いわゆる「タグクラウド」の歴史について教えてください。


・タグクラウドの特徴。タグクラウドが生まれた理由
・タグクラウドを初めて作った人/実装したサイト/その時期
・日本にタグクラウドを紹介した(国内サービスのタグクラウド普及に貢献した)人、その発言
・タグクラウドというUIに関する評価と、その変遷

などの情報をお願いします。


以下は一応読みましたので「元祖はFlickrらしい」ぐらいの知識は既にあります。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A5%B0%A5%AF%A5%E9%A5%A6%A5%C9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/28 00:54:31
  • 終了:2007/01/28 08:56:41

回答(3件)

id:pikupiku No.2

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732007/01/28 02:31:16

ポイント40pt

http://marumameko.sblo.jp/article/712503.html

>このブログにはどんなことが書かれているか、たまたまアクセスしてくれた方に一目瞭然にして見せるのがタグクラウドの設置目的である。そしてもし他の記事も読んでもらえるのなら、関心がある記事へいち早く案内するためのものでもあった。

id:phk

それはそのブログのオーナー氏の個人的な考えのようですが。

2007/01/28 08:28:01
id:hamster009 No.3

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502007/01/28 03:36:01

キーワードはむかしから使われていますね。検索エンジンがいまほど強力でなかったころ、たとえば新聞記事の主題をいくつかのワードや小見出しで登録し、それを検索するのが一般でした。図書館の図書目録でも昔から使われています。どアホ。http://end

id:phk

どアホ?

2007/01/28 08:28:20
  • id:phk
    欲しい情報が得られそうにないので終了。
    最低80ポイント割り振らないといけない仕様のようなのでこのように振りましたが満足度とは無関係です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません