居抜きで飲食店の経営を始める際に前のオーナーから設備の購入をしないで「リース」という形で利用するという事は可能でしょうか?問題となりそうな事を教えてください。

ちなみに不動産契約自体は大家さんと私の契約に当然変更します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/02/28 19:01:51
  • 終了:2007/03/05 07:52:09

回答(1件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/02/28 22:01:46

ポイント60pt

設備の所有者をはっきりさせておく必要があります。

それさえはっきりしていれば、不動産に対する賃貸料、設備に対するリース料という形で問題なく経営が出来ます。

はっきりさせておくポイント。

大家と前のオーナーとの間で、不動産に所属する設備と、オーナー個人に所属する設備をはっきりしていないと、契約があいまいになります。

また、あなたが店舗を移る際に、どのような形で移るのか、設備をそのままにして移れるのか、全て空にして移る必要があるのか。

付帯設備を撤去する必要がある場合にはその際の費用は、誰が払うのか、その辺りもはっきりさせておいたほうが良いでしょう。

ダミーです。

http://q.hatena.ne.jp

id:JIJO

回答ありがとうございます

確かに、あいまいな点が生じやすいので、注意が必要ですね

退去時に状態および費用負担について注意します

2007/03/01 07:39:48
  • id:newmemo
    質問内容を確認しておきたいのでお聞きします。

    「リース」とはリース会社が契約に加わるという意味なのでしょうか。それともレンタルの意味なのでしょうか。
  • id:JIJO
    現在の所有者からレンタルをするという意味です
    表現が紛らわしくて申し訳ありません
  • id:newmemo
    1番目の回答者さんとよく似た意見になります。賃貸物件は契約解除した場合、原状回復義務が生じます。通常賃借人が最初に借りた状態に戻すことになります。将来いい物件が見付かったので喫茶店の移転を考えたとします。レンタルですと賃借人は質問者さんでありながら内装や厨房設備は旧オーナーに所有権が残った状態となります。そうしますと、退去時にどちらが原状回復義務を負うのかややこしい権利関係となりそうです。その場合に原状回復義務を質問者さんが負担するつもりでしたらレンタルではなくて分割払いにしてはどうでしょうか。居抜き物件の代金を完済した時点で所有権は質問者さんに移転します。それまでに賃貸契約を解除したら質問者さんが負担するという契約でしたら大家さんも了承されると思います。あるいは次も店舗として賃貸することを大家さんが考えていたら空調設備などはそのままでもいいこともあります。
    http://www.sonomama.net/glossary/index.html#section_02
    >>
    原状回復義務
    借主が退去する際、賃借物件を、自分で備え付けた設備や備品等を取り除いて元の状態に戻してから、貸主に返却する義務のこと。
    <<
  • id:JIJO
    コメントありがとうございます
    確かに現状回復時のややこしさを考えると分割払いでもして、
    所有権を移転するのがベターですね
  • id:newmemo
    http://www.its-cafe.com/blog/cat1/
    色々と調べていましたら、こちらのブログが参考になりそうです。「造作譲渡契約」を締結したと書かれていますように検索語を「造作譲渡」にして調べますともっと詳しい情報が入手できると思います。
    http://inshokuten.co.jp/212trouble2.html
    大家さんの立場から考えてみました。
    家賃の滞納があれば保証金を担保にすることができます。契約解除の際の原状回復に関しては担保が無い訳です。元のオーナーに一括で居抜き代金を支払わないということは資金的にしんどいのではないかと足下を見られる虞があります。大家さんとご相談される時に、その点を指摘された場合、質問者さんがお持ちの株式を質権設定することで信用度が増しますし担保されることでスムーズに事が運ぶように思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません