企業の内部の方に色々話を聞きたいのですが、広報を通してもあまり良い人の紹介を得られません。学術調査がメインの内容になるのですが、企業の内部の方、いわゆるキーマンを紹介してくれるようなサービスがありましたら、教えてください。有料、無料は問いませんが、もし有料でしたら安いところをお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/17 13:52:30
  • 終了:2006/12/24 13:55:03

回答(3件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/12/17 16:40:42

id:cocolog

ありがとうございます。もう少し安いところありましたら、よろしくお願いいたします。

2006/12/17 18:12:10
id:adlib No.2

adlib回答回数1959ベストアンサー獲得回数1212006/12/17 19:25:49

ポイント27pt

 

 一人一話 ~ トップダウンの原則 ~

 

 人脈に詳しいのは広告代理店ですが、彼らは自社の権益が最優先です。

 質問者の立場が、個人・企業・団体のいずれに属していて、いかなる

利益を得るために、その“学術調査”を企てたかという説明が必要です。

 

 ズバリ企業のキーマンに巡りあっても、内部情報をぺらぺら話しては

くれないでしょうし、その内容を公開するには責任者の許可が必要です。

 あんがい簡単なのは、いきなりトップに面談することです。

 

 それにも、窓口の広報担当者を説得するテクニックが最重要なのです。

 彼らの関心は、他にどんな人が選ばれているか、同列に名をつらねて

恥をかかないか(面目を保てるか)というようなところにあります。

 

 最初の人選(公職にある人が望ましい)が、以後の交渉を決定します。

 明快な企画なら(なにかの事情がないかぎり)タダで応じてくれます。

 たっぷり話を聞いて、つぎの面談者を指名してもらうことも可能です。

 

 わたしの過去の企画で、社史編纂にあたって、社長以下“十人十話”

のインタビュー形式にまとめ、テーマを分割したことがあります。

(下記の諸例は、そのままでは応用できません)

 

http://q.hatena.ne.jp/1156407204#a594801

 インタビュアー(概論)

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19770912

 インタビュー(実例)

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/18980801

 十人十話(社史)

 

id:cocolog

ありがとうございます。参考にいたします。

2006/12/18 05:04:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません