筒井康隆の短編で


・生まれた子供が神だった
・ラストにその子供が消滅する

上記の条件をみたすもののタイトルと収録本のタイトル。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/06 22:24:33
  • 終了:2007/01/09 23:04:39

ベストアンサー

id:rikuzai No.1

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412007/01/08 18:21:03

ポイント60pt

馬は土曜に蒼ざめる (集英社文庫 79-A)

馬は土曜に蒼ざめる (集英社文庫 79-A)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

質問文の条件ですと、

↑に収録されている「息子は神様」という短編が一番近いと思うのですが。

ただし、最後「子ども」が消えてしまうのではなく、

子どもの「光背」が消えて、神様ではなくなるというオチです。

id:ier135

これだー!!

rikuzaiさんほんとうにありがとう!!

2007/01/09 23:03:59

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません