弁護士は裁判以外、どんなサービスをしているのでしょうか。例えば、起業してこんな商品を売りたいのだけれど、これって法律に違反していないよね?ということも相談出来るのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/03 01:40:58
  • 終了:2007/01/10 01:45:03

回答(10件)

id:mormusu No.1

散歩人回答回数1386ベストアンサー獲得回数82007/01/03 01:59:29

ポイント15pt

30分一律5千円で相談に乗ってくれますが、

http://www.takahara.gr.jp/

http://www.horitsu-sodan.jp/

司法書士や行政書士でも相談に乗ってくれます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~miyano/

http://www.law-110.com/

id:komap2 No.2

komap2回答回数362ベストアンサー獲得回数122007/01/03 02:09:54

ポイント15pt

http://www.horitsu-sodan.jp/

法律相談も業務の一部です。

法律に関することならなんでも有料で相談することが出来ます。

相談料は弁護士会で決められているらしく、どこでも一律の料金になっているそうです。

id:tekenaar No.3

tekenaar回答回数343ベストアンサー獲得回数152007/01/03 02:46:01

ポイント15pt

弁護士といえば、法廷で弁護活動をする姿が思い浮かぶかも知れません。テレビや映画では、刑事事件(たとえば、殺人事件)の法廷で、証人を尋問する姿がよく取り上げられたりします。でも、弁護士の活動は裁判に限られるものではありません。弁護士は、幅広くいろいろな活動をしています。

http://www.mito.ne.jp/~iba/job.html

id:TomCat No.4

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152007/01/03 02:49:57

ポイント15pt

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kano/kiji1.html

 弁護士というと、すぐに民事裁判の代理人や刑事事件の弁護人を思い出しますが、弁護士の実際の職務は、裁判に限らず、社会に起こった様々なトラブルを当事者に代わって交渉して解決すること、商取引等における様々な法律的な問題を事前に解決すること、契約書等の各種法律文書を作成すること、日常的な法律相談をすることなど、その業務は広範囲にわたっています。

とあるように、弁護士の仕事は裁判以外にも多岐にわたります。

 

http://www.ogawalaw.com/yuryo_komon.htm

中でも日常的な法律相談は弁護士の仕事の中でも大きなウエイトを占めるようです。ご質問のような起業に関わる相談も、申し込めば単発でも受け付けてくれますし、これからも引き続いて様々な相談を頼みたいということであれば、「顧問契約」を引き受けてくれる弁護士や法律事務所もあります。

id:sylphid666 No.5

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/01/03 08:25:30

ポイント15pt

弁護士を活用できる場はこれだけたくさんあります。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/yakuwari.html

jokinjokinさんのおっしゃられるような業務も行っております。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20031106/136223/

id:kennzi9 No.7

kennzi9回答回数1956ベストアンサー獲得回数92007/01/03 13:55:58

ポイント15pt

http://www.ogurabengosi.com/

無料メール相談ができます。

id:daikanmama No.8

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822007/01/03 14:30:57

ポイント15pt

法律に関する相談業務全般と考えていいのではないでしょうか。

ご質問のような事例についても、勿論相談できるはずです。

http://www.tama-b.com/sibukatudo/bengosigyomu.htm

弁護士の仕事は、裁判所での仕事だけではありません。まず、紛争を起こさないようにするのも、弁護士の仕事のひとつなのです。

 たとえば、契約書の作成をすることも弁護士の仕事です。権利・義務についての約束ごとは、きちんと取り決めないと争いごとが起きる可能性もあります。弁護士に相談すれば約束の内容をはっきりさせ、将来に備えることも出来ます。弁護士は「法律に関することであれば、何でも相談OK」なのです。

http://www.yamaben.or.jp/html/lawyer.html

このほか弁護士は、個別の法律相談に応じたり、契約書を作成したりといった仕事を、日常的に行っています。

id:kumankuman No.9

kumankuman回答回数1107ベストアンサー獲得回数162007/01/03 16:33:15

ポイント15pt

法律相談が仕事ですから 


「これって法律に違反していないよね?」



も立派な法律相談です。

http://q.hatena.ne.jp/ 

id:takarin473 No.10

takarin473回答回数590ベストアンサー獲得回数132007/01/03 19:40:07

ポイント15pt

http://www.hashimoto-toru.com/

http://yaplog.jp/k-maruyama/

24時間テレビに出て100kmマラソンしたり(KM弁護士)、笑っていいともに出演したり弁護士(TH弁護士)、かつて欽どこに出ていた弁護士(HS弁護士)。いろいろあるんじゃないですか。

  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2007/01/10 02:03:41
    質問が終了するのを待っておりました。
    回答ではないので、コメント欄にて失礼します。


    実際に起業をする場合、弁護士さんに意見を聴くほかに、
    できたらそれぞれの専門家に意見を聴いたほうがよい場合があります。


    まず、許認可が必要な仕事を始める場合には、行政書士さんに。
    法人なら定款の作成なども依頼したりする必要がでてくるでしょう。

    そのほか、税金関係は事業所得があれば税理士さんに相談する必要もでてきます。

    そのほか司法書士さんにいろいろと話を聞く必要も出てくるかもしれません。
    人を雇えば社労士に意見を聴く必要もでてきます。


    弁護士さんでもオールマイティなかたはいると思いますが、
    できれば専門分野はその分野の専門家に聞いたほうがよいと思いますよ。


    ご参考まで。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません