http://www.geocities.jp/hatan_seiho/ 現在までに7つの生命保険会社が破綻しております。破綻した主な理由は何なのですか?教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/12 16:40:03
  • 終了:2007/02/19 16:40:03

回答(7件)

id:HONMA9691 No.1

HONMA9691回答回数2529ベストアンサー獲得回数362007/02/12 16:46:18

ポイント18pt

バブル後不況での運用難です。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:gustav5 No.3

gustav5回答回数78ベストアンサー獲得回数62007/02/12 17:18:02

ポイント17pt

http://www.sanbou.net/enkaku/te/t&d-financial-life-insurance...

1995年の改正保険業法と翌年の新保険業法の施行から、今まであった損保業界と生保業界の垣根が低くなり、また外資の進出が活発化し生保業界の競争が激化しました。そこで体力のない生保がどんどん破綻しました。

で、東京生命の場合バブル崩壊後の不況の長期化に加えて、資金運用面で予定利率との逆ザヤ現象が加わっていました。破綻生保の破綻前予定利率は3.75%から5.5%程度で、低金利の状況下では逆ザヤになっていたはずです。逆ザヤとは契約者に約束した利回り(予定利率)に資産運用利回りが追いつかない現象です。体力は減っていたのは確かです。

そこに風評が加わって信用がガタ落ちになったのです。当時の金融庁長官の会見から引用します。


東京生命もご承知の通り、昨年の9月末の時点では、ソルベンシー・マージンが370%と、そして資産超過4億円という状況であったわけでございまして、確かに実質資産負債差額は、十分な資産超過ではなかったわけですが、それでも、ソルベンシー・マージンは370%あったと、それが半年も経たないうちに、なぜ破綻したのであろうかということですが、やはり一番大きかったのは、私は逆ざや問題というものが世の中に出ている中で、千代田生命、協栄生命と破綻して、次の破綻はどこかといったような社会の風評が蔓延して、東京生命にターゲットが向けられ、確か昨年の9月末から破綻までの間に、3,000億円近くの資産がはげ落ちていったと、これはもちろん解約によるものであって、そういうここが危ない、あそこが危ないといった、言わばそういう風評が解約を押し進め、解約をするためにはその資金が必要なわけであって、東京生命としては株式市場が低迷している中で、損切りをしても、有価証券の処分をしていかなければならなかった、そういう中で体力が急激に衰え、破綻に至ったということが、私は主たる原因であったと、今から振り返ると、そう思っております。もちろん、一部の新聞が書いてございますように、逆ざや問題がなかったとは申しません。ただ、それも年間100億円の水準でございまして、死差益と費差益で十分賄えるほどの水準であったわけでございますので、私はこの逆ざやが決定的に破綻をもたらしたものだというふうには、数字の上からはそうは思えないわけでございます。

http://www.fsa.go.jp/gaiyou/gaiyouj/tyoukan002/20010327-1.html

 

死差益:予定死亡率と実際の死亡率の差・・・この差では利益が出ていた。

費差益:予定事業費と実際の事業費の差・・・これも利益が出ていた。

東京生命について言えば、体力が減ってるところに風評による解約が重なり解約が相次ぎ信用もなくなり、二進も三進も行かなくなって破綻した、ということのようです。

  

id:sylphid666 No.4

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/02/12 17:56:34

ポイント17pt

>理由は、逆ざや、運用の失敗、信用不安、収入減、関連企業の破綻など様々あります。

http://fp.estimaclub.net/himitu/1-13.html

http://fp.estimaclub.net/himitu/1-14.html

id:ARAYOTTO No.6

ARAYOTTO回答回数1376ベストアンサー獲得回数132007/02/12 19:22:48

ポイント17pt

http://www.uuron.com/seimeihoken/archives/2005/12/18-111035.php

①ゼロ金利政策とその長期にわたる継続(ゼロ金利政策は銀行の業務純益である)

②簡易保険との激しい競争のため、生保は予定利率を高めに設定してしまった、などが挙げられる。

id:daiyokozuna No.7

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752007/02/12 20:42:25

ポイント17pt

http://www2.odn.ne.jp/~cdj80950/column/n008.html

>忘れてならないのが政府日銀の超低金利政策の影響が絶大であるということだ。


詳しく書かれています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません