農業の自営業で雇用者のために一から雇用保険システムを構築する方法などを教えてください。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/12/15 01:19:09
  • 終了:2006/12/22 01:20:21

回答(2件)

id:Yoshiya No.1

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802006/12/15 05:13:22

ポイント60pt

http://www.hellowork.go.jp/html/info_2_h.html

雇用保険の適用範囲

雇用保険については、労働者を雇用する事業は、その業種、規模等を問わず、農林水産業の一部を除きすべて適用事業となり、その事業主は、労働保険料の納付、雇用保険法の既定による各種の届出等の義務を負うことになります。

ここで言う農林水産業の一部と言うのは任意適用事業であり、その内容は以下のHPに記載があります。

http://osaka-rodo.go.jp/hoken/seido/jigyo.php

適用事業と任意適用事業について

適用事業とは

一人でも労働者を雇用して、事業が行われている限り、労災保険又は雇用保険の保険関係が成立する事業をいいます。

任意適用事業とは

農林水産の事業のうち、常時使用労働者数が5人未満の個人経営の事業のことをいいます。

個人事業主で従業員が5人未満であれば、雇用保険は任意加入になりますので、雇用保険に加入しなくても違法ではありません。

もし、雇用保険に加入するのであれば、自営業のまま加入手続きをするか、組織を法人(農業法人)にして強制加入にするか、どちらかです。

ここで言う農業法人とは、農業の主体が会社組織(合名・合資・株式会社)の事をいいます。

今のままでも、雇用保険には加入できますから、お近くのハローワークか、社会保険労務士に相談されてはいかがでしょうか?



参考HP

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/koyouhoken/index....

厚生労働省HP「 雇用保険の加入手続はきちんとなされていますか! 」

http://www.koyouhoken.com/index.htm

雇用保険ポータル

id:seble No.2

seble回答回数4681ベストアンサー獲得回数6172006/12/15 09:53:31

ポイント10pt

http://www11.synapse.ne.jp/hellowork/koyouhoken/koyohoken.html

基本的に、自営業であろうと人を継続的に雇用する場合は国の雇用保険へ加入しなければなりません。


雇用保険システムを一から構築する?

つまり制度そのものを作る事に等しい訳ですが、そういう意味で書いているのですか?


まあ、いいや

まず必要なのは、当然ながら予算です。

対象となる農家や雇用人員の規模によって給付に必要となる予算も変わり、また、収入となる保険料も変わってきます。

これは、保険会社で全く新しいプランを一つ新設するのと等しいですから、統計などを使った綿密な計算が必要になります。

場合によっては、ちょっとしたスパコンを借りて計算させる必要もあるかと、、、


規模が極端に小さい場合、千を切るとかになると統計はあてにならなくなります。

となると、実際に給付に必要になるであろう予算をうまく予測しなければなりませんし、不足した場合の補充策も考えておくべきでしょう。


で、すごく引っ掛かるのですが、農業という事は冬場はあまり仕事がないのでしょうね。

ほとんどの人が冬場に失業給付を受けようとすると、通常考えられるような額の保険料では賄いきれません。

保険料収入より給付額の方が多ければ赤字、当然、倒産となります。


でも、そういうつもりの質問じゃないですよね?

時間を無駄にしたかな?

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません