【LINUXのファイル整理法】

FedoraCore3を使ってずいぶんたちますが、ディレクトリ構造の意味が未だにわからない初心者です。
インストール時やパス設定時に、ディレクトリのことを把握できていないので苦労しています。
みなさまはどのように、ファイル管理をしているかを知りたいので、①②にお答えください。

①root直下のディレクトリ(下に十数挙げました)の意味を教えてください。
②さらに以下の3種類のファイルを置くディレクトリの場所・その理由を教えてくださいませんか?
・rubyなどをインストールするディレクトリ
・httpで公開するディレクトリ
・設定ファイルを集めておくディレクトリ?
パスを通すから管理者の自由なのでしょうか。その辺もあやふやです。


ちなみに、現在のrootはこのような構成になっています
bin
boot
dev
etc
home
initrd
lib
lost+found
media
misc
mnt
opt
proc
root
sbin
selinux
srv
sys
tmp
usr
var

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/07 00:11:03
  • 終了:2007/01/07 02:33:45

回答(4件)

id:kensankensan No.1

kensankensan回答回数34ベストアンサー獲得回数12007/01/07 00:50:15

ポイント13pt

私の得意分野ですので②の

・httpで公開するディレクトリ

だけに返答させていただきます。(汗)

 

http(apache)で公開するディレクトリは、基本的には自由です。設定ファイル(httpd.conf)の

中で自由に設定することが出来ます。

ただ、RPMでapacheをインストールした場合はデフォルトが /var/www/html/ になり、

ソースからapacheをインストールした場合にはデフォルトが /usr/local/apache/htdocs/

になります。

 

あとは、、、

設定ファイルは基本的に /etc 配下に配置されることが多いですが、原則的にそうだと言うだけで

必ずそうだというわけではないようです。

id:yshkw

ありがとうございます。

tomcatやmysqlなどのインストールディレクトリは基本的にどこになるのでしょう?

2007/01/07 01:22:23
id:tezcello No.2

tezcello回答回数460ベストアンサー獲得回数692007/01/07 01:37:13

ポイント32pt

1.

http://pocketstudio.jp/linux/?cmd=read&page=FHS%2F3.%20root%...

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/theory02/theory02a.html

適当に使っているのではなく、一応の目安があるようです。

miscとは miscellaneous の略で「雑多な」という意味

selinux とは Security-Enhanced Linux に関するファイルが納められているのでしょう。


2.

自分で勝手にインストールする先は、/usr/local だったと思います。

FC では yum だったと思いましたが、ディストリビューションによって用意されているパッケージ管理システムをつかうのなら、それぞれ適切に配置して利用しやすい様にしてくれているので自分で決める必要は無いですね。

設定ファイルは、自分でコンパイルするのなら自由に決めれば良いのでしょうが、一般的に /etc にありますね。

これらもみなFHSに規定されているみたいです。

http で公開するディレクトリは、httpd.conf で設定出来るので別にどこでもかまいません。ただし、全然脈絡のないディレクトリにしてしまうと、~ を使っていくつかのユーザ毎に別のページを割り当てるような使い方(これがすごく一般的に使われていますよね)をするのは難しい(不可能な場合もある)でしょう。httpd が想定しているような使い方をしてあげないとダメな訳ですね。

id:yshkw

標準規格FHSを知りませんでした。目からウロコです。

リンク先も参考になりました。ありがとうございました。

2007/01/07 02:27:32
id:ymlab No.3

ymlab回答回数508ベストアンサー獲得回数342007/01/07 01:42:32

ポイント27pt

私は得意分野ではありませんが・・・。

1については、

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/theory02/theory02a.html

が参考になるかも知れません。

bin 基本コマンド

boot 起動に必要なファイル

dev デバイス。マウントするときに使います。

etc 設定ファイル

home ホームディレクトリ

initrd 私のディトリビューションにはありませんが、初期起動ではないでしょうか。

lib ライブラリ

lost+found わかりません。

media CDROMとかです。Vine Linuxは/mnt/cdromとしますが。

misc

mnt マウント用

opt 追加アプリケーション。でもここに入れたことないです。

proc プロセス情報

root スーパーユーザーのホームディレクトリ

sbin スーパーユーザーしか実行できない

selinux セキュア環境

srv わかりません。

sys システム

tmp 一時的なもの

usr いろんなソフトを入れる

var variantなデータ。RedHat系でしたらここにhttpdのDocumentROOTを入れていたような。

・rubyなどをインストールするディレクトリ

私は/usr/local/bin

/usr/bin

か悩むところです。

です。でもシンボリックリンクをはればすむと思います。

・httpで公開するディレクトリ

私は、~ユーザー/public_html

にしています。これは、Apacheのhttpd.confで設定できますよ。

・設定ファイルを集めておくディレクトリ?

大概/etcが一般的らしいですが、自分で作った簡単なものでしたらそのままソフトの隣においています。基本的に設定ファイルをいじるときには、/etcを探しますが、自分で作ったものをわざわざ/etcには入れません。

mysql等、大体インストール時に一緒に入れちゃっていますが・・。

apt-get install mysqlとかすると自動に指定してくれると思います。Fedora だと、yum install [[ソフトウェア名]]だったかな。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/mysql01/mysql01b.html

にインストールする場所の例が書いてあります。

id:yshkw

いろいろご自身のやり方が参考になります

書き出してくださってわかりやすかったです

2007/01/07 02:30:51
id:kensankensan No.4

kensankensan回答回数34ベストアンサー獲得回数12007/01/07 02:13:29

ポイント18pt

1の回答をしたものです。

普遍的な回答と呼べるかどうか分かりませんが

tomcatは私はソースでインストールしましたが、 /usr/local/tomcat/ 配下にインストールされて

いるようです。すいません、私も手探りで調べながらやった記憶があるだけで、頭の中で体系化

されてもいませんし、うまく答えられないです。

 

mysqlは私はRPMでインストールしましたが、RPMの場合複数のディレクトリに散らばってしまいます。

例えばデーモンファイルは起動スクリプトを見たところ /usr/bin/safe_mysqld にありますが設定

ファイルは違うディレクトリにあるでしょうし、、

簡単なのはRPMファイルを入手し、そのファイルに対して

# rpm -qlp MySQL-<version>

のコマンドを打てばインストール前にデフォルトのインストール先を知ることが出来ます(はずです)。

 

ソースからインストールする場合は、どうやら /usr/local/ 配下に入るのが一般的なようです。

id:yshkw

ほかの方のおっしゃるとおりなら

/usr/local/tomcat/

でよいみたいですね。

インストール先を探す方法、知りたいと思っていたので満足しました。

ありがとうございました。締め切ります

2007/01/07 02:32:40

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません