会計・税務についてです。

不動産物件を購入した時に、購入にかかる固定資産税・仲介手数料は、物件の取得価額に含めなくてはいけないのですか?含めずに当期の経費とする事は可能でしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/01/29 08:41:23
  • 終了:2007/02/05 08:45:02

回答(4件)

id:takarin473 No.1

takarin473回答回数590ベストアンサー獲得回数132007/01/29 08:52:27

ポイント23pt

http://www.otaru-uc.ac.jp/~makio/chp12/cost.htm

通常有形固定資産を取得した場合、それに伴う付随的な費用は取得価額に含めることになっています。

よって、固定資産税や不動産屋に払った仲介手数料・不動産の登記料なども含まれます。

id:snaruseyahoo No.2

snaruseyahoo回答回数491ベストアンサー獲得回数42007/01/29 09:12:19

ポイント23pt

http://homepage2.nifty.com/kskt/point2.htm

購入にかかる固定資産税、仲介手数料は、取得価格に含めなければいけないというよりも、含めることができる(特に固定資産税については、法人税の計算上、損金の額に算入されます)ということです。この意味合いでは含めずに当期の経費とすることもできますが、その分税金は損します。それにより、当期純利益が減ることとなりましょう。

id:ogaogadottcom No.3

ogaogadottcom回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/01/29 12:26:54

ポイント22pt

http://q.hatena.ne.jp/answer

不動産のうち、土地の取得に際し、支払った固定資産税相当額は、その土地の取得価額に算入することとなり、損金に算入することはできません。

(令54①一、基通7-3-16の2)

それ以外は、上記回答と同じ見解です。

id:hasselbeck No.4

hasselbeck回答回数10ベストアンサー獲得回数12007/01/30 05:10:45

ポイント22pt

税務的にはまず不可能です。

ただし、その期に減価償却で損金算入した中に一部は入っています。


また、その期の内に売却した場合(22条3項1号)や、建物が滅失した場合(22条3項3号)は損金算入できます。


タックスアンサー

以上が税務です。


企業会計的には正当な理由がある場合には取得原価に含めないことができます(連続意見書第三、第一、四、1、但書)。

http://www.mlit.go.jp/road/ir/sisan/4pdf/s2.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません