発行可能株式総数とは何ですか?

ネットで調べたのですが書いてある内容が難しくて解りません。解りやすい内容で教えて下さい。
宜しく御願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/15 10:04:29
  • 終了:2006/12/22 10:05:03

回答(5件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/12/15 10:33:29

ポイント20pt

http://www.teikan-j.jp/sakusei.html

>●発行可能株式総数

発行可能株式総数とは、定款を変更することなく、将来に渡って発行が可能な株式の総数のことです。会社設立時の発行株式数のことではありません。発行可能株式総数と会社設立時の発行株式数を混同される方が多いのでご注意ください。

会社設立時の発行株式数とは、例えば資本金が300万円だとします。そして、1株当たりの金額を5万円(1株当たりの金額は自由決めることができます。多くの方は5万円または1万円とする方が多いようです)とした場合300÷5=60 となり、会社設立時の発行株式数は60株となります。

発行可能株式総数の設定方法には次の2つのパターンがあります。

1)会社が発行する株式に株式譲渡制限をつける場合

※株式の譲渡制限については、次項の「株式の譲渡制限の有無について」をお読みください。

株式の譲渡制限を設ける会社の場合は、発行可能株式総数に制限がありませんから自由に設定できます。1000株とする方が多いようです。あくまで自由に設定してくださってかまいません。

2)会社が発行する株式に株式譲渡制限をつけない場合

株式に譲渡制限をつけない場合には原則として「設立時発行株式数の4倍以内」という決まりがあります。

会社設立時に1株5万円の株を60株発行したとしましょう(この場合資本金は300万円ということになります)この場合は発行可能株式総数は60×4=240となり240株以内の数字が発行可能株式総数となります。

<相対的記載事項>

「相対的記載事項」は、定款に必ず記載しなければならないものではありませんが、記載すれば法的効力が出る事項であり、その内容は多岐にわたります。

相対的記載事項の一例を次に記載します。

id:godhoruseye No.3

godhoruseye回答回数23ベストアンサー獲得回数22006/12/15 11:32:30

ポイント20pt

http://law.e-gov.go.jp/announce/H17HO086.html

要は会社が発行することができる株式の総数のことです。

株式会社が会社法第37条の規定により定款に記載しなければならない「会社が発行することのできる株式の総数」のことで、授権株式数ともいいます。

取締役が無制限に新株の発行することを防止するためのものです。

会社は、その範囲内で、取締役会の決議等により随時株式を発行することが可能で、会社の設立に際して発行する株式総数は、公開会社でない場合を除き、発行可能株式総数の4分の1以上である必要があります。

また、会社法第113条では会社設立後においても、株式会社は定款を変更して発行可能株式総数についての定めを廃止することはできず、その総数を増加する場合には、公開会社でない場合を除き、発行済株式総数の4倍を超えて増やすことはできないなどの制限が規定されています。

なお、この発行可能株式総数の変更は株主総会の特別決議が必要となります。

id:yna1962 No.4

yna1962回答回数26ベストアンサー獲得回数32006/12/15 14:57:59

ポイント20pt

 発行可能株式総数は、株式会社の定款で定めます。

 役員会では、株主総会の了承を得ないで、必要に応じてその株数まで、株を発行することができます。たとえば資本金5千万円千株(一株5万円)、発行可能株式総数2千株の会社があったとします。新たに資金が必要になった場合、経営陣は新株を1千株発行することができます。

 敵対的TOBでは、経営陣が、自社をサポートしてくれる側に、新株を第三者割り当てで発行して、買収を防止することがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%85%AC%E9%96%8...

id:kanna08

回答有難うございます。

いまひとつ解らない事がございます。

資本金5千万円に対して代表取締役が保有できる株が千株なのででしょうか?発行可能株式総数から新株を発行するのですか?

発行済株式総数とは何ですか?

教えて下さい。

宜しく御願い致します。

2006/12/15 16:03:06
id:kurukuru-neko No.5

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/12/15 18:20:00

ポイント20pt

発行可能株式総数は会社が発行することが出来る上限の

株式数です。 Aと呼ぶ。

発行済株式数は、実際に株式として存在する株の数です。

Bと呼ぶ

通常 B<=Aです。

会社は、B<Aの時最大C=B-Aの株数を新規に発行

する事が可能です。

昔は株に額面(例えば1株50円)印刷されていて

規制があり、発行単位が1000株の場合5万円でしたが

現在は規制がないので。 購入単位が1000株でも

例えば1円でも発行が可能です。

発行される株には種類があり普通株、優先株等のような

複数の株の合計がBになります。

詳細は、会社法に規定されている

http://www.moj.go.jp/HOUAN/houan33.html

会社法114条(Page 116)

http://www.moj.go.jp/HOUAN/KAISYAHOU/refer04-01.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません