探索の依頼です。


一級建築士試験の受験対策のための、
学校、講座、教科書、参考書、問題集等を
提供している会社、団体、サイト等を、
できるだけ多く調べていただけないでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人10回まで
  • 登録:2006/12/28 16:29:16
  • 終了:2006/12/31 11:29:37

ベストアンサー

id:toku4sr4agent No.10

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/31 04:28:19

ポイント200pt

34校を検索してみての感想です。

まずわかったこと。

専門学校(2年制)を卒業すると、2級建築士の受験資格が得られ、

また、2級建築士の試験に合格しなくても(=2級建築士試験を受験しなくても)4年間実務経験があれば、1級建築士試験を受けられることがわかりました。

ただし、そのことがわかりやすく説明してある学校とそうでないところがあり、

学校によって説明内容に差がありすぎると感じました。

なお、高校在学中に「こういう方向に進みたい」「こういう仕事をやりたい」と進路が比較的明確になっている高校生にとっては、どんな試験を受けるのに有利になるのか?が詳しく書いていないと、学校を選ぶ際に困ってしまうのでは?

いくら学校の説明会があるとはいえ、WEBサイトを見て「こんな内容では・・・」と思ってしまった場合、

説明が詳しくない学校は、選択肢にすら入らないと思います。

(自分が高校生だったらそう思うかもと、

2年ほど高校生の就職支援の仕事をしていてそう感じました。

かなり個人的な意見ですが。)


次に学費の問題。

一度社会人になっていろいろと仕事をしていくうちに「建築士になってみたいな」と思う人もかなりいると思います。

人によっては一度会社を辞めて、専門学校や大学の建築関係の学科に進学する人などもいると思いますが、学費の面からしてなかなかそう恵まれた人はいないような気がします。

そうなってくると、(全日制を選ぶのは大変ですから)

受験予備校か、専門学校の夜間学部・・・というふうになるのではないかと思います。

期間を短縮したいなら専門学校を選ぶ、

長くかかってもよいから受験予備校を利用する(或いは独学)

専門学校の場合は、

夜間学部があるかどうか、

また、社会人向けの土日の受験対策講座があるか

がネックになってくると思います。

よって、専門学校の比較リストを作る場合には、

夜間学部があるか

社会人向けの土日の受験対策講座があるか

学費はいくらか

教育訓練給付金支給対象の講座はあるか

をリストに入れておくとよいのではないかと思います。


受験予備校を利用する場合、

1、1級建築士と2級建築士の受験対策講座の両方があるか

2、学科と製図の両方があるか

3、通学及び通信講座或いはWEB講座があるか、(通学のみ、通信のみの場合はその説明があるか)

4、製図については添削指導があるか

5、教育訓練給付金支給対象になっている講座はあるか

6、それぞれの学費

(様々な講座がある場合にはそれぞれの学費)

7、今年度不合格の場合(早めに次年度も受講することを申し出た場合)次年度の学費の割引制度はあるのか

8、その学校と関連する出版物がある場合、入学した人のみが購入できるのか、

或いは、一般の書店でも購入できるか?

一般の人でも購入は可能だが、販売は直接販売のみなどか

(例を挙げるとLECや大原などは一般の書店でも買えますよね?)

9、通学の場合はその日用事があっていけなかった場合、その日の講義がビデオなどに収録されていて、

自習室などで閲覧可能になっているか、(ビデオの貸し出しをしているか)

が気になりましたので、そのあたりの比較表がついているとわかりやすいかな、と思いました。


備考欄には、その学校の特徴的な部分を記載して欲しいですね。

(例)社団法人全日本建築士会付属中央建築技術研修所の、

http://www.smile-net.or.jp/kouza/support.htm

再受講制度などは魅力的です。

あと、通学のみという場合には、学校自体がどこにあって、最寄り駅はどこで、という情報もあるとよりよいでしょう。

(※支店が全国各地にある場合には、その情報へのリンクで構わないと思います。)

ただし、それぞれのWEBサイトの内容をそのまま、掲載してしまうと著作権云々の問題が生じてしまうので、

念のためリンクを貼る際には確認したほうがよいでしょう。


今回回答するにあたって紹介したページも、TOPページ以外は、WEBサイトの情報を更新し、ファイルの名前が書き換わってしまった場合、NotFound!となってしまう可能性もありますので。


長々と書いてしまいましたが、リストを作られる際の参考になれば幸いです。

その他の回答(9件)

id:inokuni No.1

いのくに回答回数1343ベストアンサー獲得回数212006/12/28 16:41:05

id:QP355

検索ありがとうございます。

上から2つが

「学校、講座、教科書、参考書、問題集等を提供している」条件に合致していました。

2006/12/28 20:57:00
id:tibitora No.2

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022006/12/28 16:43:53

ポイント80pt

こちらは参考になるでしょうか?

http://www.19get.com/

一級建築士試験 合格物語

http://www.archicom.co.jp/

建築士の塾

http://www.aba-osakafu.or.jp/examination/index.html

一級建築士試験 受験対策講習会

http://kentikusi.cside.com/1-class.html

一級建築士試験・二級建築士試験受験者支援サイト。

http://www.kentikusi.com/1k/index.html

一級建築士試験対策/建築士.com

http://www.kentikusi.com/

建築士.com

学科製図の試験合格法、例題、掲示板、建築史ギャラリー等。

http://www.maiei.net/shikaku/kentiku.html

建築士資格試験対策リンク集

http://sa-design.jugem.jp/

一級建築士試験に最短で合格するための秘訣 『一級建築士受験論』 『一級建築士物語』

一級建築士試験を最短で合格するためのブログ

http://www.geocities.jp/setukei_sakuma/alr.htm

一級建築士試験講座案内

http://www.melxs.com/kioku/kentiku.htm

記憶術・速読術で試験に受かる会『一級建築士合格戦略』

------------------

こちらも参考までに。

http://blogs.yahoo.co.jp/hide_papa_architect

hide_papa_architectの一級建築士製図試験対策

http://bobbysnote.fc2web.com/

建築士試験FORUM

http://www.kentikusi.cside.com/

建築士受験 お気楽サイト

id:QP355

検索ありがとうございます。

合計7つが

「学校、講座、教科書、参考書、問題集等を提供している」条件に合致していました。

私も知らないサイトがいくつか含まれており、参考になりました。

2006/12/28 20:57:20
id:toku4sr4agent No.3

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/28 16:50:09

ポイント10pt

問題集などを発行しているサイトさんではないですが

http://www.jyousyou.com/archives/003500kentikushi/index.html

がリンク集としては比較的まとまっているような気がします。


それと、

http://www.growaid.com/skillup/kenchiku/ken2.html

では通信教育の講座などについて比較できるところへのリンクがあります。

いつもアンケートではご協力できないので、参考になりましたら幸いです。

id:QP355

検索ありがとうございます。

すいません。

「学校、講座、教科書、参考書、問題集等を提供している」条件です。

リンク集の中の、条件に合致するものを希望します。

先日は、アンケートへの協力ありがとうございました。今回の質問は、アンケートの補強として行っております。

2006/12/28 20:57:44
id:sadajo No.4

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492006/12/28 17:37:20

id:QP355

検索ありがとうございます。

すいません。

「学校、講座、教科書、参考書、問題集等を提供している」条件です。

リンク集の中の、条件に合致するものを希望します。

2006/12/28 20:58:00
id:toku4sr4agent No.5

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/28 22:23:20

ポイント60pt

1.http://www.brush-up.jp/index.html

から検索したのですが、

九州建設専門学院

http://www.brush-up.jp/school_detail/765.html

(説明には「通信」とありますが通学講座もあるようです)

総合資格学院

http://www.shikaku.co.jp/

受験対策の講座があるようです。


2.受験参考書のようです。

http://www.shokokusha.co.jp/books/1q.html

株式会社 彰国社

という出版社の本のようです。

株式会社 彰国社

のサイトは

http://www.shokokusha.co.jp/indexB.html


3.東京建築士会のサイトの一部のようですが

受験参考書を紹介しています。

http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/narou/books/index.html



4.日建学院

http://www.ksknet.co.jp/nikken/

講座一覧

http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/

を見た限りでは、1級建築士の講座があるようです。

WEB講座もあるみたいです。


5.建築士塾

http://www.kenchikusi.co.jp/

受験対策講座があるようです。


既にご存知でしたらスミマセン。

(回答可能回数を増やしていただいて恐縮です)

id:QP355

検索ありがとうございます。

大変満足する回答方法です。

大手2社も網羅されていて、やっと出たかという感じです。

あまり知られていないサイトを探すのだけが目的ではなく、

一級建築士の受験に関する「教える」サイドの

リストができれば良いと考えています。

引き続き、回答をお待ちしています。

先のリンク集の中から、該当するものを、

記載されても結構です。

2006/12/28 23:10:22
id:toku4sr4agent No.6

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/29 01:44:08

ポイント50pt

>リストができれば

とのことですので、どのようなキーワードで検索した結果出てきたかも書いたほうがよいですよね。

(たぶん)

今回は「建築士 受験講座 一級」というキーワードで調べてみました。

(他の回答者の方が書かれているところは省略しています。)

1.地人書館さん(出版社さんのようです。)

建築士の受験対策の本へのリンクは

http://www.chijinshokan.co.jp/latest/regular2.htm

から貼られています。

どちらかというと天文学系が得意なところのようです。


2.全日本建築士会さんのページのようです。

ここでは受験対策講座を開催しているようです。

http://www.smile-net.or.jp/kouza/kouza.htm


3.コスモ建築塾さん

http://kenchiku-juku.81552.com/

個人のサイトのようですが、東京都の建築士事務所さんが運営されているようです。

教育訓練給付金指定講座になっているようですので、雇用保険に3年以上加入されている人は利用したほうがよいでしょう。


4.東京建築学院さん

http://www.rx.sakura.ne.jp/~kenchiku/k1/index.html

通信添削の講座のようです。

こちらも教育訓練給付金指定講座のようです。


5.以下はある出版社さんのリンク集のようですが、私が紹介したところへのリンクが結構貼られています。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/link/51info/05licns.htm

紹介文がとてもしっかりしていて、各サイトの中身がわかりそうです。

ただし、一番下の「学芸出版社」というところをクリックするとアドレスの指定が間違っているようで、TOPページにいけません)

なお、

http://gakugei.sub.jp/cgi/mokuroku/database.cgi

は試験運用中ですが「一級建築士」などのキーワードを入力すると、関連する書籍がいくつか出てきます。

構造力学の本もでてきました。(私の出身校では、土木工学科の学生が、大学1年のときやる科目に構造力学がありました。)



で、ここまで書いて、「教育訓練給付」という言葉が出てきました。

「教育訓練給付金指定講座検索システム」

というのがありますので、知っておいて損はないでしょう。

http://www.kyufu.javada.or.jp/kyuufu/jsp/index.jsp

(私はジャヴァスクリプトを切っているので真っ白に表示されてしまいますが、何か書いてあるのだと思います。)

中に入るとたぶん

http://www.kyufu.javada.or.jp/kensaku/T_K_kouza

のようなページが表示されます。

「分野から選ぶ」をクリックすると

http://www.kyufu.javada.or.jp/kensaku/T_K_bunya

というページになると思いますので、「建設・土木」あたりをクリックすると建築士の講座もあるかもしれません。

一時的にセキュリティの設定を無効にして建築士で検索したところ、出てきた名前は34校で、

ライセンスコンサルティングセンター

筑波研究学園専門学校

瀬麗抜教育研究アカデミー

総合資格学院

中央工学校

株式会社 ハウジングエージェンシーヒップス

コスモ建築塾

学校法人鹿光学園青山製図専門学校別科青山コミュニティカレッジ

社団法人全日本建築士会付属中央建築技術研修所

東京建築学院

建築士学院

建築士の塾

日本溶接構造専門学校

建設振興協会富山校

株式会社総合資格指導協会

中部資格学院

松下電工創研 京田辺研修所

大阪ガスインテリアデザインスクール

大阪工業技術専門学校

中央工学校OSAKA

日本教育指導協会

修成建設専門学校

SD学院職業技術専門校

大栄建築デザイン学院

岡山理科大学専門学校

建修会

住宅デザイン研究所

松山共同高等職業訓練校

九州建設専門学院

建築積算学校 九州校

福岡建設専門学校

麻生工科デザイン専門学校

宮崎ユニバーサル・カレッジ

セキスイパーソネル

でした。

(ただし、どの学校でも一級の受験講座があるかについてはわかりませんが)


たぶん、この中に名前があるところは比較的信頼性が高いのではないかと思います。

id:QP355

>>どのようなキーワードで検索した結果出てきたかも書いたほうがよいですよね。

「リスト」

>>で、ここまで書いて、「教育訓練給付」という言葉が出てきました。

「教育訓練給付金指定講座検索システム」

というのがありますので、知っておいて損はないでしょう。

「リスト」



「一級建築士」の資格対策をどうするか。

このような初期の状態から、どうのように情報を取得してゆくかが

丁寧に記されています。

資格対策サービスを提供する各社は、各社自身の情報発信には熱心ですが、

この資格に対して、他にどれだけの多様なサービスがあるか、

選択肢があるのかは、そこからはわかりません。


非常にわかり易く構成されていて、大変満足しました。

想定の範囲外の、すばらしい返答です。

ただ、質問に該当する会社、団体、サイトはありますので、

引き続き回答を募ります。

1人5回を10回に変更しました。

2006/12/29 08:15:00
id:toku4sr4agent No.7

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/29 02:43:28

ポイント50pt

楽天市場などで、「一級建築士受験」「1級建築士試験」というキーワードで本を探せば、関連する書籍が探せる、ということに実は今気がつきました・・・。

1件1件情報を見ていけば出版社もわかる・・・。


既に名前がでていますが

http://item.rakuten.co.jp/book/3722686/

というページがヒットしました。

この本に興味を持っている人は、こういう本にも興味を持っている、などの情報が得られますので事例として貼っておきます。


まだ名前が出ていない出版社

1.鹿島出版会

(商品URL)

http://item.rakuten.co.jp/book/1422591/

(会社のURL)

http://www.kajima-publishing.co.jp/

2.霞ヶ関出版社

(商品URL)

http://item.rakuten.co.jp/book/1740243/

(会社のURL)

http://www.kasumigaseki.co.jp/top.html


3.棋苑図書

(商品URL)

http://item.rakuten.co.jp/book/1758739/

(会社のURL)

検索しましたが、WEBサイトはないみたいです

4.近代図書

(商品URL)

http://item.rakuten.co.jp/book/1330560/

(会社のURL)

http://www.kindaitosho.co.jp/

1、2、4は土木とか建築関係の本を主に取り扱っている出版社のようです。


なお、検索すると沢山ヒットして本を選ぶのに大変というときには、「感想あり」をクリックして、感想があるもののみに絞り込むと、本を購入した人の意見を見ることができます。

感想あり=購入者が多いとは限りませんが、ある程度指標にはなるかもしれません。

id:QP355

今回の探索(検索)依頼は、下記のアンケートを補足する目的もあります。

では、いったいどれぐらい該当する会社、団体、サイトはあるのかということです。



一級建築士試験の「合格者」の方への質問です。

教科書、参考書、問題集は、どのような利用状況でしたか?

(資格学校に通っても、他の参考書も利用した場合は

 2以上とカウントしてください)


http://q.hatena.ne.jp/1167225098

http://q.hatena.ne.jp/1167224683

2006/12/29 08:18:47
id:toku4sr4agent No.8

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/30 03:02:59

ポイント80pt

リストに書いた各種学校についてそれぞれ調べてみました。

1.ライセンスコンサルティングセンター

WEBサイトはありませんでした。


2.筑波研究学園専門学校

http://www.tist.ac.jp/

ここの学校を卒業すると実務経験なしでも2級建築士受験資格が与えられる。

1級建築士については、実務経験4年で受けられるそうです。

http://www.tist.ac.jp/guide/architecture/faq.html

2級建築士の受験対策講座はあるようですが、1級についてはないようです。

http://www.tist.ac.jp/publiclec/architect/index.html

(検索しましたがでてきませんでした)


3.瀬麗抜教育研究アカデミー

セレーヌアカデミーとタイトルにはありました。

http://www.serene-ac.com/

1級建築士の受験対策講座があります。

(学科対策のようです)

http://www.serene-ac.com/kenchiku/index.htm

授業料が48万円くらいです。(高いのか安いのかわかりません)

ただ、建築士以外には、福祉住環境コーディネーターや

インテリアコーディネーターの受験対策講座もあります。

今後、もっと高齢化が進んでいくと思いますので、福祉住環境コーディネーターの資格は

あったほうがよいでしょう。


4.総合資格学院

http://www.shikaku.co.jp/

建築関係の資格に特化した、受験対策予備校のようです。

1級建築士の受験対策講座の中にもいろいろなコースがあります。

学科だけではなく、製図の講座もあります。

http://www.shikaku.co.jp/kouza/1k/index.html

もの作りの基本は製図です。

図面がよめなくては、製品の規格もわかりませんし、

その一方で、こういう製品を作って欲しいんですが・・・と言うときに、図面が書けなくては話になりません。

別のかたの回答に「建築士受験お気楽サイト」さんというところがあります。

そこのデータで、

http://kentikusi.cside.com/cap/c161.html

というものがありましたが、ここの学校を利用した合格者が多いのはなんとなく頷けます。


5.中央工学校

http://www.chuoko.ac.jp/index.html

各種専門学校ですが、土木建築関係に特化した専門学校のようです。

http://www.chuoko.ac.jp/faculty/index.html

卒業時に2級建築士の受験資格が得られ、

2年制の学科の場合は、実務経験4年で、3年制の学科の場合は実務経験3年で、1級建築士の受験資格が得られるそうです。

社会人向けの講座の情報は見つけられませんでしたが、夜間の学部もあるので、働きながら学べるかもしれません。


6.株式会社 ハウジングエージェンシーヒップス

ホームページらしきものはありましたが、インテリアコーディネーター関係のものしかでてきませんでした。


7.コスモ建築塾

http://kenchiku-juku.81552.com/

1級・2級の学科、製図両方の受験対策講座があります。

通信添削もあるようです。

特に製図などは添削してもらったほうが助かると思います。

(マンツーマンコースは嬉しいかもしれませんね)


8.学校法人鹿光学園青山製図専門学校別科青山コミュニティカレッジ

http://www.aoyamaseizu.ac.jp/classe/index.html

受験対策講座についての案内は、

http://www.aoyamaseizu.ac.jp/classe/guidance.html

に記されています。

全日本建築士会と提携とのことです。

ただしインラインフレームになっていて、一級建築士の受験対策講座についてはページの下のほうにあるので

探しにくいかもしれません。


9.社団法人全日本建築士会付属中央建築技術研修所

WEBサイト自体はありませんでしたが、受験対策講座は先に紹介した

http://www.smile-net.or.jp/kouza/kouza.htm

に書いてあるものと思われます。

通信講座、通学講座いずれも充実しています。

合格者は、(少人数制のため)少ないものの、ここを利用した受験生の合格率は比較的高いです。

http://www.smile-net.or.jp/kouza/support.htm

再受講制度もあるようです。


10.東京建築学院

http://www.rx.sakura.ne.jp/~kenchiku/

通信添削がメインのようです。

学科+製図で受講料が20万円です。

http://www.rx.sakura.ne.jp/~kenchiku/jukouryou.html

全然講座とは関係ありませんが、TOPページにある

「構造力学」基礎講座のビデオ、なんとなく見てみたい気がします。

(力学や物理学の復習になりそう・・・)


とりあえず今日はここまで。残りの24校については後日あらためて。

(正月明けになるかも)

id:toku4sr4agent No.9

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/31 03:41:30

ポイント60pt

11.建築士学院

http://www.kenchikushi.co.jp/

受験対策講座があるようです。1級・2級ともあります。

学科は通学講座のみのようですが、製図についてはインターネット講座を開講しています。

http://www.kenchikushi.co.jp/e-learning/index.html

製図の教材(本やビデオ)を販売しています。

http://www.kenchikushi.co.jp/shopping/shop.html

各講座の料金は

http://www.kenchikushi.co.jp/appli/index.html

にあります。


12.建築士の塾

http://www.archicom.co.jp/

1級受験の対策講座があります。

2級はあるのかよくわかりませんでした。

ちょっとコンテンツがわかりずらいのでは?と個人的には思います。

通信教育みたいです。

学科については

http://www.archicom.co.jp/koza/kozainfo1.htm

製図については

http://www.archicom.co.jp/koza/kozainfo2.htm

にそれぞれ案内があります。


13.日本溶接構造専門学校

http://www.jwsc.or.jp/

以下を見ると

http://www.jwsc.or.jp/syoukai.htm

2級建築士受験資格が得られそうな雰囲気ですが、はっきりわかりません。

どんな試験の受検資格が得られそうかは気になるところ。

ちょっと説明が不足しているような気がします。

溶接なのに、アーク溶接だけを扱っており、ガス溶接は?

あまり重要視されていないのかな?との疑問を持ちました。


14.建設振興協会富山校

建設振興協会自体ではWEBサイトを見つけられませんでした。

似たような名前では「建設研究振興協会」というところなら見つけました。

ただし、「富山校」の記述がないので関係団体ではなさそうです。


15.株式会社総合資格指導協会

福井県の会社のようです。

WEBサイトは見つけられませんでした。


16.中部資格学院

総合資格学院の中に名前がありました。どうやら、総合資格学院のうち、通信部門を担当しているみたいです。

(詳細はわかりませんでした。)


17.松下電工創研 京田辺研修所

京田辺研修所ではなく、松下電工創研のTOPページになります。

http://group.mew.co.jp/mewint/index.html

研修のところをクリックすると

http://group.mew.co.jp/mewint/info/index.html

というページがでてきます。

「2級建築士・学科」の画像がありますが、そのページへのリンクは貼られていません。


18.大阪ガスインテリアデザインスクール

http://www.og-school.com/

教育訓練給付金支給対象の講座については

http://www.og-school.com/benefit.htm

で説明されています。

2級は学科と製図の両方があります。

1級は学科の講座があります。

名前からすると一見ガス関係の資格が取れそうですが、関係なさそうです。

受検資格がある人が対象なので、位置づけとしては、受検対策校のようです。

(ぱっと見た感じ、専門学校っぽいのですがそうではなさそうです。)


19.大阪工業技術専門学校

http://www.oct.ac.jp/index.html

高校卒業見込みの人が入学資格があるようなので位置づけとしては専門学校のようです。

2年制で、建築学科のみ夜間の学部があります。

2級については卒業後すぐに受験可能です。また、2級建築士の試験に合格しなくても、実務経験4年で1級建築士を受けることが可能のようです。(つまり2級を受けなくてもOKということだと思います。)

http://www.oct.ac.jp/license/index.html

説明がわかりやすいです。


20.中央工学校OSAKA

http://www.chuoko-osaka.ac.jp/

資格ガイドについては

http://www.chuoko-osaka.ac.jp/qualify/pro.html

に書いてありますが、ちょっとわかりずらい気がします。


21.日本教育指導協会

WEBサイトは見つけられませんでした。


22.修成建設専門学校

http://www.syusei.ac.jp/

資格については

http://www.syusei.ac.jp/03/list/index.html

で説明されています。

ページ自体は、ジャバスクリプトを無効にしていると閲覧できない箇所がありちょっと不便です。

また、画像が非常に多く、ページの読み込みにも時間がかかり、

ナローバンドで閲覧している人には優しくないかも・・・。(率直な感想ですが)

2級建築士は卒業時に受験可能、1級建築士は、実務経験4年で受験が可能のようです。

なお、専科の人は、2級建築士にかなり高い割合で合格されているとのことです。


23.SD学院職業技術専門校

キャッシュはあるのですが、ページそのものにアクセスするとページが見つかりません・・・

となってしまいます。

アドレスを変更したか、あるいはWEBサイトを閉じたのかはわかりません。


24.大栄建築デザイン学院

http://www.daiei-ed.co.jp/kenchiku/index.html

比較的大手の受験対策予備校だと思います。

(たぶん。私は某国家資格を受験する際、大栄国家試験学院というところにお世話になりました。

仙台にも大栄国家試験学院があります。)

全国各地に学校があるようで、

http://www.daiei-ed.co.jp/school/index.html

に各学校の住所が載っています。

ただ、残念ながら講座は2級建築士のみのようです。

http://www.daiei-ed.co.jp/course/course-kenchiku.html

建築士については福岡でしか開講されていないようです。

http://www.daiei-ed.co.jp/school/tenjin.php


25.岡山理科大学専門学校

http://www.risen.ac.jp/

建築学科の取得可能な資格については

http://www.risen.ac.jp/architect/sikak.html

に記載されています。

また、建築学科の夜間コースが教育訓練給付金支給の対象となっているようです。

なお、教育訓練給付金の支給対象ではないようですが、土日に2級建築士の受験対策講座を実施しています。


26.建修会

「建修会」ではWEBサイトはヒットしませんでしたが、中身からすると以下のサイトがそれっぽいです。

http://ww5.enjoy.ne.jp/~kenshu/index.html

卒業後2年の実務経験で、2級建築士の試験が受けられるようです。

http://ww5.enjoy.ne.jp/~kenshu/newpage4.htm

ただ、位置づけとしてはどういうものかわかりません。

初めて見る人にとっては情報不足だと思います。



27.住宅デザイン研究所

http://www.jdknet.co.jp/

2級建築士の受験対策講座のみのようです。

http://www.jdknet.co.jp/school/zenkouza.htm

なお、通信講座もあります。

http://www.jdknet.co.jp/school/t2.htm

通学と同様、製図と学科の両方があるようです。

料金の設定が52500円とリーズナブル。どの程度添削を丁寧にやってくれるのかちょっと不安かも?

(通学が25万円を超える価格なので・・・)


28.松山共同高等職業訓練校

http://home.e-catv.ne.jp/kunrenkou/

1級建築士・2級建築士とも受験対策講座があります。

http://home.e-catv.ne.jp/kunrenkou/kaikou1.htm

最終更新日が2005年の4月1日になっているので、平成19年度の試験対策講座があるのかについては不明です。

学科なのか製図もあるのかいまいちわかりません。

「職業訓練校」の位置づけなので、雇用保険加入歴のない人は、受講は難しいかもしれません。

(たぶんですが)


29.九州建設専門学院

九州不動産専門学院グループの一つのようです。

http://www.l-mate.co.jp/tken.htm

通学・通信ともあるようです。

それと、吸収不動産専門学院からリンクをたどっていくと、

http://www.l-mate.co.jp/koza04.htm

なページもありました。

同じグループで

http://lc.l-mate.co.jp/

という全日制の専門学校もあるようです。(ライセンスカレッジ)


30.建築積算学校 九州校

http://www.bsij.or.jp/index.html

と関連がありそうですが、建築士の受験対策講座とはあまり関係がないようです。


31.福岡建設専門学校

http://www.fcca.ac.jp/

夜間の建築科が教育訓練給付金支給の対象講座となっています。

http://www.fcca.ac.jp/archi2.html#atev

あまり資格云々については詳しく説明されていないようでした。

(文字が小さくて説明が読みづらいです。)


32.麻生工科デザイン専門学校

http://www.asojuku.ac.jp/act/

教育訓練給付金支給対象講座は、夜間の建築学科のようです。

http://www.asojuku.ac.jp/act/act_k_yakan/act_ken_yakan2.html


33.宮崎ユニバーサル・カレッジ

学校法人日章学園のグループのようです。

学校一覧→宮崎キャンパスに、宮崎ユニバーサル・カレッジの説明があります。

http://www.nissho.ac.jp/school/miyazaki.html

宮崎ユニバーサルカレッジのTOPページは

http://www.nissho.ac.jp/muc/index.html

他の専門学校同様、卒業時に2級建築士受験可能、実務経験4年で1級建築士受験可能となるようです。

http://www.nissho.ac.jp/muc/ken/index.html

夜学があるのかについてはわかりませんでした。

34.セキスイパーソネル

http://icjob.jp/

積水化学グループのようです。(人材派遣会社のようです)

2級建築士の受験対策講座を取り扱っています。

http://icjob.jp/school/index.html

通学の学科のみになっているようです。

http://icjob.jp/school/kenchiku_gakka.html

なお、「人材派遣会社」さんなので、受験対策講座を受けられるのが、派遣会社に登録している人だけを対象にしているのか、それとも全く無関係の一般の人でもOKなのか、探してみましたがわかりませんでした。

id:toku4sr4agent No.10

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282006/12/31 04:28:19ここでベストアンサー

ポイント200pt

34校を検索してみての感想です。

まずわかったこと。

専門学校(2年制)を卒業すると、2級建築士の受験資格が得られ、

また、2級建築士の試験に合格しなくても(=2級建築士試験を受験しなくても)4年間実務経験があれば、1級建築士試験を受けられることがわかりました。

ただし、そのことがわかりやすく説明してある学校とそうでないところがあり、

学校によって説明内容に差がありすぎると感じました。

なお、高校在学中に「こういう方向に進みたい」「こういう仕事をやりたい」と進路が比較的明確になっている高校生にとっては、どんな試験を受けるのに有利になるのか?が詳しく書いていないと、学校を選ぶ際に困ってしまうのでは?

いくら学校の説明会があるとはいえ、WEBサイトを見て「こんな内容では・・・」と思ってしまった場合、

説明が詳しくない学校は、選択肢にすら入らないと思います。

(自分が高校生だったらそう思うかもと、

2年ほど高校生の就職支援の仕事をしていてそう感じました。

かなり個人的な意見ですが。)


次に学費の問題。

一度社会人になっていろいろと仕事をしていくうちに「建築士になってみたいな」と思う人もかなりいると思います。

人によっては一度会社を辞めて、専門学校や大学の建築関係の学科に進学する人などもいると思いますが、学費の面からしてなかなかそう恵まれた人はいないような気がします。

そうなってくると、(全日制を選ぶのは大変ですから)

受験予備校か、専門学校の夜間学部・・・というふうになるのではないかと思います。

期間を短縮したいなら専門学校を選ぶ、

長くかかってもよいから受験予備校を利用する(或いは独学)

専門学校の場合は、

夜間学部があるかどうか、

また、社会人向けの土日の受験対策講座があるか

がネックになってくると思います。

よって、専門学校の比較リストを作る場合には、

夜間学部があるか

社会人向けの土日の受験対策講座があるか

学費はいくらか

教育訓練給付金支給対象の講座はあるか

をリストに入れておくとよいのではないかと思います。


受験予備校を利用する場合、

1、1級建築士と2級建築士の受験対策講座の両方があるか

2、学科と製図の両方があるか

3、通学及び通信講座或いはWEB講座があるか、(通学のみ、通信のみの場合はその説明があるか)

4、製図については添削指導があるか

5、教育訓練給付金支給対象になっている講座はあるか

6、それぞれの学費

(様々な講座がある場合にはそれぞれの学費)

7、今年度不合格の場合(早めに次年度も受講することを申し出た場合)次年度の学費の割引制度はあるのか

8、その学校と関連する出版物がある場合、入学した人のみが購入できるのか、

或いは、一般の書店でも購入できるか?

一般の人でも購入は可能だが、販売は直接販売のみなどか

(例を挙げるとLECや大原などは一般の書店でも買えますよね?)

9、通学の場合はその日用事があっていけなかった場合、その日の講義がビデオなどに収録されていて、

自習室などで閲覧可能になっているか、(ビデオの貸し出しをしているか)

が気になりましたので、そのあたりの比較表がついているとわかりやすいかな、と思いました。


備考欄には、その学校の特徴的な部分を記載して欲しいですね。

(例)社団法人全日本建築士会付属中央建築技術研修所の、

http://www.smile-net.or.jp/kouza/support.htm

再受講制度などは魅力的です。

あと、通学のみという場合には、学校自体がどこにあって、最寄り駅はどこで、という情報もあるとよりよいでしょう。

(※支店が全国各地にある場合には、その情報へのリンクで構わないと思います。)

ただし、それぞれのWEBサイトの内容をそのまま、掲載してしまうと著作権云々の問題が生じてしまうので、

念のためリンクを貼る際には確認したほうがよいでしょう。


今回回答するにあたって紹介したページも、TOPページ以外は、WEBサイトの情報を更新し、ファイルの名前が書き換わってしまった場合、NotFound!となってしまう可能性もありますので。


長々と書いてしまいましたが、リストを作られる際の参考になれば幸いです。

  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/28 17:21:45
    もう少し詳しく調べられたらまたコメント欄にて回答します。
  • id:QP355
    コメント欄ではなく、回答欄でお願いします。

    1人当たり2回から5回へ、変更しましたので大丈夫です。
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/29 17:45:32
    情報が全くゼロから、という場合には自分に受験資格があるのかどうか?
    ということを知るところから始めなければならないかもしれませんね。
    (ただし回答ではないのでコメント欄にて失礼します)
    2級の受験資格
    http://www.jaeic.or.jp/2kmk-annai.htm#2
    1級の受験資格
    http://www.jaeic.or.jp/1k-annai.htm#2


    私は工学部出身ですが、土木・建築の関係の学科を卒業していないので短くても11年かかる計算になりますね。

  • id:QP355
    建築士資格の要件には当てはまらない学科の卒業。
    という条件を設定した場合、では、受験には何が必要か。
    こう問いを立てたとしたら、こう調べてゆく。


    toku4sr4agentさんには、
    わたしが、はてなに期待していたもの以上の、
    コメントを頂いています。
    ありがとうございます。
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/31 04:32:14
    9番目の回答には残り24校の検索結果を、
    10番目の回答には、いろいろと学校を検索してみての感想を書きました。
    文字数制限があるようなので、2つに回答を分割しました。
    あらかじめご了承ください。
    (なんとか年内に回答しました。)

    QP355さん、よいお年をお迎えくださいね。
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/31 06:18:48
    さらに自分の回答を読み直してみて感じたことです。


    専門学校・受験予備校はいろいろありますが、


    専門学校の場合、様々な学科があるか、それとも土木建築関係に特化しているところか、
    また、歴史は古いか、どんな歴史があるか、なども見るときのポイントになってくると思います。
    歴史が古ければ、ある程度企業とのつながりもできていて、就職するとき新しいところより有利・・・かもしれません。
    (歴史が長ければ長いほどよいとは限りませんし、逆に古い体質を引きずっている可能性もゼロではありませんが)
    蛇足ですが、専門学校を選ぶ際、そこの学校の卒業生がどういうところに就職しているか、は気になると思います。


    また、受験予備校に関しても同様で、ほかに、どんな受験対策講座を開講しているか、それとも総合資格学院のように、やはり建築関係に特化しているかもポイントになってくるでしょう。


    正月がもうすぐだからというわけではありませんが、やはり
    「餅は餅屋」という部分が全くないわけではない、と思っていますので。
  • id:QP355
    ポイント配分は、回答への基本を10ポイントとして、
    条件に該当するものへのリンク一つにつき、
    10ポイントを加算するものとしました。

    質問と回答、そしてコメントをする過程で、
    toku4sr4agentさんから、想定以上の回答を寄せていただき、
    当初の質問以上の質問を含む展開になったのではないかと
    思います。

    これは、ポイントの配分を難しくしました。
    他の回答者と同列に比較する事が困難だったからです。

    toku4sr4agentさんの、各回答に対する詳細な探索や見解は、
    このポイント計算でいくと低くなってしまっています。
    これは、わたしのコメントが、別の質問を含む結果、
    こうなってしまいました。

    そこで、回答10において、感想という形のまとめを
    されているので、ここに「いるか」賞と、
    +αポイントをつけさせていただきました。

    大変満足のゆくものでした。ありがとうございます。
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2006/12/31 12:48:14
    いるか賞、有難うございました。

    今回は、一級建築士ということに絞って検索してみましたが、(出版社関係の比較までには至りませんでしたが)
    実は検索をしていく過程で、専門学校を選ぶ際のポイント、受験対策の学校を選ぶ際のポイントなどを知ることができました。

    おそらく他の資格を取る際にも、同様のことが言えるのではないかと思います。
    特にそれが難関な国家資格などとなれば顕著になってくるでしょう。

    高校生対象にキャリアコンサルティングをする場合は、
    短大・大学の選び方のほかに、専門学校の選び方について、
    そして社会人や大学生などを対象にコンサルティングをする場合には、
    専門学校の選び方のほかに、受験予備校の選び方について
    熟知している必要があることを痛感したしだいです。

    こちらとしてもとても勉強になりました。
    有難うございます。
    よいサイトが構築できるよう陰ながら応援しております。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません