【勝手に調理してくれる】【この冷蔵庫に入れると全く腐らない】等々、キッチン周りの未来に関する情報を調べています。『今から10~20年、そして30年後はこうなる!』といった驚きの情報があったら是非是非、教えて下さい!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/16 21:17:14
  • 終了:2006/12/17 15:26:27

回答(2件)

id:daikanmama No.2

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822006/12/16 21:32:00

ポイント35pt

ハイテクキッチンツール「ビタクラフト RFIQ自動調理システム」

http://www.vitacraft.gr.jp/rfiq/index.html

未来のキッチン

http://news.kyodo.co.jp/kikaku/mit/mit07.html

まずは冷蔵庫。未来の冷蔵庫は、食品に付けられたのバーコードを読みとり、冷凍室や冷凍庫に貯蔵してある野菜や果物の品質管理を行うことができる。例えば、食品の賞味期限が近づくと、その旨を知らせてくれたり、食品をいつ購入したか、どれくらい長く貯蔵しているのかを教えてくれる。また、冷蔵庫はネットワークにも接続されているので、モニターに冷蔵庫の中の食品リストを表示させることもできる。

未来のキッチンカウンターでは、その日の献立メニューがカウンター上に映し出されている。メニューから献立を選べば、その作り方を映像で提供してくれるので、料理に自信がない人でも大丈夫。材料をカウンターに乗せれば、それぞれの分量をカウンターが計算してくれるので、分量を間違うこともない。また、全体のカロリーを計算してくれるので、ダイエット中の方には心強い味方になるだろう。

未来のコーヒーメーカーは、コーヒーカップをプレートに置くだけで、コーヒーを自動で注いでくれる。コーヒーメーカーがカップの底に取り付けられたタグ(札)の情報を読みとり、エスプレッソやカプチーノなど、情報にそってコーヒーができあがる。

未来の料理用こんろは、火を使わずにマイクロウエーブで加熱する。火の気の心配がいらない上に、正確な温度の調整ができるので、強火や弱火の加減も正確に行われる。

夢物語を話せばそれこそ話は尽きないが、実は、これらの話はすべて、MITメディア・ラボの「カウンターインテリジェンス」プロジェクトで実際に技術開発が行われている。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません