簿記の勘定科目を教えてください。

投資信託は「投資有価証券」で良いのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/12 17:38:30
  • 終了:2006/12/19 17:40:03

回答(5件)

id:drowsy No.1

drowsy回答回数1163ベストアンサー獲得回数882006/12/12 17:42:38

ポイント23pt

有価証券でOKです。

http://www.tky-ma.net/page024.html

有価証券

一時保有(短期の売却益狙い)の株式、社債、投資信託などをいいます。

id:Yoshiya No.3

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802006/12/12 17:51:41

ポイント22pt

http://www.hatena.ne.jp

有価証券には、流動資産の有価証券勘定と投資等の投資有価証券の2種類があるのはお分かりだと思います。

簡単に分ければ、中途換金する意思があれば、投資信託といえど、有価証券勘定ですし、満期まで持つのであれば、

投資有価証券勘定で処理するのが適当でしょう。

要するに、決算時に投資信託をどう処分するかで、最終的に処理する勘定科目は変わると思います。

簿記検定や税理士試験の簿記論では、一般的に投資有価証券と分類しているようです。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 pikupiku 3043 2753 73 2006-12-12 18:59:18

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません