中央競馬の弥生賞は

武豊鞍上のアドマイヤオーラが勝ちましたが、
2007年前半現在の競馬騎手の”勢力図”は
全体で見るとどういう感じなのでしょうか。

武豊だけが
ダントツで抜けた実績、実力なのでしょうか。
それとも武豊に迫っている騎手はいるのでしょうか。
また、もし、武豊がダントツだとして、
その他の騎手の中ではどんな騎手が活躍中なのでしょうか。
安藤勝己はここ1、2年ずいぶんと勝ち鞍を増やしているようなイメージはあります。

個人の意見、見方でよいので
書き込んでいただける方はよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2007/03/05 15:46:34
  • 終了:2007/03/11 07:26:29

回答(8件)

id:Paddington No.1

Paddington回答回数161ベストアンサー獲得回数32007/03/05 15:52:01

id:ao2

なるほどー、ペリエがいましたね。

連対率が累計で.290ですか、

これはけっこうな数字ですね。

2007/03/06 09:47:33
id:yokosasa No.2

よこささくん回答回数377ベストアンサー獲得回数152007/03/05 16:06:52

ポイント40pt

http://db.netkeiba.com/?pid=jockey_leading

年始に騎乗停止があった影響でしょうか、武豊の勝数が伸びていないのが意外です。岩田の成長や中舘の奮闘が目立ってますね。

id:ao2

そうなんですよね、

騎乗停止はあったにせよ、

最近武豊があんまり勝たない感じがしています。

岩田、中館ですね。

2007/03/06 09:49:50
id:dyz No.3

dyz回答回数17ベストアンサー獲得回数12007/03/05 16:12:48

ポイント40pt

春はアンカツ

秋はユタカ

年間でユタカ

藤田がいないのが寂しい。。。

id:ao2

ふじた~~

2007/03/06 09:50:19
id:kennzi9 No.4

kennzi9回答回数1956ベストアンサー獲得回数92007/03/05 17:13:44

ポイント40pt

武豊選手が地位を守っているところは変わりませんが安藤勝己騎手や福永祐一騎手なども追いかけていてここ最近では接戦になる気が します。まあ武豊選手が有利なのは変わりませんが・・・・・

id:ao2

有力馬が武豊に集まってしまうのは、

彼の実績から言って当分続くし、

また武豊がそれらの有力馬で

確実に勝つことができるところこそが彼の実力、真価で、

他の騎手がその”馬のハンデ”を乗り越えるだけの実力をつけ、

実績を積み重ねなければならないことは確かですよね。

他の騎手は一戦一戦を大切にして、

地道に成績を積み重ね、

信頼を獲得しなければなりません。


って何様だオレは。

2007/03/06 09:56:21
id:sadajo No.5

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/03/05 17:29:42

id:ao2

武豊の実力の一端を記したブログですね、

ありがとうございます。

2007/03/06 09:58:08
id:twilightmoon99 No.6

いつき回答回数6ベストアンサー獲得回数02007/03/05 17:42:22

ポイント40pt

昨日時点で、安藤勝己さんと武豊さんとでは、勝鞍数で33対16のダブルスコアです。

ということで、今年はアンカツさんの年でしょう。

ただし、武さんは重賞レースでの騎乗では勝つような気がしないではないですが…。

id:ao2

安藤は今年は特に飛ばしてますよね。

厩舎からの信頼がかなり増しているんでしょうか。

有力馬が安藤にどんどんシフトするでしょうか。

2007/03/06 10:00:06
id:taisin0212 No.7

タイシン@我孫子回答回数165ベストアンサー獲得回数142007/03/06 19:59:33

ポイント80pt

この数年間は、武騎手&安藤騎手の時代ではないでしょうか?

これまでの実績が、有力馬への騎乗依頼につながるでしょうし、

そこで結果を出している以上、他の騎手が台頭できるとは

考えにくいです。

少なくとも両騎手は、3~4角・直線において、視野が広く、

判断力が高いと思います。


『武豊TV』

http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7393_202.html

もしご覧いただける環境がありましたら、是非!

済んだレースの解説があるのですが、

「そこまで自信があったなら、もっと早く教えて!」と

叫びたくなるようなときがあります。

id:ao2

>視野が広く、判断力が高い


なるほど、

多くの騎手がなかなか身につけることができない能力を

才能と経験でみがいているのかもしれませんね。

有力馬が集まるのも、

それは当然だし、それが競馬ですね。


武、安藤の2人をおびやかす騎手が出てきて、

馬のスターだけでなく、

騎手の新星も出てきてくれると

盛り上がって理想的なんですけれど、

他の騎手の研鑽に期待しましょう。

2007/03/07 09:29:46
id:ponta0921 No.8

ponta0921回答回数2ベストアンサー獲得回数02007/03/10 16:27:15

ポイント40pt

四位さんです。

牡、牝ともいいのに乗ってるんで

今年の武さんわ、ステップレースは勝てても本番は無理だと思う。

id:ao2

ご回答ありがとうございます。

武さんはいよいよ無理ですか。

武さんばかりではおもしろくないという面もありますもんね、私もあまりにも武さんだとおもしろくないと感じることもあります。

2007/03/11 07:12:50
  • id:yoshi-knee
    5)で、

    ブログをご紹介頂いてたみたいで、恐縮です。

    安藤勝騎手は、乗鞍を絞ってから成績が急上昇しましたね。
    特に、自ら調教をつけてから
    レースに騎乗した馬がねらい目だと思います。

    調教の細かい過程は専門誌でしかわかりませんが。

    騎手の勢力図については、
    いわゆる「エージェント」についての基礎知識が
    あるとわかりやすいと思います。

    関西の競馬ブックラインと、関東の競馬研究ライン
    について理解するだけでも、勢力図の推移はずいぶん
    予測のしやすいものとなるでしょう。

    特に、小原ライン(四位 岩田 川田 福永 鮫島)
    この5人は、馬の供給具合によって、成績のムラが
    激しく正月明けに集中的に四位が活躍したり
    川田騎手の騎乗停止期間に、福永騎手にいい馬が
    回ってきたと思われて、中穴を連発したりと
    独特の傾向があります。

    乗り替わりについても、この5人の間で一定の法則が
    見出せると思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません