コミック「サラリーマン金太郎」で、会長夫人が、金太郎に会社を経営する喜びを語る場面があります。

たしか、人間的に素晴らしく才能のある人間が、会社のために寝食を忘れ命をかけて仕事をしてくれる、これほどの喜びは無い、といったような内容だったと思います。

第何巻何ページに乗っていたか、またそのセリフを教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/21 00:32:38
  • 終了:2007/02/21 00:55:33

ベストアンサー

id:il-mare No.1

il-mare回答回数536ベストアンサー獲得回数92007/02/21 00:51:56

ポイント60pt

2巻18~19ページ。

金太郎と夫人が立派な別荘で露天風呂に入りながら

会社を経営するって事は成功すればね

こういう財産が残っていくんだ

気分のいいことだよ

しかしねこんな別荘よりもっとすごい財産があるんだ

人間だよ

人間としていいバランスを持っていて頭もよく

やる仕事が頼もしくてね

他人に対する思いやりもある

そういう好ましい人間がだよ

私達に忠誠を誓って会社の財産でいてくれる

これが震えるほどうれしい

何より一番の財産なのさ

というくだりがあります

id:asamesi

あ、これです。

会長が亡くなってからだと思ってました。

ありがとうございます。

2007/02/21 00:54:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません