日本語の文法書を探しています。以下の条件にあてはまる書籍をご紹介ください。


 ・現代日本語の文法書
 ・和書(日本人向け)
 ・大学教養課程レベル
 ・1冊に収まっているもの(シリーズ連冊でないもの)
 ・1冊2000~3000円まで
 ・現在、Amazonで入手可能
 ・定評のある本

GoogleやAmazonでの検索結果を載せるだけのご回答はご遠慮ください。ある程度このような分野に詳しい方、実際にこのような本を読んだことのある方...からのご回答をお待ちしております。

以上、よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/06 13:22:56
  • 終了:2007/02/11 07:48:16

回答(5件)

id:fugou No.1

fugou回答回数137ベストアンサー獲得回数12007/02/06 14:09:09

ポイント30pt

予備校の元国語講師です。

価格は1470円ですが、一冊モノ、入手可能、大学教養課程を全て満たすとなると、以下の一冊かと思います。

あくまで専門課程ではなく教養課程を想定しています。

シンプルに手際よくまとめられている好著です。


国文法の基礎

永山 勇 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E6%96%87%E6%B3%95%E3%81%AE%E5%...

id:Mugicha2004

さっそくのご回答、ありがとうございました。国語講師の経歴をお持ちの方からのアドバイス、助かります。

Amazonの紹介文を拝見しました。良さそうな感じなのですが、古典文法にも触れているとのこと。この部分が個人的には不要なのです。現代日本語のみの文法を知りたく思っています。その意味で、ちょっともったいないような印象を持ちました。

今しばらくご回答を待ちたいと思います。よろしくお願いいたします。

2007/02/06 14:24:29
id:coffeelatte No.2

coffeelatte回答回数78ベストアンサー獲得回数02007/02/06 15:15:22

ポイント40pt

大学で日本語学を専攻していました(国語の教免ももっています)。

かなり古い本ですが、日本語の文法を知るにはこの本は欠かせないと思います。ただし研究書の領域なので、網羅的に知りたいというご要望なら、ちょっと違うかもしれません。

象は鼻が長い―日本文法入門 (三上章著作集)

象は鼻が長い―日本文法入門 (三上章著作集)

  • 作者: 三上 章
  • 出版社/メーカー: くろしお出版
  • メディア: 単行本

id:sadajo No.3

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/02/06 16:58:14

id:Mugicha2004

すみません、「この本がどのように良いのか...」のコメント程度は、ご呈示を願います。よろしくお願いいたします。

2007/02/06 17:02:28
id:namboku No.4

namboku回答回数3ベストアンサー獲得回数02007/02/06 21:59:28

ポイント30pt

 時枝誠記の言語過程説を批判的に発展させた三浦つとむによる日本語文法です。

 

 たとえば、「いる」と「ある」の違いを生物と無生物の違いではなく、対象のとらえ方の違いであるとするなど、興味が持てる内容になっていると思います。

 

 ただし、いわゆる「学校文法」とは全く異なる言語観によるため、最初は理解しにくい面もあるかもしれません。

 (3,000円を超えてしまいますが、良い本だと思いますので、ご了解ください)

 

日本語の文法

三浦つとむ(著)

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%...

id:Mugicha2004

ご紹介、ありがとうございます。文法の世界も、学説や議論がいろいろとあるのですね。興味深いです。


ひとまず今回は、学校文法レベル(ある程度、定説化しているレベル)を網羅している書籍を探しています。レファレンス的な本です。


高校の参考書等では、受験範囲のみの文法しか記載されていないような印象です。そもそも、現代日本語の文法書は、参考書コーナーに置いていないようです。高校では、現代文法が対象外なのかもしれません(中学?)。


せっかくですので、今しばらくご回答を待ちたいと思います。よろしくお願いいたします。

2007/02/08 11:33:03
id:yumizou No.5

yumizou回答回数3ベストアンサー獲得回数02007/02/10 00:38:44

ポイント50pt

大学で日本語学を専攻していました(今も日本語に関連する仕事をしています)。


現代文法は中学の範囲になるので,「文法書」としてまとめられているものをみつけるのはなかなか難しいかと思います。

大学教養課程レベルより少し専門寄りになるかと思いますが,私が大学時代から使っている本を紹介します。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894762447/naoyadyndnso...

日本語の文法 (単行本)

高橋 太郎(著)

¥ 2,520 (税込)


以前は私家版でしたが,単行本化されました。日本語教員養成講座の教材を改訂、書籍化したものになります(内容は日本語話者向け)。


「文法とはなにか」からはじまり,各品詞についても「○○詞とはなにか」からはじまります。平易な文章で例文も多く,わかりやすいと思います。(教養課程レベルと考えると,少し細かすぎるかもしれませんが,定義がしっかりしているので,これ1冊で理解できるかと)

目次のたて方が細かく,索引もあるので,レファレンス的に使うことができます。

id:Mugicha2004

詳細なご回答、ありがとうございます。アドバイス、助かります。Amazonのページも拝見しました。こちらの本が、もっとも私の希望にマッチしそうな印象を受けております。さっそく注文しました。

他の方々のご紹介本も、機会があれば購入したいと思います。今回はお世話になりました。みなさま、ありがとうございました。

追伸:

やはり、日本語の現代文法は中学校での学習範囲なのですね。高校では古典文法や英文法は詳細に学ぶのですが、現代文法が対象外とは残念ですね。

2007/02/11 07:46:36

コメントはまだありません

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません