【謎解き】

ホラー応募:http://q.hatena.ne.jp/1173650953
〜〜〜
久しぶりに「胡乱亭」に入ることにした。
「なんだよ相変わらずあのおっさんいねぇよ。」
また店番もおかずにパチンコにでも言っているのか?
全く防犯意識のかけらもないおっさんだな。
しかも何なんだ相変わらず趣味の悪い内装だ。
変な昆虫の標本やらお面やら飾ってあるけど南米なのかアフリカなのかすら分からない。
というか飲食店なのにゴキブリの標本があるってどうなんだよ・・・
これであの人うれしそうに自慢するんだよなぁ。
こんなふうに毒づいているけどやっぱりなんと言ってもこの店のいいところは
気張ってないところだよな。
変にサービスが行き届いているよりなんか落ち着くんだよね。
コーヒーも自分で入れるのもご愛敬だ。ちょうど準備も出来ているみたいだ。
「なんだよホントずぼらだなこぼしてるじゃねぇかあのおっさん」
もったいねぇから入れておこう。
コーヒーを入れる・・・・・・・・
「よし出来た。」
う~んいい香りだ。まずは一口。
「おっなんだい伸介じゃないか」
「ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!」
やれやれだぜ。
~~~
ホラーである理由は何でしょうか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/03/15 23:09:04
  • 終了:2007/03/18 22:16:25

ベストアンサー

id:toku4sr4agent No.2

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282007/03/16 00:07:11

ポイント35pt

自信ないですけど・・・。

>こぼしてるじゃねぇか

というお客さんのセリフがありますよね。

こぼれているのはコーヒー豆だと思ったのです<お客さん

>ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!

そして、その後、コーヒー豆だと思っていたものの正体を知らされる。

それは、コーヒー豆ではなく、なんと!

ゴキブリの卵の標本だったのです

後で知る本当の恐怖。

id:castiron

うっ!やられた・・・

2007/03/18 13:01:14

その他の回答(9件)

id:hanatomi No.1

hanatomi回答回数853ベストアンサー獲得回数362007/03/15 23:48:38

ポイント12pt

すごいものを手に入れた=伸介

コーヒーに毒が入っていて、ひと口飲んだ=ちょうどてにいれた

伸介がコレクションになるとか・・

id:castiron

毒ではないと思います

2007/03/18 13:01:12
id:toku4sr4agent No.2

toku4sr4agent回答回数349ベストアンサー獲得回数282007/03/16 00:07:11ここでベストアンサー

ポイント35pt

自信ないですけど・・・。

>こぼしてるじゃねぇか

というお客さんのセリフがありますよね。

こぼれているのはコーヒー豆だと思ったのです<お客さん

>ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!

そして、その後、コーヒー豆だと思っていたものの正体を知らされる。

それは、コーヒー豆ではなく、なんと!

ゴキブリの卵の標本だったのです

後で知る本当の恐怖。

id:castiron

うっ!やられた・・・

2007/03/18 13:01:14
id:norita34 No.3

norita34回答回数302ベストアンサー獲得回数12007/03/16 00:24:07

ポイント12pt

実はコーヒーじゃなくて、昆虫を煮出した汁なのでは?

id:castiron

う~ん、それだと入れる(煎れる)時に気づきませんか?

2007/03/18 13:13:37
id:starbow No.4

りょうえん回答回数2ベストアンサー獲得回数02007/03/16 01:15:13

ポイント12pt

伸介は、「胡乱亭」という名の通り、如何わしい店にまた来てしまった。

店主は居ないようだ。趣味の悪い内装。昆虫の標本に、変なお面。

そして、ゴキブリ自慢の店主…。そう、店主は蟲マニアなのだ。

伸介はコーヒーを飲むことにした。まあいつもの事だ。

こぼれているコーヒー豆を…拾って、入れて、淹れる。

一口コーヒーを飲んだ瞬間、店主が登場。

一体今までどこに居たのか。

「ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!」

やれやれ、と思ったも束の間、店主の蟲自慢が始まる。

「あれ、この辺置いておいたのに…。」

店主がコーヒー豆の近くにおいていた「新種の蟲」

伸介がコーヒー豆に混ぜてしまったその蟲。

伸介は意識を喪いどうと倒れた。

店主は、その死を悼むように、仮面を載せ…

 ――蟲達の餌にすると、ニヤリと笑った。

暖を失いつつある伸介の身体を、コーヒー大の蟲達が這う。

・・・なんていうのでどうでしょう?(笑)

id:castiron

ごめんなさい。そこまでこった問題ではないのですw。

2007/03/18 13:03:41
id:snaruseyahoo No.5

snaruseyahoo回答回数491ベストアンサー獲得回数42007/03/16 12:22:14

ポイント12pt

最後の、「ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!」という会話ですが、この文章の全体のあらすじからみてとてつもない昆虫を

手に入れたということではないでしょうか。昆虫といっても、美しい蝶やトンボやカブトムシなどではなく、巨大な毒蛾か、ゴキブリなどの害虫か、あるいは生きたままの蜂や蚊トンボを虫かごに入れてきたかもしれません。いずれにしても、あまり美しい昆虫ではないようです。

id:castiron

虫かごいっぱいの蝉、ダンゴムシ、ムカデ、ゴキブリ。コワイですね・・・

2007/03/18 13:05:29
id:lilybells No.6

lilybells回答回数25ベストアンサー獲得回数02007/03/16 14:18:27

ポイント11pt

手に入れたのは毒物。コーヒーにその毒が混ぜられている、というのは変なので毒コーヒーそのものだと思われる。

またはこぼれている、と思ったものが無造作に置かれていた毒物。防犯意識のかけらもないので店に人が入ってくることは想定していない。

とにかくその毒入りコーヒーを飲んでしまった伸介は……

店番の死体という案も考えましたが罪悪とかは全く感じてないぽいので切捨て。

id:castiron

こぼれたコーヒー豆がなんなのか・・・

2007/03/18 13:07:07
id:emmet No.7

emmet回答回数192ベストアンサー獲得回数142007/03/16 19:01:12

ポイント11pt

常連の人には南米だかアフリカだかわからないけれど、標本とかお面とか飾ってあるお店なんですね。

きっとご主人は、何度もなじみの客に「この標本になっているタマムシはね…」とか説明をしていたんでしょうけれど、きっとあまりにも何度も自慢されるので

「へぇそうなんだ、ほ~なるほどねぇ~」

と相槌を打ちつつ、聞き流していたんでしょう。

…ちゃんと聞いておけば良かったのに。

珈琲を入れるときに常連さんが「こぼれている」と思ったのは、実はアフリカの奥地で呪い師が使う、とんでもない効き目のある薬だったのです。

…どう、とんでもないかはあまりにオソロシイので書けません。

まさか…こぼれているものを「もったいない」と使っちゃうなんて思わなかったので、飲んじゃったと判った時はビックリしたでしょう。

ところでこの「胡乱亭」喫茶店のように見えるけれど本当に喫茶店かしら?

id:castiron

生理的嫌悪感に特化させてみました!

2007/03/18 13:08:42
id:sylphid666 No.8

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/03/17 11:23:31

ポイント23pt

内装の昆虫の標本はもちろん本物で称し、お面というのも本物の人間なんでしょうね。

で、珈琲の中に睡眠薬か何かの毒を混ぜておいて客が来るのを待つ(もちろん、マスターは外出ではなく店のどこかに隠れているか監視している)。

来た客が自分で珈琲を入れ飲むと獲物がかかった、と。

「ちょうどすごいもんを手に入れたんだよぉ!」

というマスターの一言はまさに今珈琲を飲んで獲物が手に入った、という意味だと思います。

数日後に展示されるであろう伸介さんを考えると怖いものがあります...

id:castiron

おぉ!すばらしいですね。ちゃんとしたホラーに仕上がっていると思います。ただそれだと常連であることがネックになってきそうです。

2007/03/18 13:10:37
id:tknmst No.9

tknmst回答回数1ベストアンサー獲得回数02007/03/17 17:07:08

ポイント11pt

「胡乱亭」は客が自分でミルを使い豆をひくことができる喫茶店。

伸介が「こぼしてるじゃねぇか」と言っていれたのは、液体のコーヒーではなく、ミルにいれるコーヒー豆なのです。

ところが、それはコーヒー豆ではありませんでした。店長が南米から取り寄せた小さな昆虫の標本だったのです。

話をしながら、昆虫の標本を探しだす店長。伸介は1杯飲み干したあとで、ようやく「さっきの豆」と気づき、正直に告白します。

それがさらなる悲劇を呼ぶはめに。その標本はマニア睡涎もので推定100万円。店長から賠償を求められてしまいました。

「100万円の昆虫コーヒー」を飲んだ伸介が、その後、コーヒーを飲めなくなってしまったのは言うまでもありません。

id:castiron

何の虫というのがこの話の幹です。

2007/03/18 13:14:42
id:sanzi24 No.10

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12007/03/18 04:29:31

ポイント11pt

こぼれていた「珈琲」は実は珈琲ではなく

他の何かで(それがおじさんの言っていた

「ちょうど手に入れたすごい物」なのではないだろうか。

虫好きと文頭にでているぐらいだからそれは虫に関する何か。

例えば虫を煎じた物とか毒薬とか)

主人公はそれを珈琲として一緒に入れて口をつけてしまった。

(もしかしたらわざとおじさんは主人公が

飲むまで待っていた可能性もある)

気になった点は、

>店番もおかずに店から消えていた

のにかかわらず

>珈琲が「ちょうど準備も出来ているみたい」

な状態になっていて一口飲んだ瞬間に来た点でしょうか。

あとはなぜか珈琲がこぼれしている点。一体どういった状況で

そうなったのかが気になるのですが想像力が…OTL

id:castiron

ぷ.........G

2007/03/18 13:19:01
  • id:castiron
    これはかなりこじつけです。推論、想像というより連想かな?
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2007/03/17 23:03:55
    3日間は回答をオープンしない・・・
    ということは早ければ明日の夜には回答オープンですね。
    楽しみです♪
  • id:castiron
    toku4sr4agent様
    回答集まったみたいなので今日中にオープンします。
  • id:castiron
    正解(グロなので注意)
    http://www.afftis.or.jp/konchu/gokiburi/goki03.htm

    マスター「今日珍しいゴキブリの卵を手に入れたんだよ!」
    マスター「あれここにあったんだけど知らない?」

    たいした問題ではなかったので申し訳ないです。
    ちなみに私は高校生の頃チャリンコに乗っていてカメムシを喰ったことがあります。(ダイレクトに食道へ!)
    焦って質問したことがあったのですが「完全草食なので健康にいいのでは?」というありがたいアドバイスをもらったことがあります。
    特に息がカメムシの臭いがすると言うことはありませんでした。
    胃酸ってすごいですね。
    最後に私は初めてゴキブリの卵を見たとき何か分からずしばらく木の実だと思っていました。
  • id:toku4sr4agent
    toku4sr4agent 2007/03/18 15:54:25
    もしかしてメッセージが届いていないかもしれないのではてなダイアリーからの転載です。

    <その後のストーリー>
    「ちょうどすごいものを手に入れたんだよお」

    店のおっさんはキラキラと目を輝かせながら俺に言った。

    かなり興奮して話していたので、ちょっと話を聞いてやってもよいか思い、俺はおっさんに言った。

    「すごいものっていうのはなんだい?」

    「あ、ああ、実はな」

    と、そこまで言っておっさんはテーブルを見回しだした。

    じれってぇなぁ。

    「あれ、さっきここに置いていったはずなのに」

    「置いていったって何をだ?手に入れたというすごいもののことか?」

    「ああ、そうなんだよ、どこいったのかなぁ」

    おっさんは、少し悲しそうな目をしながらため息をついた。

    「で、すごいものってぇのはなんだったんだよ」

    「ああ・・・」

    一息つくとおっさんは言った。

    「ゴキブリの卵の標本だよ。」

    「ゴキブリの卵?」

    おっさんの言葉を鸚鵡返ししながらついさっきのことを思い出す。

    (ゴキブリの卵・・・でもそんなもの見かけなかったな。テーブルの上にこぼれていたのはコーヒーの豆だけだったし)

    そして、おもむろにおっさんは

    「こげ茶色で、豆粒くらいの大きさでさ・・・」

    (待てよ・・・なんかイヤな予感が・・・)

    「そういや・・・コーヒーミルの近くにコーヒー豆が落ちていたけど」

    すると急にテンションが上がった声でおっさんは言った。

    「そう、それだよ!それ、クロゴキブリの卵なんだよ!どこ行ったか知らない」

    急に俺はササーッと全身の血が退いていくのを感じた。

    「の、の、のんじまった・・・」

    「え、な、何を?」

    「その卵とやらを、コーヒーミルの中に入れて他の豆と一緒に挽いて・・・

    そしてお湯を注いで飲んじまった・・・」

    ことの真相を知ってしまった俺は急に気分が悪くなった。

    「オェー!!オェー!!」

    足も立たなくなる。

    「きゅ、救急車呼んでくれ・・・」

    きっとゴキブリの卵入りのコーヒーを飲んだ奴なんて俺くらい・・・

    病院でそのことを話しても笑われるにきまっている

    前代未聞だ・・・。

    そして俺の意識は遠のいていった。

    <以上その後のストーリー終わり>

    以下はゴ・・・が苦手な方は絶対見てはいけません。
    ゴ・・・の卵も載っています。
    http://www.eiken.city.nagoya.jp/insect/blattari/pf.htm
  • id:sanzi24
    >Gの卵
    ヒイイイイ(('A`))
    主人公カワイソス……

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません