ホームページをお持ちの方にお尋ねします。ホームページを開設するに当たり、このことはよく考えたり、気をつけたりした方がいいよ、というアドバイスがありましたら、お願いします。いま、自分がイメージしているのは、自分のことは匿名で、コラムなどを書いていきたいと思っています。あまり、プライベートはさらさずに、でも、自分の思いを書きたいと思います。ホームページビルダーを購入する予定でいます。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/17 19:30:43
  • 終了:2007/01/17 20:24:24

ベストアンサー

id:chaobun No.5

chaobun回答回数38ベストアンサー獲得回数62007/01/17 19:56:36

ポイント30pt

ホームページを作るにあたって、自分が注意していることは

  • コンセプトをしっかり決める
  • コンテンツを本当にやりたいことに絞る
  • (上に関連して)出来ることをやるのではなく、本当にやりたくて続けられることだけをやる

といったところが挙げられます。これは、特に匿名で、Offlineの知人への宣伝をしない場合、HPの宣伝をする上で非常に大事です。

適切な場所でHPを宣伝しないと、中々訪問者は増えていきません。


でも、もっと大切なのはホームページを運営するモチベーションを保ち続けることです。

このために大切なのは、できるだけ、訪問者を増やし、そのレスポンスを得ることだと思っています。

訪問者に繰り返し訪れてもらうためには

  • 頻繁な更新
  • 素材等を配布する等、実用的なコンテンツ

のどちらかが不可欠だと思います。質問者さんの場合、前者ですね。

レスポンスは、アクセスカウンターを設置するという方法がありますが、やはり、訪問者からの能動的なアクションはずっと励みになります。

なので、コメントを付けやすいように工夫する、Web拍手を設置するなど受け皿を広くしておくことが大事だと思います。

あとは、考え方として、気長にやる、読者が知らない人にコメントを返すには大変なエネルギーがいるということを肝に銘じて、自分の記事への反響に過度な期待はせず、感謝の気持ちを忘れないことが、初心を忘れず、モチベーションを維持する上で非常に大切なことだと思います。

HP制作、頑張ってください!!

id:aoi_ringo

あたたかい言葉、ありがとうございました。実は、はてなダイアリーとかも考えているのですが、できれば、責任を持ったページを持ちたいと考えました。特に最後のあたりの記述はとても励みになります。「自分の気持ちを誰かに伝えたい」という気持ちを大切にしたいと思います。

2007/01/17 20:04:05

その他の回答(9件)

id:arhbwastrh No.1

arhbwastrh回答回数447ベストアンサー獲得回数232007/01/17 19:41:31

ポイント15pt

・人や物、会社などを中傷する内容を書かないようにする

・下書き後、必ず内容を読み返してからアップする


例え批判、中傷しているつもりでなくとも、読み手によってはそのように捕らえられてしまう場合もあります。

なので、必ず読み返して問題ないか確認してからアップしたほうが良いかと思います。

id:aoi_ringo

そうですよね。いわゆる炎上などがあるらしいので気をつけたいと思います。いくら匿名であっても責任をもたないといけないですね。

2007/01/17 19:54:22
id:komorebi No.2

komorebi回答回数133ベストアンサー獲得回数82007/01/17 19:43:33

ポイント15pt

匿名であることは問題はないです。

代わりにニックネームにあたる"ハンドルネーム"で運営している人もいます。

ただ運営するに当たっては、"ネチケット"と呼ばれるものが

暗黙の了解として以前からありますから、それに反しないようにはした方がいいかもしれませんね。

» ネチケット - Wikipedia

id:aoi_ringo

基本的なことですが、大切ですね。

2007/01/17 19:57:15
id:hirotow No.3

hirotow回答回数131ベストアンサー獲得回数102007/01/17 19:50:21

ポイント15pt

そういった目的であればホームページを一から作るより、はてなダイアリーなどのブログを使用した方が、RSS配信やコメントなどの機能も使用できるし楽です。

階層化が必要など特別な理由がある場合は別ですが…

id:aoi_ringo

そうですね。ダイアリーも考えています。それが軌道に乗ったら、ホームページもいいかもしれません。ありがとうございました。

2007/01/17 19:59:05
id:la_metafisica No.4

la_metafisica回答回数43ベストアンサー獲得回数22007/01/17 19:53:41

ポイント15pt

連絡を取るために自分のメールを mailto:〜 などとhtmlで書き込んだりしますが、spam mail業者がrobotみたいなクローラーで探し出すのか、頻繁に spam mail が届くようになりました。

なもので、連絡を取るためのメールなどは、cgiを使ったフォーム形式にするか、jpgなど画像ファイルとしてホームページ上に記載するかされた方がよいと思います。フォーム・メーラーはたくさんのcgiサイトに、フリーで配布しておりますので、ぴったりのものを選ばれると良いと思います。

参考のために配布しているサイトをいくつか紹介しておきます。

http://happy.honesto.net/cgi/download/formmail.html

http://www.core-p.com/cgi-search/search/search.cgi?cmd=s&sc=...

http://apps.cside.com/

http://www.kent-web.com/

id:aoi_ringo

ありがとうございました。メールアドレスを公開するのは迷いますね。

2007/01/17 20:00:29
id:chaobun No.5

chaobun回答回数38ベストアンサー獲得回数62007/01/17 19:56:36ここでベストアンサー

ポイント30pt

ホームページを作るにあたって、自分が注意していることは

  • コンセプトをしっかり決める
  • コンテンツを本当にやりたいことに絞る
  • (上に関連して)出来ることをやるのではなく、本当にやりたくて続けられることだけをやる

といったところが挙げられます。これは、特に匿名で、Offlineの知人への宣伝をしない場合、HPの宣伝をする上で非常に大事です。

適切な場所でHPを宣伝しないと、中々訪問者は増えていきません。


でも、もっと大切なのはホームページを運営するモチベーションを保ち続けることです。

このために大切なのは、できるだけ、訪問者を増やし、そのレスポンスを得ることだと思っています。

訪問者に繰り返し訪れてもらうためには

  • 頻繁な更新
  • 素材等を配布する等、実用的なコンテンツ

のどちらかが不可欠だと思います。質問者さんの場合、前者ですね。

レスポンスは、アクセスカウンターを設置するという方法がありますが、やはり、訪問者からの能動的なアクションはずっと励みになります。

なので、コメントを付けやすいように工夫する、Web拍手を設置するなど受け皿を広くしておくことが大事だと思います。

あとは、考え方として、気長にやる、読者が知らない人にコメントを返すには大変なエネルギーがいるということを肝に銘じて、自分の記事への反響に過度な期待はせず、感謝の気持ちを忘れないことが、初心を忘れず、モチベーションを維持する上で非常に大切なことだと思います。

HP制作、頑張ってください!!

id:aoi_ringo

あたたかい言葉、ありがとうございました。実は、はてなダイアリーとかも考えているのですが、できれば、責任を持ったページを持ちたいと考えました。特に最後のあたりの記述はとても励みになります。「自分の気持ちを誰かに伝えたい」という気持ちを大切にしたいと思います。

2007/01/17 20:04:05
id:tsukisimahana No.6

tsukisimahana回答回数16ベストアンサー獲得回数02007/01/17 19:58:15

ポイント15pt

プライベート的な事はあまりださない方がいいのと、HPはいろんな知らない人が見に来ると言う事を忘れずに

id:aoi_ringo

そうですよね。短い言葉ですが、ためになりました。

2007/01/17 20:05:29
id:ekzywpozd No.7

ekzywpozd回答回数570ベストアンサー獲得回数182007/01/17 20:01:13

id:aoi_ringo

参考になりました。ありがとうございました。

2007/01/17 20:08:51
id:ashinob No.8

ashinob回答回数72ベストアンサー獲得回数12007/01/17 20:01:16

ポイント15pt

ホームページの主旨に合わせた構成を考えます。

例えば情報交換系なら、多くの人が訪れてほしいし、分かりやすいメニューが必要です。

ブログや日々の日記なら自己主張が中心なので、余り多くの人が訪れないでしょう。そんなときは思いっきり好きな構成にできますね。壁紙の色やアイコンの配置など。それが個性ですからね。


いずれにも共通することは、誹謗中傷・著作権違反は絶対しないこと。

誤字脱字も恥ずかしいので、公開する前に読み返し、公開したあともう一度読み返します。


あと中途半端に掲示板を設置しない方がいいと思います。

訪問者が少ないと管理が寂しくなりますし、広告投稿の削除に終われるだけですから。

id:aoi_ringo

そうですね。掲示板はやめようかなと思います。ありがとうございました。

2007/01/17 20:10:15
id:yoshigyu1318 No.9

yoshigyu1318回答回数171ベストアンサー獲得回数72007/01/17 20:05:23

ポイント15pt

写真をむやみに載せないことだと思います。

肖像権やらいろいろとありますので

http://q.hatena.ne.jp/1168396004

参考にしてください。

id:aoi_ringo

なかなかむずかしいですね。はてなダイアリーで練習しようかな・・という気持ちに傾いてきました。

2007/01/17 20:11:55
id:inthegroove No.10

inthegroove回答回数768ベストアンサー獲得回数62007/01/17 20:11:24

ポイント15pt

私もそういった感じのHPをやっておりますが(現在は多少サボり気味)、読み手の事をあまり考えずに(悪い意味ではなく)やる方がいいですね。

こういったのはウケたからさらにとか、こういうのはウケないからあまり書かないでおこうとか考えると、あまりいいコラムは書けなくなります。

あと、前の解答にもありましたが、ある程度コンセプトを決める事ですね。

あれもこれもとコンテンツを増やしたりすると長続きしない気がします。

id:aoi_ringo

そうですね。なかなかむずかしいことが分かってきました。ダイアリーから始めるかもしれません。

2007/01/17 20:13:37
  • id:todo_todo
    終わってしまったのでコメントで
    [http://type99.net/2003/04/4.html:title]
    ・メールアドレスは画像にするという手もあります。
    <br>
    ・ニックネームを付けるなら検索エンジンで検索したときに
    検索されやすいニックネームを付けるとよいと思います。
    せっかくニックネームで検索しても、ありふれた名称だとなかなか
    たどりつけずあきらめられてしまう場合があるからです。
    <br>
    ・見た目は重要です。画像など不要な感じの内容であっても
    長文テキストばかりではなかなか読んでもらえません。
    画像を使わないとしても、改行や1行の文字数の設定などで
    空白が多くなるようにするとよいでしょう。
    <br>
    ・自分のHPにリンク集のページを作成すると共に、
    他のHPオーナーに依頼して、相互リンクを張ってもらうと
    参照数を増やすために役立ちます。
    <br>
    以上です
  • id:tamtam3
    気楽にやるのが一番ですよ

    HP作ってがっかりするのが、人がなかなか来ない事
    で みんな6ヶ月ぐらいで飽きてしまう

    でも、リンクが張られだすのがそれぐらいだったりします
    あまり人まねでないものを、
    じっくり出して行くのが良いのでは

    オリジナルコンテンツだと、人もいっぱい来ます
  • id:masyuta
    こんにちわ。

    「コラムを書きたい」「サイトで公開する」という事ですので、ビジター(訪問者)確保も期待の1つだと思われます。
    これから「HPB」を購入予定ということから、比較的初心者と推察して申し上げますが、ずばり
     
    「Blogから、始めよう」です。
     
    コラムというコンテンツの性質上、凝ったサイト構造やマルチメディアもほとんど必要無いと思われますし、ビジター確保の為には、通常のホームページ(いわゆるHTML階層ページで構成されている)より、静的なブログが優位です。
     
    また、始めるにしても更新するにしても作業効率が良いBlogをお奨めします。
     
    Blogはほとんどの場合、無料で利用でき匿名性も一般的なレベルで確保できますので、まずは始めてみては如何でしょうか?慣れてきたらその後で、HTML・Xoops・MT・WIKI・Wordpress・NCなどから自分にあったものを探される事も良いかと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません