものをということなら、

朝日現代用語 知恵蔵 2007

朝日現代用語 知恵蔵 2007

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • メディア: 単行本

imidas〈2007〉

imidas〈2007〉

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: ムック

現代用語の基礎知識2007

現代用語の基礎知識2007

  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

といった現代用語辞典の基礎用語編を紐解かれてもいいかと思います。

(ただしこの手は出版社毎に癖があるので、ある程度比較されたほうがいいかとも思いますが)


以上ご参考まで。

id:sun-chan

そうです!こういう回答を待っていました。

例えば「病識」という言葉は、お医者さんが

使いますが、これはいわゆる”日常語”と言える

のか?って疑問に思ったんです。何かレポートや

論文に書く場合、証拠が要りますよね。

単に自分が知りたいだけなら、回りの人に

聞いてみる、はてなで質問してみる、とかで

いいんですが・・・

現代国語表記辞典が50000語と書いてあるところで

思いましたが、成人の日本語母語話者の認識語彙数が

どこかにあったと思うので、それを使って、大体

同じくらいの辞書を利用するのもいいかもしれませんね。

当然、認識語彙と辞書掲載語彙とのずれはあるとは思いますが…

「日常語」の定義の曖昧さ、大いにありますね。

時代によってもどんどん変わるだろうし。

大変参考になりました。ありがとうございました。

2006/11/29 21:17:51
id:adlib No.6

adlib回答回数2001ベストアンサー獲得回数1292006/11/29 20:51:37

ポイント17pt

 わたしは、つぎのような方法で試すことにしています。

「日常的な文章」であるかどうか、いったん翻訳ソフトで訳すのです。

 そして、英文になった文章を、もういちど日本語に反訳します。

 

 すると、なんでもない云いまわしが、意外に通じなかったり、簡単な

キーワードや四字熟語が、ちんぷんかんぷんに飛訳してしまったりして、

とても参考になることが多いのです。

 

 わたしの持論ですが、正しく美しい日本語は、外国語に訳した場合も、

意味が伝わることが最重要ではないでしょうか。

 過去の文学はともかく、未来の日本語においては……。

 

(↓)翻訳ソフト

http://honyaku.yahoo.co.jp/transtext

http://www.excite.co.jp/world/

 

(↓)Myブログ

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060609

 自動翻訳の女 ~ 悪女は淑女を駆逐する ~

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060318

id:sun-chan

面白い方法ですね。私のやりたいことでは、

ちょっと使えないですが、参考にさせていただきます。


(質問が分かりづらかったですね。すみませんでした)

2006/11/29 21:19:08
id:Ana-Coppola No.7

Ana-Coppola回答回数36ベストアンサー獲得回数22006/12/01 01:20:49

ポイント17pt

「日常的で一般的な言葉」=「日常生活での言葉」と解釈するなら、判断基準は難しいと思いますね。

それは「年代(時代)」、「性別」、「生活環境」、「地域」などによって差異が出てくると思うので、一概には言えないと思います。80代の老齢の方が日常使っている言葉と10代の若年層が日常使っている言葉では、違うと思います。女性が日常使っている言葉と男性が日常使っている言葉も違うと思います。

日本全国の老若男女が何の疑問も無く聞いて、理解出来るものが、それに該当するのではないかと私は考えます。

ですから、単純にあなたが何の疑問もなく会話に使っている言葉こそが日常的で一般的な言葉と考えて良いのでは無いでしょうか。

余談ですが、TBSで放送していた『クイズ!日本語王』で言っていたと思うのですが、言葉は時代とともに意味が変わるものもあるそうです。

http://.ne.jp/(←ダミー)

id:sun-chan

まったく同感です。>時代その他によって違う。

2006/12/01 15:33:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません