最近学生団体の主催するボランティアに協賛する企業が増えてきました。

企業側からみて、学生のボランティアイベントに協賛するメリットというのはどのようなものなのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/16 10:51:49
  • 終了:2006/12/23 10:55:02

回答(5件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/12/16 10:55:55

ポイント20pt

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/houshi/kekka/04071601/all.p...

>ボランティアをするとメリットとして、減税効果があるとか、補助金が出るとか、報告を義. 務付けるとか

id:tadatarai No.2

ただたらい回答回数606ベストアンサー獲得回数372006/12/16 12:11:42

ポイント20pt

身近にボランティア活動をする学生が多く、そうしたイベントに参加する機会はあるのですが、協賛企業にアンケートをとった訳ではないので、私見にて。

◆知名度、好感度アップの広告媒体として

 プログラムに広告はもちろんのこと、紙袋やちょっとした文具、団扇、ポケットティッシュ、などなど、イベントに必要なもの、またあったらいいなと思うものに広告をいれることができます。

 参加者はもちろん、イベント後にも参加者が持ち歩くことを想定して、広告媒体としては有効です。特に地元密着型、というか、全国規模の企業よりは、地元の企業が多いように思います。


◆学生の「青田買い」の場として

 そうしたイベントを企画し、交渉し、実行するとなると、いわゆる「お勉強」ではない力が必要となります。こうした力は、企業で必要な場合が多く、企業側でもこうした力をもつ学生がほしいということで、お声かけがある場合もあるそうです。


◆社会貢献活動の一環として

 企業も、その企業イメージアップのために、社会貢献活動をしているところが多く出てきました。自社で活動するのはもちろんのことですが、地域への還元ということで、地域のイベント、学校のイベントに参加するケースが増えているように思います。

 今までは、企業と公共団体、企業と学校というのは、結びつきにくかったのですが、ようやく「産官学」の連携もできるようになって増えてきたように思います。

神奈川県下の社会貢献活動をしている企業の一覧

http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/db/kigyou.html

 

id:tamtam3 No.3

tamtam3回答回数345ベストアンサー獲得回数202006/12/16 13:42:25

ポイント20pt

① 企業の宣伝

② リクルート活動

③ 情報収集

④ お付き合い

⑤ 上の偉い人がその大学やサークル出身者


①大学というのは、非常に厳しくて 企業が学生にむけて広告を出したりとかがなかなか出来ません。

というわけで、大学生をターゲットに絞って宣伝したい場合これらが有効になります


②イベントを実行できる学生というのは、社員としても魅力的なので、新入社員の

リクルートとして使ってる企業はけっこういます。


③学生ならではの視点がほしくて 協賛してる所も


④地元だとか、その他もろもろ。 総務が適当に金だしてます


⑤やっぱり母校は盛り上がって欲しい


URLはダミーです。

http://q.hatena.ne.jp/

 

id:dream76 No.4

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/12/16 21:04:31

ポイント20pt

雪印事件など、不祥事が多く、企業の社会的責任(CSR)が問われ

それらの要求が高まったための環境配慮や社会貢献活動、の意義が強いでしょう。


http://www.tvac.or.jp/news/6485.html

GEIC:環境・社会貢献事業データベース

http://www.geic.or.jp/geic///partnership/search/scripts/search.p...企業の社会的責任(CSR Archives)

http://www.jri.co.jp/thinktank/sohatsu/csrjapan/

id:pikupiku No.5

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732006/12/17 01:07:11

ポイント20pt

なんとなくイメージ上がるかな?

下心まるだし。http://q.hatena.ne.jp/ 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません