お尋ねします。

マンションを建築して経営した場合、何年で止めるのがいいのでしょうか?
止めた場合、総建築費の何割で売却可能なのでしょうか?(例えば、20年で止めて、総建築費1億円のものが二千万円で売却可能。)
前提条件で、マンションの定期修繕は行っていることとします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/21 20:10:04
  • 終了:2007/01/28 20:15:03

回答(2件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012007/01/21 21:00:01

ポイント35pt

減価償却費(賃貸目的なので業務用で計算)から考えると

・鉄筋コンクリートで47年

・軽量鉄骨で27年

が一つの目安になるでしょう。

http://www.daikyo.co.jp/e-smart/tax/main/kani/kan_dep.htm

30年で収益の出ないようなものだと生きているうちに利益は出ないかもしれませんし、年月が経てば経つほど経済の動きは読めなくなりますので、15~20年でペイできるような計算はしたほうがよろしいかと思います。その後の10年間が本当の利益と考え実際の売り時を考えたほうがよろしいでしょう。


余談ですが、

個人ではなく会社を立ち上げておいたほうが良いかもしれません。

個人所有物を会社に貸す形にすれば節税できる可能性があります。

id:love_umi No.2

love_umi回答回数3ベストアンサー獲得回数02007/01/22 13:53:40

ポイント35pt

マンションの作り方にも大きく依存するようです。

従来のマンションは、配水管が30年程度で使えなくなってしまい、会計上の耐用年数前に取り壊すケースが多いようです。

最近の工法で、配水管等を住居外に設置し、メンテナンスが実施しやすい方法があります。これでいけば、躯体さえ、しっかりしていれば、建物の寿命をあまり気にする必要はないと思います。

一方で、売却時の値段は、その時の賃貸収入の水準とその継続性によってきまります。

たとえば10部屋のマンションで、家賃10万円で8部屋は埋まっていて、近隣の建物と比較しても当面8部屋が埋まりそうであれば、年間960万円の家賃収入が望め、一方で修繕等で年間300万円を使用、使わない分は積み立てをしているとすると、年間660万円の収入が得られることになります。建物の状態がよければ、利回り15%ぐらいの投資目的として、5千万円ぐらいで売れる可能性があります(土地付で)。もし、土地が別ですと、年間660万円から年間の地代を引いた額に7倍程度かけた値段が売れる価格と考えられるのではないでしょか?

計算方法については、次のURLをご参照

http://nsk-network.co.jp/n-031002.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません