ブログで誹謗中傷を書かれて困っています。

内容は、私が詐欺行為を行ったというものです。(もちろんそんなことはしていません)
実名が入っているため、私の名前を検索するとそのページがヒットしてしまいます。
書かれたのは1年近く前で、今までずっと無視してきましたが、だんだんと「なんで書かれっぱなしでいなきゃいけないのだ」という風に思えてきました。
訴訟を起こそうかと思っているのですが、発信者情報開示の手続きのめんどくささや、本人が特定できなかった場合のことなどを考えるとどうも二の足を踏んでしまいます。

訴訟を起こすべきなのでしょうか?
起こした場合のメリットデメリットや起こさなかった場合のメリットデメリットなどと合わせて回答していただけると幸いです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2007/02/06 05:46:54
  • 終了:2007/02/13 05:50:03

回答(13件)

id:shimazuyosi30 No.1

shimazuyosi30回答回数1608ベストアンサー獲得回数222007/02/06 05:56:20

ポイント15pt

ブログサービスに対して削除を要求しましたか?

id:darsrock

訴訟を起こすことを考えると、削除依頼をせずに証拠を残しておく方が良いかと思い、しないまま今に至ってます。

2007/02/06 06:02:01
id:ssbi No.2

ssbi回答回数178ベストアンサー獲得回数42007/02/06 06:06:43

ポイント15pt

1年近く経っても悔しい思いをしているのですから、現状がデメリットだけじゃないですか。

過去の質問(というより隣の質問ですが)の最後の回答が参考になるかもしれません。

http://q.hatena.ne.jp/1132595506

id:darsrock

訴訟を起こす手段については、ある程度知っているので大丈夫(なはず)です。

2007/02/06 06:18:44
id:kn1967 No.3

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012007/02/06 06:54:37

ポイント15pt

放置=黙認 という扱いになってしまいますから、まずは貴殿が行動を起こす事が必要です。


同姓同名だと言い返される可能性が無い(貴殿を特定できる情報が含まれている)のであれば、まずはブログサービスに対して対応を開始しましょう。


ブログ提供元に対しての訴訟は貴殿が要求した個人情報の開示や削除等の要求への対応次第となりますので、ブログ提供元に対して内容証明で書き込み者の情報開示と削除要求は行っておくべきでしょう。


ブログ書き込み者に対しては、ブログ提供元の対応後となりますが、精神的・経済的に受けた損害に対する請求額の計算は難しく、また、相手が支払える可能性も判りませんので、そこまでするかどうかは貴殿のお腹立ち具合次第でしょう。

id:pikupiku No.4

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732007/02/06 07:14:23

ポイント15pt

相手がどんな人間か?

ブログサービスが協力するか?



2つが問題ではないですか?

あっさり削除するかも。

id:drill256 No.5

かえる回答回数175ベストアンサー獲得回数72007/02/06 08:41:05

ポイント15pt

 訴訟を起こすと、時間、手間、お金などかかり、勝っても賠償金などは微々たるもので、メリットはないと思ったほうがよいのではないでしょうか?もちろん、相手側に損害を与えることはできるので、それをメリットと感じることが出来るかどうかがポイントです。

 あと、訴訟を起こして万が一負けたりするとデメリットだらけになります。確実に勝てるだけの材料があるかどうかが、まずは訴訟を起こすかどうかの判断基準となるでしょう。

 公の場での誹謗中傷は、たとえ本人がやったことだとしても、名誉毀損になります。ただ、これだけだと、訴訟の主張としては弱い気がしますので、やっていないという確実な証拠があるかどうかが重要だと思います。

 あと、実際の損害です。その記事を読んだ第三者からいやがらせなどを受けたことがあるかどうか。それにより、どれほどの精神的苦痛を受けたかどうかというところです。これがないと損害賠償は請求はできないでしょう。


 訴訟に関しては、一度冷静になって、よく考えてから判断したほうがいいでしょう。

id:Strada No.6

Strada回答回数18ベストアンサー獲得回数12007/02/06 08:52:53

ポイント15pt

実際にそのブログを読まない限りはどの程度の誹謗中傷なのかも判断できません。

それを踏まえて第三者的に状況を聞く限りは、質問者が詐欺行為をした可能性も考慮しなくてはならない事をご了承ください。

さて、訴訟に関してですが、結論から言えば面倒なのでお勧めできません。

例えばそのブログにより「自分の経営する店の売上が落ちた」などの直接的な被害を受けたならば訴訟を起こして損害賠償等を請求する意味もありますが…、精神的な面では例え勝ったとしても満足するような結果(賠償金なり謝罪なり)を得られるとは思えません。

その上でお勧めするのは忘れることです。

こう言っては何ですが、インターネット上では「よくあること」ですよ。

もし、公開されている情報が氏名だけであるならば「同姓同名の他人」と割り切って忘れてしましょう。

ブックマークに登録しているならば消してしまってください。

合わせてブログの管理会社に削除を要請しておきましょう。

ただし、氏名だけではなく住所や顔写真などより詳細な情報が書かれているならば話は少し違います。

どちらかといえば、それを1年近く放置したブログ管理会社の管理の方に問題があるとも言えますので、ブログ管理会社の方へクレームを入れるべきです。

id:fuk00346jp No.7

潮澤 昴回答回数1140ベストアンサー獲得回数542007/02/06 09:04:22

ポイント14pt

訴訟を起こすべきなのでしょうか?

  • 誰の為に起こす訴訟?
  • 削除依頼等の手順すっ飛ばして訴訟して勝てる自身がおありならしたら良いでしょう。

 

  • めんどくさいで済む位なら放置推奨

 

メリット・デメリット位自分でお考え下さい。(訴訟は原則公開である点、敗訴したら費用被る事になる等)

id:kennzi9 No.8

kennzi9回答回数1956ベストアンサー獲得回数92007/02/06 10:01:07

ポイント14pt

起こさないより起こしたほうがいいでしょう。しかし安全性を重視するならば訴訟を起こさずブログを削除したほうがいいと思います。

id:yuushanooka No.9

yuushanooka回答回数45ベストアンサー獲得回数12007/02/06 10:35:33

ポイント14pt

そのブログへコメント・トラバックでの反論はやめておきましょう。裁判の際に不利になる可能性があります。一年も我慢できたなら出来ますよね。訴訟のやり方がわかっているなら、それで良いと思います。ただ、裁判を起こすメリットは社会的に公正な方法で削除や自分への誹謗中傷を辞めさせる事が出来る事、デメリットは、時間とお金と労力を使う事と、相手と実名で顔を合わせてやり合う事です。

訴えないメリットは、時間と労力お金を使わない事と、どちらにせよ人はあまりネット上の情報は鵜呑みにはしませんし、ロム専のかたに人の誹謗中傷・悪口を書いている人を見ると毛嫌いされる方も中には多くいるので、過剰防衛しない被害者というスタンスも悪くはないです。

どちらにせよ、ネットの社会的影響力って全然たいした事ないんですよ。もし、友人に見られた時は「ネット上って汚いねー。」って笑ってやりましょう。心ある人はリアルのあなたを信じると思います。

それで、訴えないデメリットは、泣き寝入りです。

小生も誹謗中傷被害に遭った経験あります。だから、一年も我慢できたあなたを尊敬します。

id:Baku7770 No.11

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812007/02/06 11:28:00

ポイント14pt

 まずはお叱りから。発見し次第、名誉毀損で訴訟起こすなり、警察に被害届を出すなり、削除要求するなりするべきでしたね。プロバイダにもよりますが、アクセスログは消されている可能性が高いです。

 

 放置しておくデメリットは以後実被害が発生しても証拠が消去されている可能性が高くなったことと、知り合いがヒットした時に実被害が発生することになるということです。

 

 社会人として回答しますが、お取引先の方が暇潰しで検索したらどうなるでしょう?私の一家は先祖や家族の名前を検索して結構遊んでいます。お母様やお父様がそう言ったことをすることがあります。

 

 デメリットは手間がかかるという一点だけです。

 

 面倒ですが行動は早くされることを奨めます。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 snaruseyahoo 491 424 4 2007-02-06 13:51:01
2 chintama 28 22 0 2007-02-10 20:59:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません