報道の強い週刊誌・新聞を調べています。今年の代表的なニュース・重要度の高いニュースはどの雑誌、新聞が発端であったか教えてください。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/21 02:12:18
  • 終了:2006/12/28 02:15:02

回答(6件)

id:haru-taka No.1

haru-taka回答回数160ベストアンサー獲得回数42006/12/21 03:29:32

ポイント19pt

サンデー毎日:オウム真理教批判を始めたのがこの雑誌。宇野元首相の女性スキャンダル問題もスクープした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B...

週刊現代もなかなか頑張っていると思います。

* 2006年3月25日号の記事では、格闘技イベントPRIDEを主催するDSEとフジテレビと暴力団との関係についての記事が掲載された。2006年6月にフジテレビはPRIDEの放送の契約解除を発表した。DSEは4月に週刊現代を(民事事件として)名誉毀損で提訴していたが、フジテレビの放送契約解除を受けて(同じく民事事件として、イベント興行に関する)損害賠償請求、ならびに(刑事事件として)威力業務妨害罪で起こすことも決めた。

* 暴力団関係のルポタージュで知られるジャーナリストの溝口敦による、細木数子の黒い交際疑惑を告発する連載。

* 2006年5月13日号のカラーグラビアでは、元NHK山形放送局キャスターの古瀬絵理が登場した。胸を強調されたくないとしていた古瀬だったが、奇しくもカラーグラビアを飾っている。スイカップの名で一躍日本中に知らしめたのも同誌である。

* JR東日本の労働組合の一つである東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組、JR総連傘下)が、JR総連本体とともに、革マル派であるとの疑惑について報じている。なお、JR総連とJR東労組は、報道を事実無根として週刊現代を名誉毀損で提訴した。また、JR東日本は中吊り広告の契約を解除し、東京地下鉄もそれに続く形で契約を解除した。 なお1994年には週刊文春が同様の記事を掲載し、東日本キヨスクにおいて同誌の販売が停止されたが、今回は販売拒否にまでは至っていない。

* 元警察官のテレビコメンテーター北芝健の経歴が曖昧であるという報道をしたのも同誌である(2006年9月23日号、2006年9月30日号)。

* 2006年11月18日号で戸塚ヨットスクール事件が再び発生したとのスクープ記事を掲載(中吊り広告には「再び訓練生が死亡!!」とある)。戸塚宏を野に放したことを徹底批判した。

週刊文春

* 2006年2月2日号より、ライブドア事件に絡み、エイチ・エス証券の副社長野口英昭氏の自殺について疑問を投げかける報道を繰り返した。文春の報道をきっかけにワイドショーや他の週刊誌なども後追い報道をし、ネット上のブログや掲示板なども虚実が入り混じった噂話が横行したが、結局、確たる証拠も揚げられずに週刊文春もトーンダウン。警察庁幹部が記者会見で野口氏に関する一部の報道に反論・批判し、ライブドア事件の公判で、野口氏による業務上横領が取り沙汰されて「自殺した動機」も明白になったことで、ライブドア事件に便乗した単なる空騒ぎとして終焉した。

* 2006年5月より、週刊現代誌上で宗教家で占い師の細木数子の半生を追及する「魔女の履歴書」が始まると、文春は細木のインタビューを全面的に掲載した反論キャンペーンを始めたが、現代の記事に対し細木の反論根拠が怪しくなると撤退縮小を始め、結果4回で終了せざるを得ないという実質的な敗北を喫した。


id:kennzi9 No.2

kennzi9回答回数1956ベストアンサー獲得回数92006/12/21 09:52:32

ポイント19pt

http://www.excite.co.jp/News/economy/20061218190125/JCast_4417.h...

週間ポスト 本間氏の愛人騒動をスクープしましたね・・・・・・

id:I11 No.4

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552006/12/21 11:18:37

ポイント18pt

残念ながらロイターなどの海外メディアです。

政権や政界を揺るがすほどの政治スクープは、そのスクープが与党に大きな悪影響を与えるものであればあるほど、日本のメディアよりも海外メディアが先に報道する傾向があります。

また、閣僚の失言、外交の失敗、増税の決定、政府公式発言を否定する決定的事実など、選挙で与党に影響をあたえるような事実は、日本のメディアよりも海外メディアの方が先に報道したり、あるいは詳しく報道して、それから日本のメディアが追随するというパターンがあります。

たとえば、海外の大統領や首相は、一般の日本人が理解している以上に小泉政権や安部政権を批判し、与党幹部の発言に苦言や不快感を呈していますが、そういうことは日本の雑誌・新聞は海外メディアほど報道しません。

皇室関係の情報も、海外メディアの方が情報が早かったりします。

国民にとって、増税に関する政府要人の発言は、国民にとっては最重要の情報であるはずですが、決定的な情報はなぜか日本のメディアではなく海外メディアが先に報道していたりします。

自称「愛国者」の日本人としてのプライドを傷つけるような外国要人の発言、特に「南京虐殺は無かった」「日本は侵略戦争はしていない。正しい戦争をした」となどのリビジョニストの発言に対する批判は、海外のマスメディアはよく報道しており、“軍国化する日本”“右傾化、ナチス化する日本”という正確なイメージを人々に伝えていますが、日本ではそうした情報を報じているのは非マス系のメディアに限定されています。

日本バッシングや日本パッシングの外国要人の発言なども、海外メティアはよく報じており、日本が世界からどのように“悪く”見られているかがよくわかりますが、日本では日本批判をしている国は北朝鮮だけということになっています。そんなことは現実にはありえないのに。

というわけで、世界の情勢と日本の状況を性格に把握するのであれば、通信社のロイター、イギリスのBBC、フランスのル・モンド、アメリカのニューヨークタイムズといったニュースを、日本のメディアを経由せずに直接入手することをおすすめします。

 

http://symy.jp/?csB

id:oomae No.5

oomae回答回数46ベストアンサー獲得回数12006/12/21 23:07:37

ポイント18pt

http://www.kitanippon.co.jp/pub/hensyu/2006/curriculum/

高校の履修不足を最初に報じたのは富山の北日本新聞だそうです。

id:dream76 No.6

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/12/22 04:00:19

ポイント18pt

1 新聞http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1184189

>(左)朝日<共同<

(中道やや左)毎日<

(中道やや右)日経<

(右)読売<産経

 

共同通信は朝日と同じ、あるいはそれ以上に左寄り

読売は最近、産経を右で追い抜く場合もままあり

毎日は必ずしもカラーが一定してません。靖国神社でも公式参拝肯定意見が記者署名で2本出てます

日経は社説論調に関しては完全に読売、産経と同じです

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません