変態について、学術的に研究しなければなりません。

カテゴリー的には、精神分析や心理学的なことと、社会学、民俗学、歴史、法学、思想的なものです。
AVのビデオや、成人向けエロ本などは除きます。
どのような参考資料がありますか?
なるべく書籍がいいのですが、ホームページでもかまいません。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/13 02:06:31
  • 終了:2006/12/20 02:10:04

回答(10件)

id:dankichik No.1

dankichik回答回数389ベストアンサー獲得回数92006/12/13 02:11:09

ポイント16pt

ここでの「変態」の内容が明確でないので答えにくいですが、とりあえず伏見憲明さんの本を読んでみてはいかがでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1/250-1591875-4777856?ie=UTF...伏見憲明&rh=n%3A465610%2Ck%3A伏見憲明&page=1

id:yamiwolf No.2

yamiwolf回答回数201ベストアンサー獲得回数132006/12/13 02:16:14

ポイント16pt

wikipediaの「変態性欲」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E6%85%8B%E6%80%A7%E6%AC%B...

関連項目も調べるとなおよいでしょう。

id:hamster009 No.3

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/12/13 02:20:17

ポイント16pt

三島由紀夫なども購読していたという雑誌ですね。

http://www.fujishuppan.co.jp/kindaishi/hentaishinri-to-nakamura....

id:dream76 No.4

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/12/13 02:35:13

ポイント16pt

私が読んだ、

「インターネットの心理学」http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%...

と言う本では、

青少年がポルノグラフティを見ることにより、犯罪抑止に繋がる

結果や、エロ本の社会的意義、その他、

エロに関して馬鹿馬鹿しいながらも、ちゃんとした研究結果が多くまとめられています。一読の価値はあると思います

ま、オナニーの論文書いた先生もおられるくらいですので。

id:adlib No.5

adlib回答回数2198ベストアンサー獲得回数1502006/12/13 04:33:36

ポイント16pt

 

 つぎのページに、主要なキーワードが存在するはずです。

(わたしは研究者ではないので、実際に読んだわけではありません)

 

http://www.ndl.go.jp/exhibit/50/html/catalog/c100.html

 メーリアン《スリナム産昆虫変態図譜》

 

http://www.cdb.riken.jp/emo/japanese/table/table5.html

 ゲーテ《植物変態の研究 1790》

 

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1635/eco_lab/hentaihen.htm...

 植物の名前の覚え方(変態編)

 

http://q.hatena.ne.jp/1147766999#a530053

 変態概論(忙しい人は読みとばしてください)

 

id:rabbit23 No.6

rabbit23回答回数812ベストアンサー獲得回数172006/12/13 04:38:32

ポイント16pt

「変態」を社会学的に論じるのであれば「ラベリング理論」のアプローチをお勧めします。

簡単に言ってしまえば「変態」は社会的に疎外された存在ですが、それは「スティグマ」という負のレッテル(ラベル)を社会によって付与されているからであると考え、ではなぜ社会は変態に「負のレッテル」を張らなければならないのか、ということを研究するということです。wiki「ラベリング理論」↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%B...

まずはスティグマ理論を理解するための入り口として、導入的なサイトをご紹介します。ソキウスというサイトで、非常に分かりやすくまとめてあり、よく参考にされるサイトです。↓

http://www.socius.jp/lec/20.html

次に本ですが、誰の理論を使うかということによってお勧めする文献も異なってきますが、スティグマといえばとりあえずゴフマンですね。ゴフマンの「スティグマの社会学」はまず読んでおいて損はないと思います。↓

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30815530

わりと分かりやすかった文献があるのでご紹介します。

「アウトサイダーズ―ラベリング理論とはなにか」。↓

http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4787793195/

あとはラベリング理論を深めていくのであればキツセの理論はさらっておいたほうがいいと思います。というか、ラベリング理論からはいるのであれば、キツセは絶対読んでおいたほうがいいですね。

「社会問題の構築 ラベリング理論をこえて」

http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4896160665/

ということで、以上はあくまで社会学的にラベリング理論のアプローチをされる場合のおすすめです。

幸運を祈ります。

id:fuyunatu No.7

fuyunatu回答回数20ベストアンサー獲得回数02006/12/13 09:33:44

ポイント16pt

範囲がどこまでかよく分かりませんが、とりあえず自分が読んだことのある本だけでも。

  • 『異装のセクシャリティ―人は性をこえられるか』石井 達朗
  • 『異装―きしょかわいさのパラダイス!』アトリエサード
  • 『異装のセクシャリティ』石井達朗

またアマゾンのカテゴリーで"意欲の異常:性的異常,近親相姦.自殺" というものがあるので見てみてはどうでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/ref=dp_srs...

id:hnishiki No.9

hnishiki回答回数156ベストアンサー獲得回数42006/12/13 12:44:46

ポイント16pt

性的な変態を考える前提としての歴史社会学的参考文献として、

「セクシュアリティの歴史社会学」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326601264

が、よいかも知れません。

id:ma-tsuda No.10

ma-tsuda回答回数85ベストアンサー獲得回数12006/12/13 15:34:43

ポイント16pt

民族学者、赤松啓介氏の書籍を読んでみてはいかがでしょうか。

「夜這いの民俗学」「非常民の民俗学」を読みましたが極めて興味深いものです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/250-194451...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません