一人暮らし、現在求職中です。


夏までは仕事に就いていて、毎日約20人程の顧客に会い、電話も一日2時間近く受け掛けしていました。

ですが、仕事を辞めてからは人と全く話さない日も多く、たまに誰かと会話するとしゃべりがぎこちなくなっていることに気付きます。

そこで質問です。お金をかけずに人と積極的に会話できる機会を設ける方法はありますでしょうか??

ただし、「はやく就職する」「学校に行く」「親と暮らす」「彼女作る」「キャバクラ行く」といった答えは無しで。
失業保険の観点と今後を見極めたいという気持ちから上記5点(と類似するもの)は不可です。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/18 23:11:37
  • 終了:2006/12/20 20:25:47

回答(10件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/12/18 23:15:45

ポイント2pt

ミクシーなどのコミュニティサイトで、オフ会に参加するのはどうですか。

沢山の話題で会話も盛り上がるかもしれないですね!

id:deutscher2007

これは、、

いくら、質問文だけでは質問者のバックグラウンドがわからないからといっても、

この回答は「質問者が思いつかないだろう」と想定して答えたものなのでしょうか?

すみませんが、意図が読めませんでした。

ちなみに私は資格試験の勉強もしています。

時間とお金の両方を節約しつつ、

定期的なアクセスができる人とのつながり、

というアイデアを募集しています。

恋愛は「義務やしばり」が増えるのでパスですが、これから長く付き合う友人なら増やしたいと考えています。

なにか、良いアイデアありますでしょうか?

2006/12/19 18:50:35
id:mairan-tomo603 No.2

mairan-tomo603回答回数136ベストアンサー獲得回数12006/12/18 23:23:19

ポイント20pt

ボランティアなどの参加はどうでしょう?

自分の経験も詰めますし、共同作業や相手の関わる活動であれば

自然と会話ができると思います。

id:deutscher2007

ありがとうございます。

ボランティアは先日、以前やってたところに問い合わせていて、現在受け入れ待ち状態です。

2006/12/19 17:33:42
id:moony_crescent No.3

moony_crescent回答回数123ベストアンサー獲得回数112006/12/18 23:24:59

ポイント10pt

ネットでのOFF会に参加されるというはいかがでしょうか。

もしmixiなどのSNSに加入されているのであれば、コミュニティによっては

活発にOFF会が行われているところもありますし、「悪の巣窟」と呼ばれて

いる2ちゃんねるでも、板によってはマジメなOFF会なども行われています。

「お金をかけずに」というところが「まったくかけずに」ではムリですが……。

id:deutscher2007

2ちゃんねるのオフ会は怖いもの見たさで数年前に行った事がありますが、、、

行くんじゃなかったと後悔しました。

帰ってからも、匿名で誹謗中傷を参加者同士でやっているのをみて、嫌な気持ちになった経験があります。

2006/12/19 18:51:09
id:ooo-q No.4

ooo-q回答回数23ベストアンサー獲得回数22006/12/18 23:30:51

ポイント20pt

いわゆる「ご近所サークル」の活動に参加してみてはどうでしょう?

スーパーマーケットやショッピングセンターの仲間募集的掲示板や市町村広報紙などを見れば、色々見つかります。複数掛け持ちすれば、毎日誰かを喋る機会が持てると思います。会費が掛かる場合も有って、全くの無料というわけにはいかない場合もありますが、それでも月2千円とかそんなもんで済むところを選べば問題ないでしょう。


あと、「淋しいお年寄り」がやっている方法です。

何でもいいのですが、通話料無料のお客様相談室などに電話をして、お客様の立場になって相談すると、自宅で無料でできます。

企業が開催している「無料セミナー」に積極的に参加して、積極的に質問をすると、交通費は掛かりますが、無料でできます。

どちらも実際のユーザーでなくても構いません。ユーザーの立場に立って、知恵を絞って会話を長引かせる、という一種ゲーム感覚がコツとなります。

id:deutscher2007

回答ありがとうございます。

ご近所サークル、検討してみます。

第二案のほうですが、、、

さすがにそういうのは後味悪いので、、。

働いている人に迷惑かけたくありませんし、

無職の現在でも意外と忙しいので、そこまで時間を割けません。

2006/12/19 17:39:54
id:Toriore No.5

Toriore回答回数13ベストアンサー獲得回数02006/12/18 23:39:55

ポイント20pt

ボランティアはいかがでしょうか?

http://www.tmgh.metro.tokyo.jp/volunteer/index.html

id:deutscher2007

ありがとうございます。

先日から病院ボランティアの待機中です。

有名な聖路加など、女性限定の募集が多いですが、都老は男性OKみたいですね。

2006/12/19 17:53:37
id:toku4sr4agent No.6

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/19 00:06:07

ポイント40pt

1.ハローワーク主催の就職支援セミナーに出席してみる。

履歴書持参で行けば、場合によってはチェックしてもらえるかもしれませんし、面接の受け答えのポイントなどの話も聞けるかもしれません。

模擬面接もあるかもしれません。

(今年は就職支援セミナーの講師をやっていませんが、昨年はハローワーク管轄の就職支援セミナーでサブ講師をやったり、受付をしていたことがあります。昨年のものと同じ内容のセミナーがあり、カリキュラムが変わっていなければ受けられると思います。ただし今年の内容ではないので、文末に「かもしれません」とつけています。)

なお、このセミナーに参加すると「求職活動1回」とカウントされます。


2.年齢がわかりませんので、使えるかどうかわかりませんが、おおむね30歳くらいまでの人なら、就職支援センターのようなところ「ジョブカフェ」というところを使う方法があります。

こちらでも就職支援のためのアドバイスを受けられたり、各種セミナーに関する案内などを閲覧できます。

ハローワークやジョブカフェは、公共の機関ですので無料で受けられますし、就職支援セミナーに関しては「求職活動1回」とカウントされますので、雇用保険(失業保険の正式名称)の制度趣旨にも反しないと思います。


3.就職することに近くなってしまって申し訳ないのですが、「人と積極的にしゃべる機会」ができ、なおかつ給料ももらえるという美味しい話があります。

インターネットハローワークでも既に求人情報が出ていますが(私の住んでいる地域では・・・の話ですが)

1月から3月までの短期間にはなりますが、税務署でアルバイトを募集しています。(確定申告で人手が足りないため)

事務系、受付系それぞれありますが、受付系を希望されれば、少なくともより多くの人と話す機会は増えるでしょう。

(でも事務系の仕事・・・申告書のチェックなどでも無言で仕事をするわけではありません。大学生のとき税務署でのアルバイトをしたことがありますがさほど難しい仕事ではありません。無職の期間が長かったなら、「仕事をする」ことに慣れる意味でよいところなのではないでしょうか?)


この間税務署から給料が支給されている間は基本手当を受け取れない可能性はありますが、税務署での仕事が終わった後、まだ就職先が決まらず、前の職場を退職してから1年以内であれば、残っている基本手当を受け取れるのではないかと思いますので、そのあたりは心配ないかと思います。

ただし、基本手当の所定給付日数が長い場合には、受け取れない部分もでてくるかもしれませんので、念のため公共職業安定所で確認したほうがよいでしょう。


無職の期間が長いと、面接のとき「何で?」と聴かれる可能性もありますので、少しでも無職の期間は短いほうがよいと思います。


参考になれば幸いです。(他の方の回答が未開封の状態のときに回答していますので、内容がかぶっていたらスミマセン)

id:deutscher2007

詳しい回答ありがとうございました。

税務署のバイトというのは初耳です、面白そうですね。

ですが、そのものずばり「失業手当がつきません」。

資格試験も平行して行っているので、失業手当てとの差し引き計算で「タダ働き状態」の時間を作るのは避けたいところです。

2006/12/19 17:48:17
id:lolitar No.7

lolitar回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/12/19 00:42:09

ポイント15pt

Skype を使ってみるのはどうでしょう。

Skype は無料で使える IP 電話のソフトです。

パソコンとイヤホンとマイクがあれば、Skype を使っている人同士で普通の電話をするように話ができます。

話し相手を募集する掲示板などもありますし、mixi では Skype 仲間を探すトピックもあります。

お知り合いの方にもインストールしてもらって、暇な時に会話に付き合ってもらうのもいいかもしれません。

http://www.skype.com/intl/ja/

id:deutscher2007

Skype使ってるよーという人、最近多いですね。

4月に回線をブロードバンドにするので、そのとき検討してみます。

ありがとうございました。

2006/12/19 17:51:05
id:tamtam3 No.8

tamtam3回答回数345ベストアンサー獲得回数202006/12/19 09:40:28

ポイント10pt

Yahoo チャットに入ってみれば?

無料で 簡単に ボイスチャットができますよ

http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/chat/index.html

id:deutscher2007

ヤフチャ、数年前?試したことあるんですが、

雰囲気がわからずにすぐ逃げ帰った思い出があります…

4月になったら検討してみます。ありがとうございました。

2006/12/19 17:52:08
id:sokyo No.9

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952006/12/20 08:30:40

ポイント20pt

おはようございます。

 

いきなりなのですが、

電話ではdeutscher2007さんのやりたいコトができないと思います。

下のほうに理由を書きましたので、よければお読みくださいね。

 

代わりに私がお勧めするのはボランティアです。

たいていのボランティアは、

自分の仕事なり学業なりの妨げにならないように活動することができて、

あまり負担感なく楽しめるからです。

現在 受け入れ待ちだというコトですが、他も探してみてはいかがでしょうか?

長期でなく、スポットで参加できるモノもありますし。

 

ここで私がぜひ、と思うのは、その探すプロセスを利用する、というコトです。

ネットでボランティアを探したりせず、人に当たってみましょう。

もし時間があれば市役所などに足を運び、人に聞いてみるコトをお勧めします。

その過程だけでもたくさんの人と話すコトができると思います。

目標があれば話もしやすいのでは?

 

  *  *  

 

さて、なぜ私が電話じゃないほうがいいというのかというと。

 

http://gokken.hippo.gr.jp/hippo/higengo.htm

メーラビアンの公式ってものがあります

(これ自身にはいろいろと問題もあるようなのですが・汗)。

これは、人が初対面の人を判断するにあたり、

相手のどのような特徴を手がかりにするか、を示したものです。

メーラビアンによると、

その人の話す内容 :7%

その人の話し方  :38%

その人の態度・仕草:55%

となり、非言語的な部分が重要、とされています。

電話だとこの55%の情報が落とされてしまうのですね。

id:deutscher2007

回答ありがとうございます。

参考になりました。

学校の外国語授業と比べて、海外での現地の人との会話が段違いに難しいのは

非言語部分の所為なのですね。対面面談も心がけるようにします。

2006/12/20 09:58:37
id:hoshi777 No.10

hoshi777回答回数7ベストアンサー獲得回数22006/12/20 18:51:27

ポイント20pt

個人的にはボランティア、市民講座(触れ合いながら何かを作るものや、健康相談、健康を考えるサークル)等がお勧めですが

(これからの生活にも役立ちそうですので)上記にあがっていますのでそれ以外ということで、

男性なら、アデランス無料診断

女性ならエステ無料体験等に行かれたらいいかもしれません

あれこれ話しかけられますし、触れ合ってもらうというのはとっても気持ちが良いものです。ネットや電話で誰かと話すというのもとってもいいですが、それと併用して体に気持ちのよい刺激をあたえるというのもいいかと思います。

  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/20 15:22:08
    ボランティアというご意見が多かったようですので、
    参考までに。
    (回答ではありませんので、コメント欄にて失礼します)


    NHKボランティアネットをご存知でしょうか?
    (インターネットが普及する前、パソコン通信の時代からあるサービスですが)
    http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/
    が入り口で、
    http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/top.html
    がトップページです。
    「詳しく検索する」というところをクリックすると
    http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/search/index.html
    というページが新しいウィンドウで開きます。


    「東京都」の条件のみを入力し検索したところ、
    このコメントを書いている時点では、294件ヒットしました。


    この中で自分のやってみたいボランティアを探す方法もあるかと思います。(294件もあるので気が遠くなるかもしれませんが)
    <hr>
    それとNHKではないですが、各市区町村に「ボランティアセンター」などもあると思いますので、それを活用されてもよいかもしれません。
    <hr>
    そのほか、
    NPO情報ネットのようなものがお住まいの地区にあるのであればそこで検索をする方法もあるかと思います。
    地元の例で申し訳ありませんが、例えば
    http://www.miyagi-npo.gr.jp/cgi-local/bosyu/volu/index.cgi
    のような感じです。


    東京・NPOなどのキーワードで検索をかけたところ、
    http://www.npo-sc.org/
    がヒットし、そこからリンクを辿っていったら
    http://www.nport.org/
    というところに行き着きました。


    NPOによっては人員が不足していて、ボランティアを募っているところもあると思います。
    (NPOを探す、で検索できます。蛇足ですが、自分自身、あるNPO法人で、ボランティアをしています。)
    自分のやってみたいことをやっている、話を聴いてみたところ、自分のやってみたい時間帯と合いそうだ、というところがあれば登録だけでもされてはどうかと思います。


    それと、再就職する際には履歴書を書くことになると思います。
    「ボランティア」は「履歴書」には書けないかもしれませんが、「職務経歴書」などに書くことは可能ですので、無職の期間どのように自己啓発に励んできたかをアピールするためには書いても差し支えないかと思います。
    (ボランティアを何故したか、そこから何を学んだかを具体的に)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません