『メデイア(=広告媒体)の価値評価の標準的な手法を教えていただきたい』のです。


媒体の種類(テレビ広告、新聞広告、インターネット広告)は問いません。そのような内容が記載されているURLでもかまいません。

該当業界に勤められている方なら業界ではこのように評価して価値・価格が決定されているというような一般的な手法がお分かりになると思っています。差し障りない範囲で教えていただければと思います。

学生で論文の執筆中でして参考にさせていただければと思っています。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/01 20:44:55
  • 終了:2007/01/01 21:27:27

回答(1件)

id:dream76 No.1

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82007/01/01 21:18:05

ポイント60pt

①大量生産消費時代の昔のマスマーケティングでは価値となったのは広告の質より量であり、広告に製品の機能性や便益が重視される

ような広告戦略。

②現代の物の売れないデフレ時代は、顧客の目が肥えた。だから内面の訴求するような価値そのものが大きな基準を持つとする。その価値は顧客の5感に訴求するものである、という主張の書籍。

学術的なマーケティング広告関係なら有名な書籍です

最近の企業においてもこれはブームなので、卒論に

内容を盛り込めば十分すぎるほどです。

Amazon.co.jp: 経験価値マーケティング―消費者が「何か」を感じるプラスαの魅力: 本: バーンド・H. シュミット,Bernd H. Schmitt,嶋村 和恵,広瀬 盛一

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E9%A8%93%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%...



Amazon.co.jp: ヒットを生む経験価値創造―感性を揺さぶるものづくり: 本: 長沢 伸也,早稲田大学ビジネススクール長沢研究室

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません