【イエはてな】はてなポッチ2丁目#010


“はてなポッチ2丁目”は、もっと自由にイエを考えよう!を合言葉に、テーマに沿った質問に答えて頂くコーナーです。テーマクエスチョンに「いわし」のコメントで思い思いにお答え下さい。イエはもっと面白くできる、もっとそれぞれの夢と快適があるはず!ここから、自分のイエの理想像をもっとひろげていきませんか?

テーマクエスチョン
「地球のためにいい家、暮らし方」を教えて下さい。

→回答例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070122

※今回の「いわし」ご投稿は25日(木)正午で終了とさせて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:2007/01/22 15:06:15
  • 終了:2007/01/23 21:07:46

回答(166件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
昔ながらの日本家屋 tibitora2007/01/23 07:48:14ポイント2pt

木を基本に作っていた昔の日本の家、わらぶきの家などのほうが、現在のコンクリート、鉄筋を使った家よりも地球には優しいのだろうと思います。取り壊す時が来ても自然に帰っていきますし、木のぬくもりは気持ちが穏やかになります。

長く使える家は理想 booboo_0022007/01/23 14:28:02ポイント1pt

社会構造が農村社会から都市化して、住居が個別化(夫婦と子どもとかの)し、地域の共同作業が激減しちゃったので、昔ながらの日本家屋の存続が維持できなくなっちゃったんです。茅葺の屋根の葺き替えを一回でやろうとすると、実は現在叔父が2年かがりでやっていますが、三千万かかると聞きました。…家1軒が建っちゃいますものね。

かつては、農閑期に持ち回りでお手伝いしてくれる人がいたからできたこと、五箇山では地元の人に加えてボランティアも参加してやっているようですよ。

政府指導で、農業を振興し、核家族から大家族へ家族構成を変えるような政策が打ち出されれば可能になるのでしょうか。何百年も続いた地域の互助慣習が廃れてしまった今、実現するのは難しいでしょうね。便利さに流されないで生きたいとは思うけれど、床暖房があったらいいな相反して思うこの頃です。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません