青空文庫にある文学作品は、著作権が消滅しているから合法的に掲載されているものだそうですが、転載して、例えば自分のHPやブログに転載することは違法でしょうか? もしも違法でないという意見であるならば、何か裏づけとなるサイトなどと一緒に投稿して頂きたいです。

自分は法律にまるで無知なもので……。
よろしくおねがいします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/24 20:38:29
  • 終了:2007/02/24 22:12:51

ベストアンサー

id:ohimesama No.2

銀凰恵回答回数44ベストアンサー獲得回数72007/02/24 21:33:00

ポイント30pt

青空文庫サイト内の、

青空文庫収録ファイルの取り扱い規準

http://www.aozora.gr.jp/guide/kijyunn.html

著作権の切れている作品(図書カードページの背景が水色の作品)については、

ファイルは、有償であるか、無償であるかを問わず、複製し、再配布することができます。

と明記されていますので、Webサイトやブログへの転載は可能でしょう。

(脚注部分の情報を削除しないことを「希望する」との注記があります)

ただし、一部の著作権の切れていない作品(図書カードページの背景がピンク色の作品)については、

私的使用の範囲を越える複製、再配布は、著作権者の許しがない限り、できません。

とあります。

転載したい作品がどちらであるのか良く確認してから利用することをお薦めいたします。

その他の回答(3件)

id:oyama_noboruko No.1

oyama_noboruko回答回数30ベストアンサー獲得回数02007/02/24 20:49:39

ポイント28pt

http://www.aozora.gr.jp/guide/kijyunn.html

青空文庫のこちらのページによると、著作権の切れた作品については複製、再配布は違法ではないようですが、青空文庫側の入力者などの情報を削除されないことを希望していますね。

作者側の好意により配布されている著作権の切れていない作品もありますのでそちらについては注意が必要なようです。

id:ohimesama No.2

銀凰恵回答回数44ベストアンサー獲得回数72007/02/24 21:33:00ここでベストアンサー

ポイント30pt

青空文庫サイト内の、

青空文庫収録ファイルの取り扱い規準

http://www.aozora.gr.jp/guide/kijyunn.html

著作権の切れている作品(図書カードページの背景が水色の作品)については、

ファイルは、有償であるか、無償であるかを問わず、複製し、再配布することができます。

と明記されていますので、Webサイトやブログへの転載は可能でしょう。

(脚注部分の情報を削除しないことを「希望する」との注記があります)

ただし、一部の著作権の切れていない作品(図書カードページの背景がピンク色の作品)については、

私的使用の範囲を越える複製、再配布は、著作権者の許しがない限り、できません。

とあります。

転載したい作品がどちらであるのか良く確認してから利用することをお薦めいたします。

id:dokatta No.4

dokatta回答回数47ベストアンサー獲得回数52007/02/24 21:58:02

ポイント10pt

実際、ダイソーの100円コーナーの本 青空文庫のを印刷しています。(青空文庫)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%A9%BA%E6%96%87%E5%BA%A...


パブリックドメインなので、自由につかえます

wikipediaと同じ扱いでよいかと

  • id:DustRiverDragon
    DustRiverDragon 2007/02/24 22:23:22
    ありがとうございます。
    http://d.hatena.ne.jp/DustRiverDragon/20070224/1172322634
    こんなんでよろしいですか?
  • id:ohimesama
    この場合、脚注の中の
    「このファイルは W3C 勧告 XHTML1.1 にそった形式で作成されています。 」
    の部分は不要なんではないでしょうか?
    これは元のファイルがXHTML1.1で書かれているということ表しています。
    DustRiverDragonさんのブログは、XHTML1.1形式では無い(ソースにHTML 4.01とある)ですから、
    この記述を残しておくと「間違っている」ことになってしまいます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません