CDを譲渡した後も、そのCDから吸い出したmp3データを保有してたら違法ですか?

詳しい内容は以下のリンクに書いてあります。

http://pub.studio15.jp/2007/02/03/gigazine-mp3/

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/10 13:38:02
  • 終了:2007/02/17 13:40:03

回答(6件)

id:kurukuru-neko No.1

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552007/02/10 13:57:03

ポイント19pt

日本の著作権法 第26条の2(譲渡権)

があるので、特定の条件で譲渡するのはよいですが

CDから吸い出したと明確にわかるデータを保存するのは

問題ある行為です。

http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/outline/4.3.html


http://premium.nikkeibp.co.jp/itm/col/suzuki/57/02.shtml

http://www.translan.com/jucc/precedent-2003-03-17.html

http://www.kosei-shuppan.co.jp/buddhaworld/15/13.html

id:iseeker No.2

iseeker回答回数201ベストアンサー獲得回数202007/02/10 13:58:20

ポイント19pt

違法ですね。CDを譲渡すると言うことは使用権の譲渡ですから、譲渡後も音楽を視聴していたら違法になります。パソコンソフトのパッケージをアンインストールせずに再販売するのと同じです。

リンク先のビジネスですが、「CDの音楽ををリッピング後お送りください」となっていたら問題があるでしょうが、明示的にそのようなことを書くことはないでしょうから違法とはいえないでしょう。

実際の問題としては、音楽データを保有している個人を訴えることは証明が難しいでしょうから行なわれないと思います。また、リンク先の業者についても単なる中古CD買取と変わらないビジネスですから訴えることは難しいと思います。

このビジネスのポイントは、暗黙的に「CDをリッピング後iPodにデータを移せばお得だよ」ということを匂わせる点にあります。でも、日本だったらレンタルレコード店でCD借りた方が安上がりだと思うので、このビジネスとして成り立つかどうかは疑問です。

id:studio15

中古盤の回収ビジネス自体はOKだという認識はあるので大丈夫です。

「つまり、既に持っているCDから曲をリッピング後、このサイトへCDを送り、iPodをゲット、リッピングした曲をiPodに入れれば万事OK、というわけですね。」って書いてるけど、それってどうよ?という話なので。

>このビジネスのポイントは

言われてみるまで気づきませんでしたが、それが狙いなんでしょうねえ…

引き続き回答いただけると幸いです。

2007/02/10 14:36:21
id:k_y No.3

k_y回答回数122ベストアンサー獲得回数72007/02/10 14:26:26

ポイント18pt

>「つまり、既に持っているCDから曲をリッピング後、このサイトへCDを送り、iPodをゲット、リッピングした曲をiPodに入れれば万事OK、というわけですね。」って書いてるけど、それってどうよ?

ってその中古回収サイトに書かれているわけじゃないようですが。

リッピングしたデータの取り扱いは、すべて、100%、ユーザー側にゆだねられているので、

この会社自体は違法でないでしょう。

たとえばフツーのレンタルCD、DVD屋で借りて、それを借りた人が複製して売った場合、

レンタルCD、DVD屋が罰せられる事がないのと同じ事です。

id:studio15

上にも書いてますがビジネス自体はOKだという認識はあります。

問題にしているのは、そう書いているブログです。

2007/02/10 14:40:37
id:taknt No.4

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982007/02/10 14:46:58

ポイント18pt

http://www.homu.net/modules/smartfaq/faq.php?faqid=13

たとえばレンタルCDショップでCDを借りてきて、自分で聞くために、カセットテープにダビングしたり、ハードディスクにリッピングしても、著作権の侵害とはなりません。

.

私的利用の範囲内なら ファイルを保持していても問題ないでしょう。

id:studio15

レンタルの場合は補償金が含まれているので、また違うような。

2007/02/10 18:07:05
id:iseeker No.5

iseeker回答回数201ベストアンサー獲得回数202007/02/10 14:52:10

ポイント18pt

「つまり、既に持っているCDから曲をリッピング後、このサイトへCDを送り、iPodをゲット、リッピングした曲をiPodに入れれば万事OK、というわけですね。」というのは、GIGAZINというニュースサイトの(ブラックな)解釈であって、「Millennium Music」という業者が薦めている行為ではないはずです。

つまり、業者としては、本音では「リッピング後に送ってね」であっても、建前としては「削除後お送りください」なわけです。そこがこのビジネスのポイントです。

ケーブルテレビ業者が「NHKは見れますがNHK受信料を払う必要はありません(もちろん払うことは止めませんが)」と言うのと似たようなものです。

ユーザー側の問題ですが、私的利用のために元CDを保有した状態でにコピーをするのはOKですし、レンタルCDで使用料を払った場合もOKになってますが、CDを譲渡する際にコピーを残すのは明らかに違法です。

id:TomCat No.6

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152007/02/10 15:20:46

ポイント18pt

これは著作権法第30条「私的複製」の範囲内で複製されたデータであれば、データの保有は合法であると思われます。

 

経済産業省の示した「電子商取引等に関する準則」を見ると、こんなことが書いてあります。

ファイル交換ソフトを用いて権利者によって許諾されていない音楽等のファイルを他のユーザーからインターネット経由で受信し複製する行為(ダウンロード行為)は、技術的保護手段の回避等によって行ったものではなく、かつ個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する限り、私的複製に相当し、著作権又は著作隣接権の侵害には当たらないものと解される

え? と思われるかもしれませんが、データの出所やその公開の合法性違法性に関係なく、既に存在するデータをそのまま利用して家庭内かそれに準ずる範囲で楽しむだけの側については違法性は問われない。これが日本政府の見解なんです。

 

これは当然、元から自分の手元にあったファイルについても同様と考えられますから、著作権法第30条の条件を満たす複製の仕方と利用方法である限り、ソースとなったCDの所有がその後誰に移ろうが、やはり残ったファイルの保有に法的な問題は生じない、と考えられるわけです。

 

ただし、「リッピング」という言葉は「技術的保護手段」を解除してデータを吸い出すという意味合いが強い言葉ですから、これを行うと著作権法第30条の私的複製の範囲を超え、権利者に無断で行うと、データの保有以前の問題として、複製行為そのものが違法になることは言うまでもありません。あくまで通常の方法によって複製されたデータであることが前提です。

id:studio15

>これは当然、元から自分の手元にあったファイルについても同様と考えられますから

自分で自分のファイルをコピーする場合は、(ファイル交換ソフトに例えれば)ダウンローダーであると同時にアップローダーでもあるわけですよね。

そうすると、ちょっとこの準則とは違う話になりそうですが…

2007/02/10 18:19:55

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません