『メデイア(=広告媒体)の定量的な価値評価の標準的な手法を教えていただきたい』のです。


媒体の種類(テレビ広告、新聞広告、インターネット広告)は問いません。そのような内容が記載されているURLでもかまいません。

該当業界に勤められている方なら業界ではこのように評価して価値・価格が決定されているというような一般的な手法がお分かりになると思っています。差し障りない範囲で教えていただければと思います。

学生で論文の執筆中でして参考にさせていただければと思っています。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/01 21:28:39
  • 終了:2007/01/08 21:30:03

回答(2件)

id:dream76 No.1

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82007/01/01 22:09:24

ポイント35pt

インターネットの広告の価値となるものは、コトラーのマーケティング原論に詳しくのっています。

コトラーはマーケティングでは必須の著名な学者です。

インターネットにおいてのマーケティング(広告戦略含む)

にもこの本で詳しく言及されています・

別の質問で回答した

シュミット『経験価値マーケティング』にも新聞・テレビに関して少し書いてあります。

経験価値マーケティングは、新聞・テレビ広告=マスマーケティング手法

マスマーケティング≠経験価値マーケティング

と言う立場で一貫してかかれています

Amazon.co.jp: コトラー 新・マーケティング原論 HBSシリーズ: 本: フィリップ・コトラー,ディパック・C・ジェイン,スヴィート・マイアシンシー,有賀 裕子

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC-%E6...

他にも 『統合マーケティング戦略』という書籍にもテレビと新聞に関してのことが載っています

id:uenoyamaka

マーケテイング関連の書籍を読みましょうってのはちょっと答えになっていないかなあと。

定量的に具体的に評価する方法があれば教えていただきたく思います。

2007/01/01 22:35:33
id:sarumonkey No.2

sarumonkey回答回数731ベストアンサー獲得回数302007/01/03 03:29:47

ポイント35pt

オンライン広告の効果測定例です。

http://www.overture.co.jp/ja_JP/rc/srch/dtcfaq_ta.php#4

広告媒体別価値算出のメリット、デメリットの例

P11あたり

http://www.csaj.jp/info/05/05_kouhou.pdf

このレポートに媒体別の広告費算出例が凡例としてあります。

母数の確認として添付します

http://www.jftc.go.jp/pressrelease/05.november/051108-3.pdf

id:uenoyamaka

非常に的確な回答ありがとうございます。

質問が曖昧な中、意図を汲み取った回答すごいなと思いました。

と、同時に人力検索のすごさを実感しました。

2007/01/03 04:03:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません