ナポリタン系を自作したので謎解き募集。12/31オープン。


「真っ暗な部屋と白いラジオ」

アキコは真っ暗な部屋の中に、静かに座っていました。
アキコはラジオを聴くのが好きでした。

アキコの生活は単調なものでした。
ラジオだけが楽しみだったのです。

3日に一度、細く白い女性の手が、一瞬、扉を開きます。
彼女はいつもラジオの音量を調節していました。

そしてすぐに扉は閉じられてしまうのです。
音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。

アキコは、不思議に思いました。
白くて大きな木製のラジオは、何かが変でした。

考えれば考えるほど、アキコは奇妙だと思いました。
そのラジオが音楽を鳴らすことは、決してなかったからです。

でもアキコが生まれてからずっと、それは繰り返されていました。
とりとめもないつぶやきと、変な叫び声が聞こえるだけ。

ある日、3日たっても、扉が開きませんでした。
なぜ? とアキコは思いました。

4日目に扉は、黒い手で開かれました。
ついにアキコは、あっと気づきました。

それがアキコが最後に見たものでした。
アキコがラジオと思っていたものは、ラジオではなかったのです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/12/25 02:32:17
  • 終了:2006/12/31 08:52:25

ベストアンサー

id:taka_matsu No.5

taka_matsu回答回数5ベストアンサー獲得回数12006/12/28 07:03:43

ポイント150pt

まず、文章の奇数行と偶数行のアキコが別人だと考えました。


奇数行のアキコは生まれてからずっと、定期的に女性によって開かれる場所に隔離されている存在であることから考えて、

奇数のアキコ→一つの精子

真っ暗な部屋→精巣

細く白い女性の手→そのまま

一瞬開く扉→射精

黒い手→白い手と対比で男性の手(アキコの本体)

3日たっても扉が開かない→女性との別れを表す

最後に見た→自慰によって外に出され死んだ


偶数行のアキコは奇数行との対比で卵子と考えました。

>彼女はいつもラジオの音量を調節していました。

>音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。

の文章からアキコは音量の調節を出来ていない。(アキコの意思で音量を調節できるようなモノではない)

とりとめもないつぶやきと、変な叫び声→あえぎ声など

白いラジオ→膣(卵子の視点なので外から光が差し込み白く見える)

id:lionfan

taka_matsu様、いちばん重要なところをみごと見破りました!!

その意味では今のところ、いちばん正解に近いです。

ただ、その後の解釈がちょっと惜しい!! です。

「はてな」は小学生なども見ますので、そこまできわどい解釈はちょっと正解として示すのはためらいますので・・・。

ですが慧眼でした。おめでとうございます!!

2006/12/31 08:31:29

その他の回答(6件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4692ベストアンサー獲得回数8602006/12/25 08:46:54

ポイント32pt

シュレーディンガーの猫っぽいですね

ラジオアクティブ・・なんちゃってね

id:lionfan

NAPORIN様、ありがとうございます。

2つの環境が重ね合わさっていると考えたのはGoodです。

また来年!

2006/12/31 08:14:39
id:mintan No.2

mintan回答回数29ベストアンサー獲得回数22006/12/26 17:56:09

ポイント100pt

古時計かな

 

ただしラジオの正体でなく部屋の正体がです。

「アキコ」は古時計の中にいる何か

おそらく時計の中に飾られている人形のようなものだと思います。

 

「白くて大きな木製のラジオ」は明かり採りのついた時計の表扉であろうと思います。

闇の中である時計内部から見ると光差し込む扉は「白い」と表現しても差し支えないでしょうから。

 

「3日に一度細く白い女性の手が調整している」のは

時計のゼンマイを手巻きしているのでしょう。

 

ラジオが鳴らす

「とりとめもないつぶやき」とはゼンマイと歯車と振り子が出す音

「変な叫び声」は正時に鳴る鐘の音と解釈できます。

 

「それがアキコが最後に見た~」のくだりはその部屋が本来の機能を失いアキコがその部屋から出された、つまり時計としての役目を終えたことを意味するのだろうと思います。

 

「黒い手」については「白い女性の手」で無い程度の意味合いで黒自体に意味はあまりないのかな。

http://q.hatena.ne.jp/(ダミー)

id:lionfan

mintan様、ありがとうございます。

こちらの想定していた答えとは違うのですが、

すばらしい解釈で、こちらを正解にしたいくらいです。

詩的ですし、これを正解としても文句はどこからも出なさそうです。

2006/12/31 08:16:41
id:fenir No.3

fenir回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/12/27 03:31:46

ポイント50pt

・アキコは囚人で、牢屋に入れられている

・アキコは実は盲目 (もしくは目を塞がれている)

・3日おきに違う牢の囚人が処刑されていた

と仮定し、

・白い手は処刑人の懐中電灯

・白い箱は周囲(あるいは廊下)のから差し込む照明

・黒い手ってのは白い箱(照明)の逆光

と無理やり解釈するとだいたい辻褄が合うような?

よくわかりません><

id:lionfan

fenir様、ありがとうございます。

あとで説明いたしますが、「アキコは囚人」というのは、ある程度当たりです。

他の解釈も、すくなくとも興味深いです。これで一話つくれそうですね!!

2006/12/31 08:18:22
id:emmet No.4

emmet回答回数192ベストアンサー獲得回数142006/12/27 09:50:41

ポイント120pt

かなり強引かも知れませんが、こんな風に考えました。


■文章中の不思議な箇所

まず「真っ暗な部屋と白いラジオ」と言うタイトルからして変。

ホントに真っ暗なら、ラジオが白いか黒いか赤いか、わからないわけです。

白くて大きな木製のラジオ という細かな説明も、なんだかおかしい。

同様に、細く白い女性の手と、黒い手。

これも何で色やら細さが判るんだ!?と思いました。



■そして気づいちゃったこと

lionfanさんの出題、というところに改めて注目しました。

これまで「ZARDの曲だったらどれ?」とか「恋人はサンタクロース」とか

曲のイメージを文章題に盛り込んできたlionfanさんです。

そうか、今回も曲なのね……ニヤリ。

と、思ったとたんに、気づきました。

この問題に隠されている曲は…「大きな古時計」です!じゃじゃーん!

※言い切っちゃってダイジョブかしら…

しかーしそこはlionfanさんです。

細くて白いしわしわのおじいさんの手、としてしまったらきっとヒント出しすぎると思ったのでしょう。設定を変えてあるわけです。

白い木製のラジオ…ならぬ振り子時計を、3日に一度巻いている女性がいました。もしこれが鳩時計だったら、アキコが毎時「ぽっぽー」と、明るいところにでてこられるはずなので、アキコはきっと、時計の振り子か、時計の中の機械の一部だったのでしょう。時計自身、と言い換えてもいいかもしれない。

もしかしたら、振り子時計の中に隠されていた、へそくりか宝石だったかもしれません。

アキコの聞いたとりとめのないつぶやきとは、時計のカチコチと刻む音で、

変な叫び声というのは時報の、ボーンボーンとかいう大きな音のことでしょう。

3日に一度ずっとねじを巻いていた女性が、具合が悪くなったかお空にいったのか・・・・とにかくある日の3日目には時計をいじれなかったのです。

そして、代わりに黒い手の人が扉を開き…その人は白い木製の振り子時計に、いい思い出がないのか、腹立たしいのか、おそらく壊すかしまうかしてしまったのでしょう。

それが、アキコの見た最後の光景だったと言うことだと思います。

以上がワタシの回答です♪




と・こ・ろ・で…

関連キーワードに「かに座」というのがあることが気になって気になって

「こ、これも謎解きのヒントになるんだわ!気づいた私ったらエライ!」と、一瞬盛り上がりましたが、

「静かに座って」←の、かに座だったんですね(涙)

んもう、はてなったら、ばかばか~~ん。

id:lionfan

「タイトルが変」と気づいたのは素晴らしい!!

古時計説はmintan様と同じで、すごく魅力的な解釈だと思います・・・・

が、ざんねん、違いました。ああ、いい答えなのにー!

ところでキーワードの「かに座」は、僕も不思議に思っていました。emmet様の指摘ではじめて気づきました。ああ、そういうことだったんですね・・・。

2006/12/31 08:23:26
id:taka_matsu No.5

taka_matsu回答回数5ベストアンサー獲得回数12006/12/28 07:03:43ここでベストアンサー

ポイント150pt

まず、文章の奇数行と偶数行のアキコが別人だと考えました。


奇数行のアキコは生まれてからずっと、定期的に女性によって開かれる場所に隔離されている存在であることから考えて、

奇数のアキコ→一つの精子

真っ暗な部屋→精巣

細く白い女性の手→そのまま

一瞬開く扉→射精

黒い手→白い手と対比で男性の手(アキコの本体)

3日たっても扉が開かない→女性との別れを表す

最後に見た→自慰によって外に出され死んだ


偶数行のアキコは奇数行との対比で卵子と考えました。

>彼女はいつもラジオの音量を調節していました。

>音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。

の文章からアキコは音量の調節を出来ていない。(アキコの意思で音量を調節できるようなモノではない)

とりとめもないつぶやきと、変な叫び声→あえぎ声など

白いラジオ→膣(卵子の視点なので外から光が差し込み白く見える)

id:lionfan

taka_matsu様、いちばん重要なところをみごと見破りました!!

その意味では今のところ、いちばん正解に近いです。

ただ、その後の解釈がちょっと惜しい!! です。

「はてな」は小学生なども見ますので、そこまできわどい解釈はちょっと正解として示すのはためらいますので・・・。

ですが慧眼でした。おめでとうございます!!

2006/12/31 08:31:29
id:takahiro_kihara No.6

狂人日記回答回数833ベストアンサー獲得回数112006/12/28 23:37:48

ポイント30pt

そう、それは、K国謹製、ラジオ型高性能爆弾だったのだったのだった。


南無阿弥陀仏、チ~ン!(-_-)

id:lionfan

takahiro_kihara様、怖いよ!! そして一瞬信じたよ!!

そういう目で読み返してみると、そういう風に取れる部分もありますね。

2006/12/31 08:39:04
id:saddeph No.7

saddeph回答回数37ベストアンサー獲得回数42006/12/31 02:52:27

ポイント80pt

この話は全体として、白と黒・女性と男性・日常と異常という要素から成り立っている。

白い手は女性とあるので、黒い手は男性だと考えられる。

アキコは『空き子』と『秋子』の二つの解釈が考えられるが、白が五行思想で「秋」を意味することから、『秋子』だと解釈するのが妥当であろう。

そして、

  • 一般に、白は「軽快」「使いやすさ」「清潔さ」を感じさせる色
  • 少年は「青春」、中年は「白秋」と呼ばれる

から考えると、

『アキコ・ラジオ・白い手の女性』は「洗練された」「円熟期の」象徴と思われる。

『真っ暗な部屋の中』は「平穏で快適で人工的な環境」の象徴。暗闇という不穏の種が隠れているが、アキコはそれに慣れてしまい、気が付かない。

音楽は狩りの喜び・収穫の祝い・死別の悲しみなどを表現するために生まれた。

よってラジオから音楽が流れなかったという事実は、「生命・生活・現実」が日常的でなかったことを示している。

『黒い手』は「平穏で快適で人工的な環境」の終わりを意味している。

また、『白い手』は『白という要素』の自己修正機能だと考えられる。

「とりとめもないつぶやき」や「変な叫び声」に慣れたアキコには調節されたラジオの音は耳障りなだけだった。

アキコが知らないうちに、部屋の外は徐々に崩壊してゆく。白い手さえも現れないほど。

ラジオは日常ではなかった。今まで自分の周りにあったものはすべて一時的なもの。作りもの。

アキコがやっとそれに気づいたときには、もう手遅れだった。

というわけで「未来の環境破壊と人間」を表していると解釈しました。

id:lionfan

saddeph様、ありがとうございます。

高い高度な知性を感じさせる答えでした。

僕にこんな凄い答え、思いつくわけがないぢゃないですか・・・。

ただ「黒い手」の「黒」には象徴的な意味しかない、という部分はその通りです。ありがとうございました。

2006/12/31 08:43:21
  • id:hokuraku
    今年最後の(?)謎解きですね。楽しみです。
    一瞬「ナポリタン系」ってなに?と思いましたがアレですね。
    もし差し支えなければ知らない方のために参考リンクを貼っておきましょうか?
  • id:lionfan
    hokuraku様、ありがとうございます。
    字数制限がキツかったもので・・・。
    参考リンク、ぜひよろしくお願いいたします。

    みなさま、いちおう注釈を。

    ナポリタン系とは、
    「恐怖のナポリタン」
    http://cross-breed.com/archives/200404271838.php

    とか、

    「サンタさんが来ない」
    http://psychic.log.thebbs.jp/1133671798.html

    に代表される、意味不明の奇妙な文章を解読するゲームです。

    ただナポリタン系のクイズは、正解がはっきりしていないものが多いのですが、
    「真っ暗な部屋と白いラジオ」は、正解はあります。

    その意味では「ウミガメのスープ」
    http://umigamesoup.at.infoseek.co.jp/000/001.html
    の方が近いかも知れません。
  • id:lionfan
    個人的には「俺は気づいてしまった」が大好きでした。心底ゾッとさせられました。
    http://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-1734.html
  • id:hokuraku
    あ、いえいえ、これだけリンク&解説があれば十分ではないでしょうか。
    それでは早速考えてみます!
  • id:sayonarasankaku
    考えてるけど思いつかない(ーー;)
    31日までに思いつくかな…
  • id:lionfan
    ---------- ナポリタン「真っ暗な部屋と白いラジオ」解答編 Part1 ----------

    B美とD菜が、D菜の家で話している。

    D菜「ねえB美、最近、何かお薦めのマンガある?」
    B美「そうねえ・・・」

    そこにF吉がやってきた。

    F吉「B美、ちょっといい? 『はてな』ってサイトに
       ナポリタン系だかウミガメのスープ系だかのクイズが載っててさ。
       ぜひ謎解きをお願いしたいんだ。
       『真っ暗な部屋と白いラジオ』ってタイトルなんだけど、
       すごく複雑で難しくって、僕の頭はごちゃごちゃ。
       まるきり見当もつかないんだ。B美はわかる?」

    B美はF吉からプリントアウトを受け取ると、興味深そうに読んだ。

    F吉「どう?」
    B美は答えた。

    B美「『デス・ノート』。
       簡単よ。

       怖い話だけど。
       実は主人公は2人なの。

       エルって探偵がキモかっこよくて最高。
       0歳とたとえば80歳。

       映画も観に行ったわ。
       1人は死んで、1人は精神病院」

    F吉とD菜はびっくりした。
    D菜「B美、どうしちゃったの?」

    B美はにっこり微笑んだ。
    B美「大丈夫。おかしくなったわけじゃないわ。

       D菜はさっき私に『最近、なにかお薦めのマンガある?』って尋ねたでしょ?
       F吉は『真っ暗な部屋と白いラジオ』の謎解きを頼んだわよね。
       だから私は、1言ずつ交互に答えてみたの。

       たとえばD菜に答えた分をまとめると、

      『デス・ノート』。怖い話だけど。
       エルって探偵がキモかっこよくて最高。映画も見に行ったわ。

       ってなるし、F吉に答えた分は

       簡単よ。実は主人公は2人なの。
       0歳とたとえば80歳。1人は死んで、1人は精神病院。

       ってこと」

    D菜は感心した。
    D菜「B美って器用ね!」
    F吉が不思議そうに尋ねた。
    F吉「でも謎解きと何の関係があるの?」

    B美は答えた。
    B美「F吉の言葉がヒントになったわ」
    F吉「僕の言葉・・・? なんて言ったっけ」
    B美「『すごく複雑で難しくって、僕の頭はごちゃごちゃ』だって」

    D菜は尋ねた。
    D菜「それが何のヒントになるの?」

    B美はF吉に質問した。
    B美「複雑の逆は?」
    F吉「単純、だよね」

    B美はうなずいた。
    B美「そう。何かが難しいってことは、ふつう複雑すぎるからで、
       それは複数の要因が絡み合ってごちゃごちゃになってるからなのよ。
       それを簡単にするには、単純化、つまり要素を1つ1つに切り分ければいいわけね。
       単純の単は単数の単で、複雑の複は複数の複。よくできてるもんだわ。
       英語でもcomplexのcomは・・・」

    D菜がじれったそうにさえぎった。
    D菜「あのさ、言語学の講義はいいから、はやくナポリタンの謎を解いてよ」
  • id:lionfan
    ---------- ナポリタン「真っ暗な部屋と白いラジオ」解答編 Part2 ----------

    B美は神妙に詫びた。
    B美「つまり、このウミガメのスープは、本来は2つの別々の文章なの。
       でも主人公の名前がどちらもアキコだから、混同しちゃうのね。

       この文章、必ず2行ずつ段落分けされてて、
       しかも、必ずしも意味的な場所で区切られていないのを、不思議に思わなかった?

       各段落の1行目には扉のこと、2行目にはラジオのことしか出てこないでしょ。
       1行目がいわばアキコA、2行目がアキコBなの。

       だからまず、アキコAの物語と、アキコBの物語に分けるわよ。
       ついでにタイトルも2つに分割してみる。
       するとこうなる。


     アキコA「真っ暗な部屋」

     アキコは真っ暗な部屋の中に、静かに座っていました。
     アキコの生活は単調なものでした。
     3日に一度、細く白い女性の手が、一瞬、扉を開きます。
     そしてすぐに扉は閉じられてしまうのです。
     アキコは、不思議に思いました。
     考えれば考えるほど、アキコは奇妙だと思いました。
     でもアキコが生まれてからずっと、それは繰り返されていました。
     ある日、3日たっても、扉が開きませんでした。
     4日目に扉は、黒い手で開かれました。
     それがアキコが最後に見たものでした。


     アキコB「白いラジオ」

     アキコはラジオを聴くのが好きでした。
     ラジオだけが楽しみだったのです。
     彼女はいつもラジオの音量を調節していました。
     音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。
     白くて大きな木製のラジオは、何かが変でした。
     そのラジオが音楽を鳴らすことは、決してなかったからです。
     とりとめもないつぶやきと、変な叫び声が聞こえるだけ。
     なぜ? とアキコは思いました。
     ついにアキコは、あっと気づきました。
      アキコがラジオと思っていたものは、ラジオではなかったのです。」

    F吉「それで?」

    B美「まず、アキコA「真っ暗な部屋」のほうの解説からいくわね。
       アキコAは、コインロッカーに捨てられた赤ちゃんよ。
     
       たぶん赤ちゃんはとっくに死んでるんだけど、まだロッカー内に霊魂が残っているのね。
       母親は発覚が怖くて、でも新たな捨て場所も見つけられなくて、
       だから3日に一度、つまりコインロッカーに預けられる最大の日数ね、
       それごとに来ては、一瞬カギを開けて、900円を入れ直して、また閉めてるの。
       『細く白い女性の手』って、もちろんママの手のことよ。

       アキコAのママは、そんなことを何度か繰り返したの。
       でもそんな無茶を、長く続けられるはずもないわ。
       「生まれてからずっと」っていうんだけど、生後、まあ数週間~数ヶ月ってところじゃないの?
       だからアキコAは0歳以外にありえない。

       ところがある日、たぶん逮捕されたとかだと思うんだけど、
       ママがコインロッカーに来られなかったの。

       で、4日目を迎えちゃったから、コインロッカーは管理人の手・・・
       たぶん男性ね。『黒い手』っていうのはその象徴よ。
       その人によってロッカーがあけられちゃった、ってこと。

      アキコAが見たものはそれで最後って事は、
       ロッカーが開けられたことで、アキコAの霊魂は無事に天国に召されたみたい。
       まあ亡霊的にはよかったわね。


      次にアキコB「白いラジオ」だけど、彼女は精神病院にいると見たわ。
       これは私の趣味で言うんだけど、アキコBはすっかり白髪のおばあちゃんで、
       病室は個室で、白い箱はぜひ膝に抱えてて欲しいわね。

       で、アキコBは箱をラジオだと思いこんでて、
       でも音楽は聞こえないし音量は小さすぎるか大きすぎるか、
       しかもとりとめのないつぶやきとか、気味の悪い叫び声しか聞こえないわで、
       ラジオとしては最低よね。

       で、あるとき、とうとうアキコBは正気にもどって、
       自分が抱えていた物はラジオじゃなくて、
       白い布をかけた箱・・・つまり遺骨箱だったこと、
       そして箱からの声は、他ならぬ自分の声だったことに気づいたってわけ」

    D菜とF吉は感心した。B美は続けた。

    B美「これでいちおう謎解きは終わりだけど、少しだけ付け加えるなら、
       その精神病院のおばあちゃんであるところのアキコBは、
       コインロッカーに捨てられたアキコAの母親であってほしいわね。
       遺骨箱の中身はもちろんアキコAよ」

    B美はコーヒーを飲むと最後に言った。
    B美「今年ももう終わりね。すこし早いけど、新年おめでとう」
  • id:miu2d4r
    解答編お見事。参りました!期待以上でした!よいお年を。
  • id:lionfan
    miu2d4r様、コメントありがとうございます。
    それではよいお年を!
  • id:wens31
    12/31オープンを12/31の夜オープンだと脳内で勝手に解釈して、今から考えるつもりでした…

    それにしても素晴らしい問題ですね。
  • id:emmet
    今回も残念ながら解けませんでした!
    でも、高得点を頂いて嬉しかったです。
    また来年も素敵な問題を出してくださいネ〜。挑戦します♪♪
    それでは、あと...もう少しで2007年。良いお年をお迎え下さい。
  • id:lionfan
    wens31様、emmet様、コメントありがとうございます。

    以前、時間ギリギリにオープンしたら、
    コメントをつけている間に時間切れになってしまったので、
    今回はすこし早めにオープンいたしました。

    また来年も何か思いついたら、ぜひ出題したいと思います。
    よろしくお願いいたします。

    ブックマーク欄で
    「ロッカーに入れられてる赤ちゃんとかかなあ」
    としていたTHUNDERFORCEさん、おみごとでした。
  • id:Yumiko
    lionfanさん、今年最後にまた凄いのを....
    全然分からず、謎解きされるのを待っていました。
    だからこの質問の題名が「真っ暗な部屋と白いラジオ」だった
    のですね。 納得....
     
    楽しませて戴きました。 来年も楽しみにしています。
    良いお年を。
     
    では
  • id:lionfan
    Yumiko様、ありがとうございます。
    タイトルである程度、ヒントにしたつもりでした・・・。
    taka_matsu様の答えは、ことに素晴らしいものだったと思います。
    それではまた来年!!
  • id:selter
    これは面白い! 謎解きも、小説風になっているのがいいですね。
    また、次回作を期待しております!!
  • id:risktaker
    なるほど

    かなりが考えたけどわからなかった
  • id:lionfan
    selter様、risktaker様、ありがとうございました。
    また何か思いつきましたら、
    かならず「はてな」で質問したいと思います。
    ではでは、よい正月を。
  • id:maiko8
    な、なんというか…。

    むむむ…。

    ごめんなさい。
    2つに分けるという必然性が分かりません。

    ヒントもないので…。

    むむー。

    それにそのあとの解釈も何なのか…。

    コインロッカーで亡霊…?むむむ。
    最後の手で殺されたとかではなく成仏というのは、なんというか強引な…。

    あとラジオだと思っていたのは箱…。

    精神病院で精神病でおばあさんなら、認知症の患者か、もしくは統合失調症でしょうか。
    いずれにしても、そんな状態の患者さんが、そんな年齢で突然回復することはありません。
    というか妄想の患者さんが、自分で「あっ」と気がついて戻ることはほぼ皆無です。


    というか、「精神病」でカタがつくなら、すべてのミステリー系クイズの答えでこの説明が使えてしまうのではないでしょうか…。
    極端な話、最初のだって、ナポリタンだって…「すべて妄想だった」で。


    いずれにしても、とりあえず題材的に面白そうではあったので、少しだけ「うーん…」でした。

    とはいえ、楽しめることは楽しめました。本当にありがとうございました。
  • id:emmet
    ナポリタン系って、そういうものですよね〜^^?
    解答に違和感なかったデスよ♪
    問題文をよく読むと、不自然な箇所が...そこをよーーく注目していたら解けたのかも...
    ん〜〜クヤシいなぁ。

    嬉しかったのは、解答編にB美たちが登場したことです。
    B美が好きなんですよね〜。なんかこう、可愛くて。
  • id:lionfan
    maiko8様、すみませんでした・・。

    いちおうタイトルを「○○と□□」としたのですが、ヒントとしては弱いですしねえ。

    精神病に頼るのはおっしゃる通り大きなキズで、
    現実には回復の可能性もほとんどないとのことで(知りませんでした)、申し訳ないです。
    次回はもうすこし気をつけて作ります。

    emmet様、慰めありがとうございます。
    B美は僕も大好きです。
    こういう人が現実にいたら、一発で好きになってしまいそうです。かわいらしいですよね。
  • id:kuhypp
    おもしろい!
    読んでるだけで面白かったです。
    どうもありがとうございました。(出題、回答者の皆さん)


    通りがかりの者より。
  • id:lionfan
    kuhypp様、ありがとうございます!!
    はげみになります。
    また新しいのを思いつきましたら、「はてな」で出題させていただきます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません