ラジオ・テレビ・新聞・インターネットと言ったメディアが現在存在していますが2050年ごろに存在するであろう新しいメディアを考えてください。

又、そのメディアを使用したシステムを提案してください。
できる限り、既存のアイディアに囚われないものをお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/21 23:33:36
  • 終了:2007/02/22 16:04:39

ベストアンサー

id:jo_30 No.2

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532007/02/22 00:21:02

ポイント69pt

私は、あと40年そこそこの技術革新なら、せいぜい「見せ方」が変わるという所が関の山ではないかと思います。とはいえ、おそらく仮想空間における360度の視界とそれら仮想空間の物に直感的にアクセスする…つまり「触る」ためのウェアラブルなデバイスくらいは開発されて欲しいものです。

そして、そういう新しいメディアをもっとも活発に使用するのは、やはり娯楽方面でしょう。我々は仮想の空間で仮想の身体を持つことができるようになる……そうなると、たとえば「仮想空間における現実には不可能なほど危険なスポーツ、冒険」などを扱ったゲームシステムなどが構築されるのではないでしょうか。たとえば宇宙空間でのハイスパートなアイスホッケー(バトル有り)みたいな団体競技とか、あるいはそのものズバリ戦闘を体験するゲーム、実際に手足がふっとぶ剣闘士同士の闘い、断崖絶壁のロッククライミング、超能力を駆使したバトルRPG(『ハンター×ハンター』に出てくるG.Iみたいな…)……などなど。アクセスにかかる費用がさらに劇的に下がれば、そういう世界を自分の「現実」にしてしまう人がますます増えるでしょう(ゲーム内で生活費を稼ぐことも多分できるようになるでしょうし)。それらはゲームでありメディアでありながら、我々の世界観・人生観を大きく変えてしまうことになるでしょうね。


余談ですが、1番の回答者さんの言うように、本当に「脳にジャックイン」できるような時代が来るとしたら、私は真っ先に「我々の時間感覚を操作」するようになると思います。そうすれば、『極めて主観的な不老不死』が簡単に達成できるようになるのではないでしょうか。まあ、たとえて言えばD.Bの「精神と時の部屋」の脳内版みたいな。そうなると、世界観どころでなく「世界」が変わると思います。

id:rurudorufu1218

>そうすれば、『極めて主観的な不老不死』

その考え方は面白いです。

時間の概念が曖昧になりそですね。

2007/02/22 00:26:30

その他の回答(9件)

id:SALINGER No.1

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692007/02/21 23:50:40

ポイント27pt

全ての情報は脳に直接繋がったデバイスにより、全ての情報が共有されると思います(ちょっと攻殻っぽいが)。

新聞を読まずに情報にアクセスでき、テレビを見なくても目をつぶれば娯楽を体感できます。

そこにはもうメディアと呼べるものは存在しないかもしれません。

その世界で我々ができるのは電脳にアクセスするかしないかだけです。

ソニーはPS37でMMOに変わる体感型FFを出し、任天堂は運動不足解消の為に鉛入りのコントローラを振り回すゲーム機を作るかもしれません。

id:rurudorufu1218

なるほど。

確かに、メディアとは違った方向になるかもしれませんね。

未来的にで面白いです。

2007/02/21 23:54:08
id:jo_30 No.2

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532007/02/22 00:21:02ここでベストアンサー

ポイント69pt

私は、あと40年そこそこの技術革新なら、せいぜい「見せ方」が変わるという所が関の山ではないかと思います。とはいえ、おそらく仮想空間における360度の視界とそれら仮想空間の物に直感的にアクセスする…つまり「触る」ためのウェアラブルなデバイスくらいは開発されて欲しいものです。

そして、そういう新しいメディアをもっとも活発に使用するのは、やはり娯楽方面でしょう。我々は仮想の空間で仮想の身体を持つことができるようになる……そうなると、たとえば「仮想空間における現実には不可能なほど危険なスポーツ、冒険」などを扱ったゲームシステムなどが構築されるのではないでしょうか。たとえば宇宙空間でのハイスパートなアイスホッケー(バトル有り)みたいな団体競技とか、あるいはそのものズバリ戦闘を体験するゲーム、実際に手足がふっとぶ剣闘士同士の闘い、断崖絶壁のロッククライミング、超能力を駆使したバトルRPG(『ハンター×ハンター』に出てくるG.Iみたいな…)……などなど。アクセスにかかる費用がさらに劇的に下がれば、そういう世界を自分の「現実」にしてしまう人がますます増えるでしょう(ゲーム内で生活費を稼ぐことも多分できるようになるでしょうし)。それらはゲームでありメディアでありながら、我々の世界観・人生観を大きく変えてしまうことになるでしょうね。


余談ですが、1番の回答者さんの言うように、本当に「脳にジャックイン」できるような時代が来るとしたら、私は真っ先に「我々の時間感覚を操作」するようになると思います。そうすれば、『極めて主観的な不老不死』が簡単に達成できるようになるのではないでしょうか。まあ、たとえて言えばD.Bの「精神と時の部屋」の脳内版みたいな。そうなると、世界観どころでなく「世界」が変わると思います。

id:rurudorufu1218

>そうすれば、『極めて主観的な不老不死』

その考え方は面白いです。

時間の概念が曖昧になりそですね。

2007/02/22 00:26:30
id:taknt No.3

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982007/02/22 00:22:52

ポイント31pt

たった50年ぐらいだと 今とたいして変わらないでしょう。

期待する未来は、電子ペーパーが普及し、一冊の電子ブックをコンセントに差し込むだけで 情報を取得し、本のようにして見れるものが出てるんじゃないかと思います。

コンセントで LANを構築する機械は 出てます。

やがては、これだけでネットができる時代になるでしょう。

また、電子ペーパーも開発中ですが、やがては 本の代わりになるような電子ペーパーが登場すると思います。

id:rurudorufu1218

本が好きな私としては見やすい電子ペーパーであって欲しいですね。

2007/02/22 00:27:40
id:HONMA9691 No.4

HONMA9691回答回数2529ベストアンサー獲得回数362007/02/22 00:36:55

ポイント18pt

2050年ならネットラジオ、ネットテレビ、ネット新聞が普通にありそう。

id:rurudorufu1218

すみませんが、もう少し具体的にお願いします。

2007/02/22 00:41:35
id:sadajo No.5

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/02/22 00:46:25

id:rurudorufu1218

メディア媒体だけでなくそれを利用してなにができるかと言うことも回答お願いします。

2007/02/22 00:52:35
id:sarumonkey No.6

sarumonkey回答回数731ベストアンサー獲得回数302007/02/22 01:28:42

ポイント18pt

人間的なロボットが安く作れるようになる。

けれども、人工知能はそんなには進歩していないので、

複雑な感情や、対話ができるロボットは結局できない。

そんな状況になって、今描いているロボット像(たとえば、介護ロボとか、子供の代わりとか、お手伝い用とか)には、事足りない

中途半端なロボットの活用が、広告の世界で行われる。というのは

どうでしょうか?

スーパーの試食コーナーとか、町でのティッシュ配り、

店舗の呼び込み。というような、人で行っていた宣伝策を

そういうロボットが肩代わりするかもしれません。

最先端の技術で、オールドファッションな広告スタイル。

そんなミスマッチが生まれそうです。

id:rurudorufu1218

少し質問とずれている気がしますがそう言う中途半端なロボットはありそうですね。

2007/02/22 01:39:17

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 menbo_a 371 344 8 2007-02-22 01:45:50
2 shimazuyosi30 1608 1408 22 2007-02-22 01:51:11
3 fugou 137 122 1 2007-02-22 07:44:22
4 tpichu 304 263 1 2007-02-22 08:11:03
  • id:luxon
    #2さんの回答を見て、「ブレインストーム」という映画を思い出しました。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
  • id:taknt
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/16/news028.html

    人間がロボットになるスーツ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません