株式会社を設立しようとしていますが、毎月の帳簿をつけていきそれが、決算書作成できるまでのやり方が分かりやすく載っている本や購入できるマニュアルのようなものはありますか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/01 09:24:39
  • 終了:2007/01/08 09:25:04

回答(5件)

id:tibitora No.1

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022007/01/01 09:49:59

ポイント10pt

こちらはいかがでしょうか?

http://item.rakuten.co.jp/book/3599333/

個人事業主のための会計と税金のルールがスッキリわかる本

目次】

個人事業主と税金のかかわり(退職後の事務回りアレコレ/開業時には税務署などに開業届を提出 ほか)/帳簿・決算書作成に必要な会計と税金のルール(総論)(帳簿や決算書はなぜ作らなければならないの?/帳簿・決算書の作成に必要なルールとは?)/帳簿・決算書作成に必要な会計と税金のルール(各論)(青色申告には多くの優遇措置が認められている/支払っていなくとも必要経費 ほか)/消費税における会計と税金のルール(個人事業主も他人事ではない消費税/消費税の益税で本当にもうかっているのか? ほか)/確定申告における税金のルール(確定申告は3つの“塊”をとらえること/第1の塊「所得」の計算 ほか)

http://item.rakuten.co.jp/book/1098832/

帳簿がわかる

本書では、帳簿記帳の周辺にある「書類の整備」、さらには「手形取引」などの経済行為にもふれながら、執筆しています。経理の仕事につきたい、帳簿を付けなくてはならない立場になってしまった、経理をコンピュータ化したいと思っている、「試算表は、ちょっと苦手」という経営者、こんな方々には、きっと役立ててもらえるものです。また、経理経験のある人々にも、違った角度から参考にしていただける部分が多々あります。

【目次】

第1章 帳簿の基礎を知っておこう/第2章 帳簿の種類にはどんなものがあるか/第3章 帳簿は「決算書作成」のためにある/第4章 業種別の売上・経費処理法/第5章 消費税の帳簿実務を学ぶ/第6章 パソコンを使った帳簿作成に挑戦する

id:yk2071 No.2

でにろう回答回数34ベストアンサー獲得回数12007/01/01 10:30:49

ポイント10pt

 なんかOBCの回し者みたいになってしまいますが……

 詳細やその意味などを追及せず、実務的にやっていくのであれば、勘定奉行モノが、それなりに役立つかと思います。

 どれくらいの規模で起業されるかはわかりませんが、ごく一般的な株式会社なら、そこから逆算するような感じで学習していくのがよいかもしれません。

 シーズン末に会計士・税務士に印鑑をもらうことになると思うので、その折にいろいろ質問するのが安上がりかも?


勘定奉行のOBC 株式会社 オービック ビジネス コンサルタント

http://www.obc.co.jp/

id:Saigousan No.4

Saigousan回答回数105ベストアンサー獲得回数42007/01/01 16:40:14

ポイント10pt

「小さな会社*社長のルール」フォレスト出版¥1,400+税

この本の内容は会社設立後の経営者の留意するべきことが分かりやすく説明されております。

経営者は経理や決算書を作成するための実務はその専門家に委託(あるいは雇用)して利益を生むための会社の本業に専念されることが必要と考えております。

初期の状態では会社の費用など毎日発生する帳票は事務員などに社内で発行させ、経営者が検認をする。

地域の信頼の置ける税理事務所や経理事務所に日時の経理伝票を基に月次決算書から年次決算書、税務申告書作成を依頼する。

月次や年次の決算書を基に経営分析をして、次の経営方針や目標を策定され、これを繰り返してやっていれば、自然に経理や税務対策など理解できるようになります。

http://q.hatena.ne.jp/Saigousan

id:tekenaar No.5

tekenaar回答回数343ベストアンサー獲得回数152007/01/02 02:03:12

ポイント10pt

『やさしくできる帳簿のつけ方』

ISBN:4820714473

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4820714473.html

  • id:hiro2001da
    質問者です。正月忙しくて有効期間内に見ることが出来ませんで、すいませんでした。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません