生保の標準生命表が改訂になるそうですが、保険料や配当への影響はどうなるのか調べてください。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/01/08 19:21:31
  • 終了:2007/01/15 19:25:21

回答(2件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/01/08 20:30:25

ポイント35pt

終身の個人年金等は保険料があがるかもしれませんが、各社の方針があるので、しばらくは変わらないという見方もあります。

配当に関しては、影響がない可能性が高いです。

ここしばらくで加入する予定があるなら、各社が方針を変える前に加入するのが良いかもしれません。

http://www.td-holdings.co.jp/ir/event/html/qa/h_060907_qa.html

http://blog.mag2.com/m/log/0000122032/rss10.xml

http://zeiri.shigyo.info/komori/?mon=2006/11&PHPSESSID=40b9d...

本も出ているようなので、お金のリスク(2006 vol.1) 「標準生命表」改訂の大影響度 出版社: 生活と経済 ページ数: 67p 発行年月: 2006年12月

もしよければ読んでみるとよいと思います。


id:sadajo No.2

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/01/08 21:15:59

ポイント35pt

http://www.td-holdings.co.jp/ir/event/html/qa/h_061121_qa.html

>一般論で言えば、今回の標準生命表の改訂により、死亡保障については保険料が下がり、年金や第3分野については保険料が上がるという効果がある。したがって、生保会社にとっては、その上下の組み合わせをどうするかがポイントになる。また、顧客を誤誘導しないよう、商品の種類や売り方、話法などについてマニュアル化するなど厳密に対応していかないと、コンプライアンス上の問題が発生する可能性もある。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません