【謎解き】

↓ホラー応募用作品
http://q.hatena.ne.jp/1173097696

〜〜〜
おやつの時間になったので、3歳の子供を呼びに外へでました。
家の近くに見当たらないので、団地の外にでも言ったのかもしれません。
近くの大きな国道まで出ると、子供がガードレールに腰掛けて、車の往来をだまって眺めていました。
私が現れた事には気付かない様子です。
いつも鉄道の柵によりかかり、汽車の往来を眺めているような、そういう子です。
動く機械が好きなのです。
私は、子供に声をかけるのはやめて、近くの押しボタン式信号機をわたり、
「おやつの時間よ」
と言って、子供を後ろから抱き抱えました。
〜〜〜

ちなみに、実話をもとにしました。
何が怖いのかを、お答え下さい。
(それ以外の回答も歓迎します。お気軽にどうぞ。)

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/03/07 15:02:27
  • 終了:2007/03/10 21:46:04

ベストアンサー

id:under100017 No.1

under100017回答回数56ベストアンサー獲得回数12007/03/07 15:21:26

ポイント40pt

3歳の子供が国道の向こう側に居たということですかねぇ。

近くにある信号は押しボタン式、これを3歳の子供が押して向こう側まで渡ること自体が考えにくいですし。

子供はガードレールに腰掛けて、車の往来をだまって眺めていたのではなく、車にはねられ既に事切れていたのではないでしょうか?

id:kuro-yo

私の想定した答と一緒ですね。正解です。

2007/03/10 21:22:01

その他の回答(13件)

id:under100017 No.1

under100017回答回数56ベストアンサー獲得回数12007/03/07 15:21:26ここでベストアンサー

ポイント40pt

3歳の子供が国道の向こう側に居たということですかねぇ。

近くにある信号は押しボタン式、これを3歳の子供が押して向こう側まで渡ること自体が考えにくいですし。

子供はガードレールに腰掛けて、車の往来をだまって眺めていたのではなく、車にはねられ既に事切れていたのではないでしょうか?

id:kuro-yo

私の想定した答と一緒ですね。正解です。

2007/03/10 21:22:01
id:Kotobuki_F No.2

Kotobuki_F回答回数406ベストアンサー獲得回数92007/03/07 15:43:47

ポイント10pt

3歳児が安全に押しボタン式の横断歩道を渡れたのか。

id:kuro-yo

そこが謎のとっかかり。

2007/03/10 21:22:05
id:yoshikichin No.3

yoshikichin回答回数42ベストアンサー獲得回数12007/03/07 15:45:29

ポイント30pt

フィクションなんですか!怖いですね。

ストーリーは「精神異常者がペットに餌を与える」って感じですかね。

精神異常者(私)のペットは動く機械(車、電車等)

餌は3歳の見知らぬ子供

いやですね~ 子供の親が餌を食べるペットに乗っていたら!

id:kuro-yo

こちらの想定とは違いますが、そんな解釈もできそうですね…怖いですね…

実話をもとにしてはいますが、フィクション(=架空)です:実際にあった話ではありません。

2007/03/10 21:22:22
id:sylphid666 No.4

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/03/07 15:56:22

ポイント20pt

気になるのは、

>近くの押しボタン式信号機をわたり、

という部分でしょうか。

信号機を渡らなければ渡れない対面の歩道までお子さんがなぜか渡っていたという事実。

これが一番の怖い部分ではないでしょうか。

id:kuro-yo

それだけでも十分怖いですが、そこからもう少し発展します。

2007/03/10 21:22:35
id:cod-tara No.5

cod-tara回答回数13ベストアンサー獲得回数22007/03/07 16:22:22

ポイント10pt

これは誘拐ですな。

id:kuro-yo

もう少し詳しく書いていただきたかったですね。

誰が誰を誘拐したのか、とか。

2007/03/10 21:22:38
id:sadajo No.6

sadajo回答回数4919ベストアンサー獲得回数492007/03/07 17:15:18

ポイント20pt

>子供を後ろから抱き抱えました。

ガードレールの反対は崖なのでは?

id:kuro-yo

ひょえー

2007/03/10 21:22:52
id:snaruseyahoo No.7

snaruseyahoo回答回数491ベストアンサー獲得回数42007/03/07 19:03:22

ポイント30pt

まず、子供が車に引かれるのが怖いですが、謎解きである以上これでは物足りないですよね。ところが、「私が現れた事には気付かない様子です。」という記述や、「いつも鉄道の柵によりかかり、汽車の往来を眺めているような、そういう子です。動く機械が好きなのです。」という記述がありますが、時々テレビなどでこの類のドラマを見たことがあります。この子供はたぶん自閉症ではないでしょか。お母様もそのとき現在は自閉症であるという診断を受けていなくて、やがて就学検診などのときに、そう診断されるのが怖いのではないでしょうか。

id:kuro-yo

物足りないだなんて…その子供は私なんですよ~(笑…うな~!

私はこの通りぴんぴんしておりますが、このお話ではもう少しひねってみました。

子供は自閉症、という解釈もありですね。

2007/03/10 21:23:31
id:alpinix No.8

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972007/03/07 19:31:12

ポイント40pt

近くの大きな国道まで出ると、子供がガードレールに腰掛けて、車の往来をだまって眺めていました。・・・近くの押しボタン式信号機をわたり、

ということは、この人は道の反対側から子供を見つけたという形になる。子供は道の向こう側から迎えにきた人と道をはさんで対面している状態。

その後、押しボタン信号を押したので、子供の前の道路は車がとまっているはず・・・・なのに後ろから抱きつくまで子供は気付かない→ということは迎えにいった人は道路に車が走っている状態で道を渡ったことになる? のかな。

ホラーだとするなら道を渡って迎えにいった人は「この世の人ではなかった」だから子供は気付かなかった。

いかがでしょうか?

id:kuro-yo

なるほど、話し手自身がこの世のものでない、という設定も面白いですね。

2007/03/10 21:24:35
id:Kumappus No.9

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852007/03/07 20:15:10

ポイント40pt

難しいですね。

たぶんポイントは「声をかけなかった」→「声をかけて反応したらものすごく危険だった」?

例えばこんなのかな?

私が子供を見つけたのは団地の前にある陸橋のガードレール。そこは下を大きな国道が走っている立体交差になっていて、どうやって登ったのかわからないがうかつに声をかけたら、それどころか私に気づいて顔をこちらに向けたり手を降ったりしただけでも落っこちてしまうかもしれない。

そこで私は声をかけずに、見つからないように国道に降りて信号を渡り反対側から子供にそーっと近づき後ろからだきかかえた。危ないところだった…。

id:kuro-yo

崖より怖~い!

2007/03/10 21:25:03
id:emmet No.10

emmet回答回数192ベストアンサー獲得回数142007/03/07 20:19:56

ポイント40pt

子供がいるせいか、3歳の子供が国道沿いのガードレールに腰掛けて車の往来を見ているというだけで、もう背筋がぞっとします。

文章を読んでて不可解なのは、この子がどうやってそのガードレールに腰掛けるまでにいたったのか、という点です。

「私」は近くの押しボタン式信号機のある横断歩道を渡っているんですよね。

3歳の子でもわかるのか・・・どうだろう、判るんだろうか、そのシステムが。

というところで、ふと気づきました。

何故、この子は「私」が近づいていることに気づかなかったんだろう?

そして、どうして遠くから声をかけることをやめて、信号を渡って近くに来てから抱きしめたんだろう・・・?

そうです、この子が腰掛けていたガードレールはただのガードレールではありません。

横断歩道橋のガードレールだったんです。

子供が横断歩道橋のガードレールによじ登れるものか!と思いますが、3歳児がかなり大きい子だったらどうでしょう?

横断歩道橋の中には、手すりの下のほうに何かパネルがはってあるものもあります(実際に近所の歩道橋もそうです)ここに足をかければ、よじ登れないこともないでしょう。


私は自分の子供が、マンションのベランダから大きく身を乗り出して下を覗き込もうとした瞬間を見たことがあります。

声なんか出やしません。

あの瞬間の、私の足ののろいことといったら…。

ガクガクしながら近づいていって、引き摺り下ろすまでは、まるでサム・ペキンパーの映画のようでした。今でもコワイです。あぁ手に汗かいてきた。

id:kuro-yo

私は独り者ですが、その気持ちはとってもよくわかります。

私の母も同じ思いをしたのだなと思うと、本当に申し訳なくて。

2007/03/10 21:25:48
id:proweneria No.11

proweneria回答回数16ベストアンサー獲得回数02007/03/07 23:03:01

ポイント20pt

大きな国道なのに押しボタン信号機があることでしょうか。。。。

私の近くにはありませんね。大抵、普通の信号です。

id:kuro-yo

国道がバイパスになってるようなところでは、交差点が少なくて、押しボタン信号が設置されてるところも多いんじゃないかな、という想像で書きました。

2007/03/10 21:26:08
id:booboo_002 No.12

booboo_002回答回数352ベストアンサー獲得回数142007/03/08 11:28:25

ポイント30pt

この子は人形なのでのは。

子どもを事故で失い(多分列車事故)、気がふれてしまった母親が3歳の子どもくらいの大きさの人形をガードレールの上に置き、自作自演しているのです。

おやつの時間になったので、人形を家に連れ帰ろうとしているのです。

id:kuro-yo

人形説もいいですね。

2007/03/10 21:26:16
id:gomis No.13

gomis回答回数2ベストアンサー獲得回数02007/03/08 19:00:57

ポイント40pt

子供が座っているガードレールは、少なくとも、押しボタン式の信号のある道路を横断しないと行けない場所にあるということが、この文章からわかります。

三歳の子供は押しボタン式の信号を使うことができない(この仮定が崩れると、この説に意味はないのですが)ので、歩いて道路をわたったと考えられます。

<怖い点>

自分がこの母親だったらと思うととても怖いです。

*「おやつの時間」である意味はあるはずなのですが、わかりませんでした。その他「汽車」「動く機械」などが気になるキーワードなのですが…

id:kuro-yo

おやつの時間にはあまり意味がありません:せいぜい、外がほどほどに明るく、交通量が多いけど渋滞するほどではない時間帯、といったところでしょうか。

汽車は、車を怖がらずにじっと眺める子供の性格を現すのと、「よりかかる」「腰掛ける」という姿勢の違いを強調するために組み込んだものです。

ただ、「動く機械」は「動く乗り物」にすべきでした。これは失敗。

2007/03/10 21:26:33
id:voranfelsen No.14

voranfelsen回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/03/09 18:53:23

ポイント30pt

子供はもうこの世には存在してません。

鉄道事故で亡くなったのです。

母親は子供はまだ生きていると思っています。

まぁ、ここまではありきたりなのかも知れませんが、

「おやつ」というのが怖いなぁと思いました。

実は、子供が亡くなったのは、この母親の仕業なのです。

DQNな父親との間にできた子供で、本当は

母親は大切に育てたかったのです。

しかし、父親から散々DVを受けた挙句、見捨てられました。

片親で子供を育てていましたが、生活の困窮と精神の病に

冒されます。

そして、精神病のせいで暴力的になり、

児童虐待を重ねた後、汽車のところまで連れて行き、殺した訳です。

子供は霊となって母親にとりつきます。

母親の潜在意識を意のままに操り、近くの国道までおびき寄せます。

欲しかった「おやつ」、それは実は母親の愛なのです。

霊界なら母親の愛を受けられる、そう考えた子供は母親を

死へと導きます。

母親はそのまま車にはねられ、即死しました。

児童虐待をするまでに至った経緯と母親の苦悩、そして暴力という

負の連鎖。

母親が本来もっていた愛情は知らずに育てられ、

理解できないまま死んでいった子供。

恐ろしくも物悲しいストーリーを感じました。

id:kuro-yo

想定外でしたが、こういうのもありですね。

2007/03/10 21:26:57
  • id:sokyo
    質問した時間が“おやつの時間”なのも狙ってのコトですね☆(!)
  • id:kuro-yo
    >質問した時間が“おやつの時間”
    あ、ホントだ!
    気付いてませんでした。
    ちなみに、「おやつ」の「やつ」は「八つの鐘」の時刻(丑の刻と未の刻)、仮に春分と秋分の日なら、午前または午後の2時の事ですね。
    江戸時代、時を知らせる鐘は、子の刻と午の刻が九つで、一時ごとに一つずつ減って最後(巳の刻と亥の刻)は四つになります。
    …全然、質問と関係ないけど。
  • id:kuro-yo
    あらためて読み返してみると、誤字もあるし、ちょっと推敲が足りない感じでした。
    文意・題意は変わりませんが、推敲後バージョンです。
    〜〜〜
    おやつの時間になったので、3歳のわが子を呼びに外へでました。
    家の近くに見当たらないので、団地の外にでも行ったのかもしれません。
    近くの大きな国道まで出てみると、子供がガードレールに腰掛けて、車の往来をだまって眺めているのが見えました。
    私が現れた事にも気付かない様子です。
    いつも鉄道の柵によりかかり、汽車の往来を眺めているような、そういう子です。
    動く機械が好きなのです。
    私は、子供に声をかけるのはやめて、近くの押しボタン式信号をわたり、
    「おやつの時間よ」
    と言って、子供を後から抱きかかえました。
    〜〜〜
    回答ペースが速いので安心してますが、3日もつかな。
  • id:kuro-yo
    こちらは、回答ペースが順調なので、土曜の夜に、回答をオープンします。
  • id:kuro-yo
    ~解答編~(あ、題名付けるの忘れてた!)

    登場人物:β美とδ菜とφ吉(笑)

    δ菜が学生食堂に入ると、何か考え込んでいるφ吉がいた。

    δ菜「あらφ吉、何をそんなに熱心に読んでるの?」

    φ吉は1枚のプリントアウトをδ菜に見せながら言った。

    φ吉「ホラーらしいんだけど、どこが怖いのかわからないんだ」
    δ菜「ああ、例の、新しいタイプのホラーね」
    φ吉「どこをどう読んでも、ただ、親…たぶんお母さんだと思うけど、
       親がおやつの時間を報せに子供を呼びに行っただけとしか
       思えないんだよね。良くある光景で、怖くないよね」
    δ菜「そうかしら?」
    φ吉「え?」

    δ菜はもう一度プリントを読み返し、かるく頷いた。

    δ菜「β美は、どの装飾にも伏線があるって言ってたわ」
    φ吉「例えば?」
    δ菜「例えば、最初に気になるのは…

    《ガードレールに腰掛け》
    《車の往来をだまって眺め》

       これ、おかしくない?」
    φ吉「ガードレールにこう腰掛けて車を見てたんだろう?」

    そう言いながら、φ吉は椅子の背に腰掛けて見せた。

    δ菜「車道はどっち?」
    φ吉「車を眺めているんだから、もちろん、正面が車道…あれ?」
    δ菜「ね、変でしょう。これだと、この子は『ガードレールの車道側に腰掛けた』
       って事になるわ」
    φ吉「えっ!怖いよそれ!」
    δ菜「きっと、この子の親も、背筋が凍る思いだったでしょうね」
    φ吉「でもそれなら、すぐに子供を呼べばいいのに、
       どうしてそうしなかったんだろう?」
    δ菜「その理由は、これね…

    《大きな国道》
    《押しボタン式信号をわたり》
    《子供を後から抱きかかえ》

    大きな国道って事は車の往来も激しいわよね。それに、
       信号をわたらなきゃならなかったって事は、
       『道路の向こう側にいた』って事よ」
    φ吉「そうか、もし声をかけたら、道路を横切って来るかもしれないから、
       声をかけなかったんだ!後ろから抱きかかえたのも、
       子供を安全に車道から遠ざけるためだったんだ!」
    δ菜「そうね…でも変じゃない?

    《3歳》
    《近くの押しボタン式信号》

       普通、3歳くらいじゃ押しボタンに手が届かないわ。
       どうやって国道を渡ったのかしら。」
    φ吉「他に信号があったんじゃないかい?
       それとも、誰か別の大人が代わりに渡してあげたか」
    δ菜「近くに他の信号があれば、普通、押しボタン信号はないわね。
       だから、別の大人が代わりに渡してあげたか、それとも…」
    φ吉「…それとも?」
    δ菜「それとも、何かの拍子に反対側まで飛ばされて、偶然、
       ガードレールに腰掛けるような形になったか…」
    φ吉「な、何かの拍子って…そんなの車にはねられる以外ないじゃないか…」
    δ菜「道路の反対側にいるなら、子供からも親が見えるはずよね。

    《私が現れた事にも気付かない様子》

       本当は、気付かなかったんじゃなく、気付けなかったのかも…」
    φ吉「それじゃぁ、子供を抱きかかえた時には、もう子供は…」
    δ菜「…死んでるかも」
    φ吉「想像しただけでも怖いよ、それ!」
    δ菜「でも、そこははっきりしないわね。
       だって、動く乗り物を飽きずに眺めているような子なんでしょう?
       本当にただ気付かなかっただけかもしれない」
    φ吉「はは…、そうだよね、やっぱり」
    δ菜「でも、やっぱり死んでるのかもしれないし」
    φ吉「怖いって、脅かすなよ…」
    δ菜「…。φ吉って、意外に怖がりなのね…」

    ~~~
  • id:kuro-yo
    解説です。

    これは私の母の体験談をもとにしました。
    実際に、国道の反対側で、私がガードレールの車道側にいて、車の往来を眺めていたそうです。
    それこそ、背筋をミミズが這い上がってくるような、そんな感じがしたそうです。
    今でも時々その時の話を母がするのですが、どうやって私が国道を渡ったのかはいまだに謎です。近くの交番のおまわりさんか、馴染みの電気店のおじさんが渡らせてくれたのではないか、というのが最も有力です。
    ただ、私はその頃はもう信号の意味を理解していたはずなので、誰かが渡るのと一緒に渡っただけかもしれません。
    車を眺めていたのも、帰る方法がわからなくて、途方に暮れていただけかもしれません(笑)

    いるかを出すかどうかは少し考えましたが、最初に正解だったunder100017さんに差し上げる事にしました。

    今回、lionfanさんから200ptもののっかりをいただきましたので、全部使い切りました。ありがとうございました。
  • id:westfish
    「ガードレールにもたれて」だとよりいっそう怖くなりそうな気がしました。
  • id:kuro-yo
    今回については(私は人の親になった事がないのでわかりませんが)、子供が何かにもたれているのを見た親は、一目で子供に何かあったと感じてしまうんじゃないかと思います。
    お題では、この文章単体では怖くない、という事ですので、そうなるように言葉を選びました。

    …というのは嘘です(笑)。本当は、最初は子供が生きている設定だったので、その名残です。

    そうですね、もたれるの方が、より一層怖いですね。今後の参考にいたします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません