Myブログを、生前は“非表示”にしておいて、死後まもなく“公開”

または“準公開”するためには、どんな設定・裏技が考えられますか? 
(もちろん、プロバイダーの統合・撤退で、消滅することもありますが)

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/12/09 15:53:41
  • 終了:2006/12/16 15:55:02

ベストアンサー

id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/12/09 16:29:05

ポイント16pt

ブログを自己管理のサーバに置いて運用するなら、たとえばWebサーバがApacheの場合、.htaccess を用いてベーシック認証をかければパスワードを知らない人はアクセス出来ないブログになりますし、.htaccess ファイルを1個削除すれば、誰でもアクセス出来るブログに早変わりします。

 

したがって、数十年後に .htaccess ファイル1個を自動削除するプログラムをサーバマシン上に置いておけば、サーバが動作している限り、そのブログはセットした日時をもって公開ブログとなることが出来ます。自宅サーバでこれを行うことは、極めて簡単です。

 

あるいは、たった1個のファイルの削除で操作が完了しますから、それを遺族に遺書をもって依頼するという方法もあるでしょう。

id:adlib

>セットした日時をもって公開ブログとなる<

 つねに一ヶ月後の日付に設定しておけば、それ以前に急死した場合、

自動的に公開されますね。Myサーバー限定機能も、いずれは……。

2006/12/09 16:53:43

その他の回答(7件)

id:kazu1107 No.1

kazu1107回答回数199ベストアンサー獲得回数142006/12/09 15:59:49

ポイント17pt

システム側で人の生死の判別が出来ないので、公開は手動ということになります。

「自分が死んだら」ということは自分で操作することもできないので、家族や友人に死んだら公開するよう頼んだり、遺言として残したりなどが現実的な方法だと思います。

id:adlib

 いまや、読む人よりも書く人が多くなったブログの近未来についての

仮想質問ですが、現時点では想定されていないようですね。

(設定変更を依頼された人に、不利な内容だった場合はどうですか?)

2006/12/09 16:30:40
id:kurukuru-neko No.2

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/12/09 16:02:58

ポイント17pt

Myブログが個人が費用を負担し運営しているとした場合

現実として死亡してしまった人は何もする事が出来ません。

相続対象になるので相続人の裁量にまかされます。

せいぜいできるのは、なんらかの操作が一定期間ない

場合する設定があるか、仕組ブログに組み込まれている

事が必要不可欠です。 

それ以外の方法で第三者にブログの後見人依頼する方法

もありますが相続人に無断ですると問題になります。

id:adlib

 管理人が亡くなっても、ほとんどのブログは活きつづけています。

 これを削除するには、本人しか知らないはずのパスワードが必要です。

(料金切れで自動解約するような有料設定なら、可能かもしれませんね)

2006/12/09 16:32:36
id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/12/09 16:29:05ここでベストアンサー

ポイント16pt

ブログを自己管理のサーバに置いて運用するなら、たとえばWebサーバがApacheの場合、.htaccess を用いてベーシック認証をかければパスワードを知らない人はアクセス出来ないブログになりますし、.htaccess ファイルを1個削除すれば、誰でもアクセス出来るブログに早変わりします。

 

したがって、数十年後に .htaccess ファイル1個を自動削除するプログラムをサーバマシン上に置いておけば、サーバが動作している限り、そのブログはセットした日時をもって公開ブログとなることが出来ます。自宅サーバでこれを行うことは、極めて簡単です。

 

あるいは、たった1個のファイルの削除で操作が完了しますから、それを遺族に遺書をもって依頼するという方法もあるでしょう。

id:adlib

>セットした日時をもって公開ブログとなる<

 つねに一ヶ月後の日付に設定しておけば、それ以前に急死した場合、

自動的に公開されますね。Myサーバー限定機能も、いずれは……。

2006/12/09 16:53:43
id:kurukuru-neko No.4

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/12/09 18:23:43

ポイント16pt

> これを削除するには、本人しか知らないはずの

>パスワードが必要です

相続人が要求すれば開示請求できるのでパスワード

は意味をなしません。

当然契約解除も相続人の自由裁量です。

普通は、知らないか、気がつかなくて放置されてに過ぎません。

> 料金切れで自動解約するような有料設定なら、

> 可能かもしれませんね

これも公開の1つの手段ですね。

別のサイトでMY Blogで永続利用可能なサイトでCGI定期

実行をサポートしていて、外部の有料サイトを一定期間参照

参照出来なると自動開示をするような事も出来ます。

又は、My Blogの参照時にCGI呼出し得に処理しても同じ

事が出来ます。

id:tamtam3 No.5

tamtam3回答回数345ベストアンサー獲得回数202006/12/09 21:09:39

ポイント16pt

決められた日付がきたら、ブログの記事を公開できるサイトをつかって記事を書いて、

1週間に1回程度、定期的に、その公開日時部分をを先延ばしに延長しつづける


これであれば、自分が死んだ時 延長する人がいなくなるので

日記が公開できる事になります

  • id:kurukuru-neko

    >CGI呼出し得に処理しても同じ
    訂正
    CGI呼出し時に同様の処理しても同じような
  • id:adlib
     
     辺獄のブログ
    http://wiredvision.jp/news/201003/2010031821.html
     「故人のアカウント」はどうなるか:各社の方針を調査(20100318)
     
  • id:adlib
     
     上記URLは削除されているが、おなじ質問文で検索できる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/4665926/
     

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません