電子カルテに関する意識調査


★必ずお読み下さい★

このアンケートは、電子カルテ導入に対する意識調査を行うために実施するものです。
調査対象は、20歳以上、1年以内に病院で診察を受けた方です。
また、電子カルテについて全くご存知ない方は回答をご遠慮下さい。

☆回答条件☆
1.ポイント取得のみを目的にしている方の回答はご遠慮願います。
2.1年以内に病院へ通院した方のみ回答をお願いいたします。

以上のことをふまえ、以下のアンケートにお答えください。

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2007/01/16 18:40:44
  • 終了:2007/01/16 21:17:17

回答(300 / 300件)

Q01医療に従事している(医師・看護士等)或いは電子カルテの開発に関わったことはありますか? (択一)

医療従事者である62
関わったことはない、全くの一般人である230
開発に関わったことがある8
合計300

Q02電子カルテの「メリット」と言われるものに以下のようなものがあります。あなたが「有益」だと思われる項目にチェックをつけてください。(複数選択)

受診後にインターネット上で自分の診察情報を見ることが可能になる160
診療情報の改ざん(文書の字句などを書き直してしまうこと)等の不正に対して強固である81
他の病院に行く場合にも、そこの医師に診療情報を提供でき、スムーズな診療が可能となる181
診察情報を永続的に保存でき、診察情報が破棄されることがない83
病院管理、経営分析、臨床医学研究などに利用できる47
受付・調薬・会計までの待ち時間が減る133
診察時に自分の診察情報を視覚的に見ることができ、診療内容がわかりやすくなる108
診察情報を媒体(CD-ROMやフラッシュメモリ等)の形で携帯できる70
診療の会計が明瞭になる123
合計300

Q03電子カルテの「デメリット」と言われるものに以下のようなものがあります。あなたが「懸念を抱く」と思われる項目にチェックをつけてください。(複数選択)

個人情報が漏れてしまう可能性が少なからず存在する200
改ざんされてしまう可能性が少なからず存在する148
自分の診療情報が、同じ病院の他の医師に安易に閲覧されてしまう可能性がある94
病院管理、経営分析、臨床医学研究など、診察以外の目的に使用できる88
システム故障によってデータが紛失してしまう可能性が少なからず存在する165
医師が不慣れな場合、電子カルテの記入に時間がかかる107
医師がパソコンの画面に集中するので、自分の顔を見てくれる時間が減る57
医師がパソコンに集中するので、雑談をしにくくなる68
合計300

Q04Q02. Q03.の設問のようなメリット・デメリットが考えられる電子カルテを使うことによって、あなたに対するメリット・デメリット、どちらの方が大きいと思われますか? (択一)

メリットの方が大きい50
どちらかといえばメリットの方が大きい103
どちらも同程度71
どちらかといえばデメリットの方が大きい29
デメリットの方が大きい47
合計300

Q05以上のようなメリット・デメリットが考えられる電子カルテの導入されている病院が、病院を選択する理由となりますか? (択一)

選択する理由となる81
選択する理由とならない157
わからない62
合計300

集計

×
  • id:fuk00346jp
    Q03
    設問不足でしょうね。
    当方はデメリット無しと考えます。
     
    バックアップ(プリントアウト含む)してるでしょうし、「医師がパソコンの画面に集中」も紙カルテでも言える事ですしドイツ語表記、略記よりましかと^^;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません