人間工学 (主に Web アプリケーションの GUI デザインに重点を置きますがそれに限りません) について良質でよくまとまっているとあなたが思う書籍をご紹介ください。

書籍の URL や名前だけでなく、実際に読んでどのような点が良かったか、もコメントしてください。
書籍級によくまとまっていれば、Web サイトでも構いません。
なお、ヤコブ・ニールセンの書籍・Web サイトは既によく読んでいるので、それ以外でお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/03/09 01:53:55
  • 終了:2007/03/16 01:56:33

回答(3件)

id:kuro-yo No.1

くろょ回答回数169ベストアンサー獲得回数292007/03/09 13:56:52

ポイント27pt

ヒューメイン・インタフェース―人に優しいシステムへの新たな指針

これはもっぱら、アプリケーションのGUI設計一般に関する本のようで、GUIの出始めの頃の拙い設計を批判・反省するという立場から、人道的(ヒューメイン)なGUIとは何か、という事を述べた本…らしいです。すみません、私自身は読んだ事がないのです。知り合いからの聞きかじりです。

id:pmakino

ありがとうございます。

この著者は知りませんでした。

2007/03/12 01:20:15
id:ddate No.2

ddate回答回数75ベストアンサー獲得回数102007/03/10 08:25:01

ポイント27pt

デザインの生態学―新しいデザインの教科書

人間工学のみのを開設したものではないのですが、ものづくりやデザインを考える上で非常に啓発的な内容です。

生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る

アフォーダンス理論のクラシックです。GUIを考える際に脳をリフレッシュできます。

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

アフォーダンスに関するドナルドノーマンのアプローチは正統的ではないと言われますが、とにかく読み物としてとても面白いです。

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

最後の一冊はおまけです。こちらはもはやアフォーダンスすらも関係なく、どうやって斬新なアイデアを生み出しそれを展開していくか、のとても面白い読み物になっています。クリエーターになってよかった、がんばろう、という気持ちになる一冊です。

id:pmakino

ありがとうございます。

2007/03/12 01:24:30
id:Kuruma No.3

Kuruma回答回数84ベストアンサー獲得回数32007/03/12 01:02:22

ポイント26pt

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

  • 作者: ドナルド・A. ノーマン
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • メディア: 単行本

id:ddate さんもあげている「誰のためのデザイン?」のドナルドノーマンがその後に書いた書籍です。「誰のためのデザイン?」の後に読むとエモーショナルデザインへ移りゆく思考を感じることができてなおおもしろいかと思います。

デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン

デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン

  • 作者: Jenifer Tidwell
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • メディア: 大型本

ソフトウェアのインタフェースを具体的に取り上げ、パターン分類し、おのおのについて事例の紹介やインタフェースの解説、用例などを紹介している書籍です。Webアプリの事例も紹介されていますので一度読んでみてはいかがでしょう。よくまとまっています。

id:pmakino

デザイニング・インターフェースは前から気になっていたのにすっかり忘れてました。ありがとうございます。

2007/03/12 01:25:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません