「繰り延べ税金資産」がいまいち分かりません。貸倒引当金などを計上した際に、将来の税金還付を見込んで資産計上するということは理解できるのですが、この繰り延べ税金資産の『取り崩し』をすると損失計上しないといけない、とか言われるとわけが分かりません。繰り延べ税金負債なんて言葉もあるみたいですが・・・

どなたか分かりやすく教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2007/03/06 23:56:10
  • 終了:2007/03/14 00:00:04

回答(3件)

id:kappagold No.1

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482007/03/07 00:07:16

ポイント27pt

この説明が割とわかりやすかったのですが、いかがですか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=489175

id:haggypop

たしかに分かりやすいです!

税法と企業会計の違いが良く理解できました。やっぱりここらへんが分かってないと繰り延べ税金資産はきちんと理解できないですね。

ありがとうございます。

2007/03/08 10:29:08
id:sadajo No.2

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/03/07 00:25:48

id:haggypop

これは貸倒引当金のケースですね。なぜ損失が確定した段階で「課税所得」がないと税金が戻ってこないのか、それがいまだによくわかりません。。

2007/03/08 10:31:24
id:takarin473 No.3

takarin473回答回数590ベストアンサー獲得回数132007/03/07 07:42:13

ポイント26pt

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_375.html

繰延税金資産とは、税効果会計を適用した貸借対照表において、財務会計上当期の業績に反映させることが妥当でなく将来に繰り延べるべき部分のこと。

会計上は将来の期に負担させるべき税額が、税法上は当該期に認識されるため、資産として繰延べることにより、将来の会計上の税額認識に備えるもの。あるいは、将来発生することが見込まれる税額の減額分を資産計上したもの。

http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ku/kurinobe_sisan.html

企業会計上の「資産」または「負債」の額と、課税所得計算上の「資産」または「負債」の額は、算出方法が異なるため金額が違ってくる。繰延税金資産は、税務上の課税所得が会計上の利益より多くなるときに生じる。

たとえば、企業は取引先の破綻に備えて、取引先の債権の一定割合を税務上、貸倒引当金としてあらかじめ損失を計上することができる。これにより、この分だけ税金を払わずに済む。ただし、一定割合以上に貸倒引当金として計上した場合には、税務上損失とはならず、税金を払わなくてはならない。この税金については、取引先が実際に破綻して現実に損失が出た場合には還付されるが、それまでは、税務上は損失にはならず、課税所得がそれだけ多くなる。しかし、税効果会計を用いると、この部分に対して、あらかじめ税金を払わなかったことにしておくことができる。これが繰延税金資産である。

繰延税金資産は、有税処理をした課税所得に係わる税額を、繰延税金資産として資産計上することで、法人税等を減額させる効果がある(これを税効果会計と呼ぶ)。しかし有税処理をした部分について、翌会計期以降、これが解消されるだけの課税所得が見込まれるか検討することが必要であるとされている。

http://www.nomura.co.jp/terms/category/financial/kurinobe_fusai....

企業会計上の「資産」または「負債」の額と、課税所得計算上の「資産」または「負債」の額は、算出方法が異なるため金額が違ってくる。繰延税金負債は、会計上の利益が税務上の課税所得より多くなるときに生じる。

たとえば、現在の資産を時価で再評価し、簿価を差し引いた含み損益を計算し、差額金がプラスであるとする。またこの資産は近い将来、売却されるものとする。そして、この差額金に対して、会計上「みなし税金」がかかるとする。

つまり会計上、資産を再評価し、これを計上する場合には、差額金及びみなし税金が計上される。その際のあらかじめ税金を払っておいたことにしておく「みなし税金」のことを、繰延税金負債と呼ぶ。しかし、税務上は、翌会計期以降、実際に売却した際に税金がかかり、その時点で計上されるもので、現時点では計上することができない。

繰延税金負債は、実際に支払った税金が、本来支払う税金より少ないために、将来において払わなくてはいけなくなる状況をさす。

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_376.html

繰延税金負債とは、税効果会計を適用した貸借対照表において、財務会計上将来の業績に反映させることが妥当でなく現在見越して計上させるべき部分のこと。

会計上は当該期に認識すべき税額が、税法上は将来の期に認識され課されるため、負債として繰り延べることにより、将来の課税に備えるもの。


id:haggypop

こんなにたくさんの情報ありがとうございます。

こうなったら徹底的に勉強しようと思い、税効果会計についても色々と調べてみました。これでかなりミッシングリンクが埋まったような気がします。法人税等調整額が繰延税金資産として計上されるんですね。でこの繰延税金資産を取り崩す際に損失計上しないといけない理由というのも、そもそも払いすぎた税金を将来戻ることを前提にして資産化してるからというわけですね。会計上は税金費用は少なく計上されていてもキャッシュフロー上はお金は外に出てるわけですもんね。

ただいまだに腑に落ちないのが、税金還付のためには将来の収益(課税所得)が前提になるというところです。例えば貸倒引当金の場合、実際に倒産が発生して損失が出た場合には、その時点の課税所得とは関係なく還付されてもいいような気がするのですが・・・

そこらへん教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

2007/03/08 11:24:02

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません