個人で株をやっておりましたが、日経225関連のデリバティブにも手を出そうと思います。こういう場合何を取引すれば良いのかWikiなどで勉強したところ、「オプション」と「先物」があることを知りました。そして「日経225mini」などがあるところを見ると、こういった場合は皆「オプション」をやるのだろうという所までたどりついたのですが、なぜ皆さん先物ではなくオプションなのか、わかりません。あるいは、「皆オプションを選ぶ」という認識自体が間違えているのでしょうか。どなたかお教え下さい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/18 19:09:08
  • 終了:2007/01/19 01:19:59

ベストアンサー

id:luxon No.4

luxon回答回数69ベストアンサー獲得回数32007/01/18 23:00:14

ポイント100pt

なぜみんな先物をやるのか?というご質問ということですね。


オプションの価格がどのように決まるかについては、ちょっと検索するとたくさん見つかるので、そちらをご覧いただくとして、それらを読むと、

・オプションの価格は大きく変動することがある(underlying銘柄=225先物の変動に合わせて、すぐに2倍、3倍になることもある)

・ずっと持っていると、いつか無価値になる(time valueの話)

ことがわかります。

そのため、

・売り、中でもネイキッドの売りはかなり危険

・じゃあ買ってればいいかというと、売りタイミングを逃して結局ゼロになるというのが素人のやりがちなパターン(プロはリスク管理をしながら売りで儲けることが多い)


つまり、オプションの方が難しいわけです(大ざっぱに多少正確さを欠く説明になっていると思いますが、まぁそんな感じ・・・)。

ただし、先物は現在の価格水準で40倍ぐらい(証券会社による)のレバレッジ率なので、たとえminiでもノンビリ構えていると血を見ると思います。ちなみに制限値幅は3000円(17,500円を超えると4000円)です。

損失限定という意味ではオプションの買いがいちばん安全ですが、売買の技術が確立している方は先物に向かうのではないでしょうか。

お互い、がんばりましょう^^

id:crashtruck2

素晴らしいご回答ありがとうございました! まさに私が求めていた情報です。よく勉強いたします。ぜひまたお教え下さい。

2007/01/19 01:18:37

その他の回答(3件)

id:falcosapiens No.1

falcosapiens回答回数126ベストアンサー獲得回数132007/01/18 19:30:37

ポイント23pt

オプションの意味については

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%D7%A5%B7%A5%E7%A5%F3

を参照してください。

日経先物や商品先物の「先物」はオプションの一種です。

http://nikkei-225.com/future.html

id:crashtruck2

質問文を間違えてしまいました。失礼しました。

2007/01/18 22:14:13
id:sin3364 No.2

sin3364回答回数967ベストアンサー獲得回数492007/01/18 19:51:11

ポイント23pt

日経225miniは株価指数先物取引ですよ。

日経225miniは日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で,(1)将来の特定の日に(2)日経平均株価(日経225)の100倍を(3)現時点で取り決めた値段(約定値段)で売買することを約束する取引です。

株式投資のように売買代金を支払うのではなく,証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで取引ができるので,少ない資金で比較的大きな取引ができるという特徴があります。また,取引対象が日々のニュースで伝えられる日経平均株価(日経225)ですので,初めての投資家でも親しみやすく参加できます。

大阪証券取引所

http://www.ose.or.jp/futures/225mini/

小額で個人がやる場合、先物かオプションか、などは考えていないでしょう。ただ、やりやすい取引対象が日経225miniくらいなだけなのではないですか。

id:crashtruck2

そうです、一時的に「オプション」と「先物」を逆に考えてしまいました。失礼しました。

2007/01/18 22:15:09
id:gettoblaster No.3

gettoblaster回答回数290ベストアンサー獲得回数142007/01/18 21:05:56

ポイント49pt

出来高も建玉もオプションより先物の方が多いんじゃないですか?

僕は先物の方がメジャーだと思います。

オプションよりも先物の方が流動性が高い分、デイトレの人にも小さいサヤを抜きやすいし、現物ポートフォリオのヘッジ用途にも使いやすいからではないでしょうか?あと、わかりやすいからというのもあるでしょう。

オプション好きな人も、先物と組み合わせた合成ポジション作ることが多いでしょうし。

オプションやるなら、ちゃんと勉強して、上がる、下がるではなく、「ボラティリティ」に賭ける概念を理解して挑戦することをおすすめします。そうしないと、あまり意味がないような気もします。

id:crashtruck2

なるほど。ボラティリティがキーポイントという点、覚えておきたく思います。

2007/01/19 01:16:30
id:luxon No.4

luxon回答回数69ベストアンサー獲得回数32007/01/18 23:00:14ここでベストアンサー

ポイント100pt

なぜみんな先物をやるのか?というご質問ということですね。


オプションの価格がどのように決まるかについては、ちょっと検索するとたくさん見つかるので、そちらをご覧いただくとして、それらを読むと、

・オプションの価格は大きく変動することがある(underlying銘柄=225先物の変動に合わせて、すぐに2倍、3倍になることもある)

・ずっと持っていると、いつか無価値になる(time valueの話)

ことがわかります。

そのため、

・売り、中でもネイキッドの売りはかなり危険

・じゃあ買ってればいいかというと、売りタイミングを逃して結局ゼロになるというのが素人のやりがちなパターン(プロはリスク管理をしながら売りで儲けることが多い)


つまり、オプションの方が難しいわけです(大ざっぱに多少正確さを欠く説明になっていると思いますが、まぁそんな感じ・・・)。

ただし、先物は現在の価格水準で40倍ぐらい(証券会社による)のレバレッジ率なので、たとえminiでもノンビリ構えていると血を見ると思います。ちなみに制限値幅は3000円(17,500円を超えると4000円)です。

損失限定という意味ではオプションの買いがいちばん安全ですが、売買の技術が確立している方は先物に向かうのではないでしょうか。

お互い、がんばりましょう^^

id:crashtruck2

素晴らしいご回答ありがとうございました! まさに私が求めていた情報です。よく勉強いたします。ぜひまたお教え下さい。

2007/01/19 01:18:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません