1167838819 MiniDVテープ(デジタル・ビデオ・カセットテープ)を100円ショップで買ってきたケース(10個収容可能)に入れて整理しています。

ほぼぴったりのサイズなので、蓋を閉めるとあまりスペースが空かないのですが、このケースの中にシリカゲルなど、テープを良い状態で保存する上で少しでも有意義なものを一緒に入れていたいと思っています。
特にカビに対しては注意しておいたほうがいいと思うのですが、他にも何か注意したほうがいいもの、それを防ぐために一緒にケース内に入れておいたほうがいいものがあれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/04 00:40:22
  • 終了:2007/01/07 03:05:16

ベストアンサー

id:V99 No.2

V99回答回数80ベストアンサー獲得回数92007/01/04 01:33:47

ポイント42pt

http://homepage2.nifty.com/osiete/s452.htm

ビデオテープの基本的な保存方法は、常温、低湿度の場所に、立てて保存するのが最適だと思います。また急激な温度変化は、結露の原因になったりしますので、ぜひ避けたいところです。また、ビデオテープを裸で保存するのではなく、しっかりケースに入れて、更に、ビデオラックに収納するなどして、チリ、ほこりからビデをテープを守ることも必要です。周りの磁気も厳禁です。画質の劣化につながります。ビデオラック、テレビラックなどのマグネットラッチや、ホームオーディオなどのスピーカーにも注意が必要です。ここで、一つ気をつけないといけないのは、低温、低湿度ということで、冷蔵庫に保存しようとする場合ですが、これは、取り出したときに、先にも書いた、急激な温度変化が起こり、結露の原因となるため、お勧めできません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=...

ビデオテープの保存方法として、一番良いのは専用のラックに立てておくことです。

そして、年に1回くらいテープの転写を防ぐ為、反対のリールに早送りか巻き戻しをします。

(カビの防止にもなると思います)

悪い保存方法は、風通しの良くない箱などに入れておくことです。


風通しを重視するのは、湿気がこもらない様にするためです。

100円ショップの「Mini DV Case」(見たところダイソーっぽいですね?)は私の知っている範囲では、この手の商品はすき間が結構有って風通しは良さそうです。

風通しが良いと空気はこもらないのですが、シリカゲルなどの除湿剤には大迷惑かも知れません。

次々と新しい空気が入ってきて少なからずとも新しい湿気を運んでくるからです。


そこで、余り頻繁にケースを開け閉めしないのなら、除湿剤の効果を持続させるために「サランラップ」でケース自体を包んで密閉してしまいましょう。クレラップなどの素材の違うラップでは密閉度が低いので、時間が経つとすき間ができます。すき間からは湿気が入ってくるでしょう。

ケースを開け閉めする頻度が多そうなものなら、「ジップロック」などのジッパー(=チャック、ファスナー)付きの密閉袋にケースを入れてしまうと似た効果が得られると思います。

サランラップもジップロックも食品の臭いすら遮断してしまう位に強力です。当然、ほこりはもちろん、湿気の入る余地は殆どありません。シリカゲルも長持ちします。

ケース内に入れるものではありませんし、見た目が悪くなりますが、ビデオテープの安定した保存には必ず役に立つと思います。


あとは念を入れて湿気の少ない場所で磁気の影響を受けないところを保存場所にすれば、除湿剤の交換とサランラップやジップロックの密閉度のチェックを適宜(多分、3~6ヶ月に1回程度で済むと思います)、リールの巻き替えを年1回程度行えば、テープそのものも画像も大丈夫でしょう。

id:DENT

詳しい説明をどうもありがとうございます。

これで充分という気もしますが、他にも意見があるかもしれないので、もう少し回答募集します。

2007/01/04 01:47:12

その他の回答(1件)

id:sadajo No.1

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/01/04 00:50:04

ポイント28pt

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa864036.html

>テープの保存方法

id:V99 No.2

V99回答回数80ベストアンサー獲得回数92007/01/04 01:33:47ここでベストアンサー

ポイント42pt

http://homepage2.nifty.com/osiete/s452.htm

ビデオテープの基本的な保存方法は、常温、低湿度の場所に、立てて保存するのが最適だと思います。また急激な温度変化は、結露の原因になったりしますので、ぜひ避けたいところです。また、ビデオテープを裸で保存するのではなく、しっかりケースに入れて、更に、ビデオラックに収納するなどして、チリ、ほこりからビデをテープを守ることも必要です。周りの磁気も厳禁です。画質の劣化につながります。ビデオラック、テレビラックなどのマグネットラッチや、ホームオーディオなどのスピーカーにも注意が必要です。ここで、一つ気をつけないといけないのは、低温、低湿度ということで、冷蔵庫に保存しようとする場合ですが、これは、取り出したときに、先にも書いた、急激な温度変化が起こり、結露の原因となるため、お勧めできません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=...

ビデオテープの保存方法として、一番良いのは専用のラックに立てておくことです。

そして、年に1回くらいテープの転写を防ぐ為、反対のリールに早送りか巻き戻しをします。

(カビの防止にもなると思います)

悪い保存方法は、風通しの良くない箱などに入れておくことです。


風通しを重視するのは、湿気がこもらない様にするためです。

100円ショップの「Mini DV Case」(見たところダイソーっぽいですね?)は私の知っている範囲では、この手の商品はすき間が結構有って風通しは良さそうです。

風通しが良いと空気はこもらないのですが、シリカゲルなどの除湿剤には大迷惑かも知れません。

次々と新しい空気が入ってきて少なからずとも新しい湿気を運んでくるからです。


そこで、余り頻繁にケースを開け閉めしないのなら、除湿剤の効果を持続させるために「サランラップ」でケース自体を包んで密閉してしまいましょう。クレラップなどの素材の違うラップでは密閉度が低いので、時間が経つとすき間ができます。すき間からは湿気が入ってくるでしょう。

ケースを開け閉めする頻度が多そうなものなら、「ジップロック」などのジッパー(=チャック、ファスナー)付きの密閉袋にケースを入れてしまうと似た効果が得られると思います。

サランラップもジップロックも食品の臭いすら遮断してしまう位に強力です。当然、ほこりはもちろん、湿気の入る余地は殆どありません。シリカゲルも長持ちします。

ケース内に入れるものではありませんし、見た目が悪くなりますが、ビデオテープの安定した保存には必ず役に立つと思います。


あとは念を入れて湿気の少ない場所で磁気の影響を受けないところを保存場所にすれば、除湿剤の交換とサランラップやジップロックの密閉度のチェックを適宜(多分、3~6ヶ月に1回程度で済むと思います)、リールの巻き替えを年1回程度行えば、テープそのものも画像も大丈夫でしょう。

id:DENT

詳しい説明をどうもありがとうございます。

これで充分という気もしますが、他にも意見があるかもしれないので、もう少し回答募集します。

2007/01/04 01:47:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません