中国語のできる方、ご協力お願いします。


http://b5.chinanews.sina.com/news/2006/1204/00091660229.html

上記サイトには、どのような内容が書かれているのでしょう?
私も私なりに乏しい語学力で訳していますが、ご協力いただけたら幸いです。

機械翻訳や辞書ではだいたい訳してみましたが、
よくわかりませんでした。

ですので、中国語を学んでいる方や中国の方がいたら…と思い、ここに載せました。

何卒よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/12/12 19:26:55
  • 終了:2006/12/13 00:36:38

回答(3件)

id:koutaro_yuzuki No.1

koutaro_yuzuki回答回数580ベストアンサー獲得回数12006/12/12 22:09:42

この字数を翻訳する場合は

相場として3000ポイント以上の報酬が必要

http://www.excite.co.jp/world/

id:taku1010

そうですか…

知り合いの刑事さんが中国語ができるようなので

相談してみます。

2006/12/12 22:13:47
id:tamtam3 No.2

tamtam3回答回数345ベストアンサー獲得回数202006/12/13 00:23:25

ポイント70pt

Exciteの翻訳で、十分意味がわかるんですが(汗

ちょこっとだけ 形成・・(てきとーです)

http://www.excite.co.jp/world/chinese/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fb...

70歳の老人は琴をひいて歌を歌って失って長年の妻を思い起こすことを呼び覚ます



 【南京日刊新聞・報道】75歳の老人・楊さんには、53年の糖尿病の史がある。

10年前に、妻がアルツハイマーにとなり、意識を喪失して寝たきりになった。

妻を呼び覚ますため、彼は毎日妻のベッドの前で、来る日も来る日も琴をひいて歌を歌った。


すると奇跡は発生した。


昨日 記者が その老人である建寧路の楊さんにインタビューをした

その内容は、彼と夫を述べて60数年来愛し合って、見捨てないストーリであった

以下 インタビュー↓

“私が糖尿病があることを知っていて、彼女はやはり手紙と常徳華が同年齢の人なため私の”の楊に嫁いだ。

楊は言うには、“2人は幼なじみだった。私は歌を歌うことが好きで、彼女はそばで静かに聞いてくれた。

初級中学後、私は上海に行って、彼女は南京に残った。この時に2人は文通を始めて、お互いに生んで気持ちを愛慕した。


  楊は妻の若い時の写真を取り出してため記者に見せた

1つの短い髪型、眉目秀麗な女子がそこにあった。

楊は言った“彼女は気高くて、名門のお嬢さんだったんだ”と


1949年解放後、2人はすべて軍隊に入って、楊は北京に行った。

常徳華(奥さん)は南西で軍区の重慶事務所は軍医をしていた。

たとえお互い距離は離れていても、思いやる気持ちは変わらなかった。

しかし不幸が襲った。

1953年、楊(老人)は糖尿病にかかった事が判った。

その時の糖尿病に対ししての知識は 誰も持ち合わせてなかった。

膵臓の病気で、これの治療方法なぞないと・・

なので、常徳華(奥さん)の幸福を願うがあまり、

彼(老人)は常徳華(奥さん)に1通の”別れの手紙”を書いた、俺は病気だから、別の素敵な人と結婚して、俺を待たないでくたさいと


しかし、常徳華はそして彼を放棄していないで、彼と一緒に疾病に打ち勝つとその上とても断固とし言う。1956年、二人は結婚した。


 “私のため、彼女がかつてこっそりと医療用血液の確保に行って”が半余り世紀間下りてきて、糖尿病を治療するため、楊は全身7万余り針の穴を残したこともある。

今彼は毎日まだ自転車に乗って野菜市場に行って野菜を買って、いつもコミュニティの活動に参加する。

糖尿病は不治の病だ、しかし老人がこのようで53年のインシュリンの糖尿病の患者を注射してやはりとてもめったにないことを信じる楊のようだと人民の病院の1人の糖尿病の専門家を省いて思っている。


“私は奇跡を創造することができて、生きるのがこんなに長くて、妻を功績とする。”楊は手紙の追憶で、彼によい気持ちと健康な体があらせるため、妻は生活を切り詰めて、自分で子供とむしろ苦しみに耐えてもよくて、要するのは百方手を尽くして彼を配慮するよくて、彼に薬、注射を食べるように促して、彼の血糖の変化を観察する。結婚後、彼らの生活は1度苦しい立場に追い込まれて、甚だしきに至っては金を借りるに頼って(寄りかかって) ようやく生活することができて、この時に楊は手紙の病状のためにも良い時と悪い時がある。彼にかわいがらせたのは、“私のため、この家のため、彼女はかつてこっそりと医療用血液の確保に行った。”“生き残った命が私を交換して彼女のためにあくせくと働く”の後から来る子供はだんだん大きくなって、日も好転した。しかし災いは意外な時にやってくるもので、1996年、常徳華は突然アルツハイマー病を患って、これは脳の神経細胞が死亡するためもたらす神経性疾病1種で、認知と自分で処理する能力を喪失した。



この後、楊(老人)は手彼女の為に看護の連れ合いと家事を処理する責任を担った。

楊はたいそうかわいがって常徳華(奥さん)の顔にさわっていてこう言った。

“彼女は私のために人生の半分以上にあくせくと働いて、積み重ねて、だから生き残った命は私を交換して彼女のためにあくせくと働く。”


連れ合いの病気を完全に治すため、楊は至る所名医を訪問した。

医学の書籍を研究して、飲食の調剤、連れ合いにストーリは、新聞雑誌を読むと言って、彼女は耳にするに関わらずことができるか。

連れ合いを呼び覚ますため、1999 年の初め、楊は手紙のために歌を歌うことを始めて彼女に聞く。“小さい時彼女は私を聞いて歌を歌うことが好きで、私は歌声で彼女を呼び覚ます。”楊は言うことを信じるため、“私は音楽が彼女の病気に対して間違いなく助けがあると感じる。”

  楊は1台のエレクトーンを買いにいった

この時、すでに68歳の彼は練習を始めた。毎日少なくとも3時間弾く。

楊はまた、常徳華(奥さん)の為に100数首の歌を創作した。


彼は依然として堅持して彼女になってエレクトーンをひいて歌を歌う。

2004年の春に1つの午後、1曲が歌い終わった後に、常徳華は突然 口を開いて彼の名前を叫んだ。


すべての人はすべて彼らが奇跡を創造したと言っている。

今のところ、常徳華は意識があるけれども、話をするがことができない、

しかし連れ合いが話をすることを耳にして、彼女は目を開き始める。

id:taku1010

途中わからないところも十分理解できました。

私はinfo○eekの翻訳サイトを使っておりどこも同じだと思っていましたが、exciteのほうが精度が高いようです。

ありがとうございます。

2006/12/13 00:35:30
id:dalian3 No.3

dalian3回答回数376ベストアンサー獲得回数12006/12/13 00:33:06

ポイント10pt

終了しないで少し時間をください。不十分ながらも必ず回答します。

http://q.hatena.ne.jp/answer

  • id:dalian3
    待ちきれなかったようですね。
    これだけの量の文章を人力で翻訳するのには、それなりの時間がかかりますが、自動翻訳なら早いのですね。
    糖尿病を発見して別れの手紙を書くところまで訳していて、途中終了の不安を感じて回答をしましたら、すでに終わっていたようです。
    しかし、自動翻訳も素晴らしいですね。ここまでのところは、私の訳とほぼ同じです。
    必ず回答しますと書きましたが、もう無意味なので、中断します。
    失礼しました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません