初心者です。教えてください。新聞などに「為替や株式で売り越し、買い越し」と載っていますが、意味がよくわかりません。


納得がいく例
1.「東証で外国人が買い越し」=>買う人と売る人が一致しなければ(信用取引であっても)、売買は成立しませんが、外国人のみの売買を集計したら買い越しだったとは納得がいきます。
2.「ある外国証拠金業者の自社取引の状況でドル円が買い越し」=>これも市場全体を語ってないので売買、どちらかに偏よることはあり、納得がいきます。

疑問(納得がいかないもの)
1.単に市場全体を語って、「買い越し、売り越し」といっているのはどちらも同じ数量がなかれば成立しないのでおかしいと思っています。ただ、予約を入れている数を含めて語っているのならば納得がいきますが。実際、このような場合はなにを意味しているのでしょうか。

教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/03/01 20:30:00
  • 終了:2007/03/01 22:04:40

回答(2件)

id:akaneko0226 No.1

akaneko0226回答回数504ベストアンサー獲得回数22007/03/01 21:26:43

ポイント35pt

1.全体的にではなく外国人が買っている量よりも売る量が多い場合は売り越しで、買っている量よりも売っている量が少ない場合は買い越しとなります。

2.自社取引でどちらを売っている量が多いかによって、売り越し、買い越しとなります。

id:sylphid666 No.2

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/03/01 21:32:27

ポイント40pt

買い越し、売り越しという言葉は約定した取引だけでなく、注文状況に関しても使われます。

>外資系証券注文状況、差し引き1030万株の買い越し

http://finance.nifty.com/cs/catalog/finance_735/catalog_07022610...

なので、市場全体に関して買い越し、売り越しという言葉が使われる場合

「買い越し=買いの注文が多い=値上がる可能性が高い」

「売り越し=売りの注文が多い=値下がる可能性が高い」

という考え方でよいかと思います。

id:mai_mai_mail

的確にご回答いただきありがとうございました。

2007/03/01 22:03:03

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません