朝、目を覚ましてすぐに汗が吹き出してしまうほど暑い日々が続いています。別荘の庭には潮があがるらしく、一年ぶりに訪れてみれば庭木は一本残らず枯れ果てていました。時折涼しげな風が吹き、強すぎるぐらいに屋根や壁が音を立てます。心配になり庭先の岸壁を覗いてみれば彼方此方崩れている始末。本年限りで売り払う心算ですが、買い手が付かないと世話役が言っていました。天気予報によれば特大の台風が来るかもしれないそうですが、直撃する確率は低いそうです。昼過ぎからは風雨も強まってきて大潮も重なりそうですが、台風の上陸は夜半過ぎてからとのことなので、寝ているうちに通り過ぎてしまいそうです。

これは、ある女性が受け取ったメールの一部である。彼は女性の訪問を心待ちにしていた。
なお、この質問は、とある方からのホラーのリクエストですので、あまり虐めないでくださいね。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2007/03/16 00:02:46
  • 終了:2007/03/22 21:22:06

回答(3件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4723ベストアンサー獲得回数8742007/03/16 09:03:21

ポイント50pt

だれも回答しないのかなあ、ということで下手ですが一番手をつとめさせていただきます。

崖の突端にあり、暑くて波をかぶってもろくて崩れそうな地盤にたっている別荘→命がけの立地?

別荘販売ができず資金繰りがつかない?

そのため女性と男性は心中する予定?

寝ているうちにとおりすぎる=直撃でなくても上陸するような台風、そんな嵐と海なりでは普通は寝ていられるわけがないので睡眠薬自殺?

id:miharaseihyou

思わせぶりな設定でしょう。気まぐれな夏台風。海面上昇で冠水するようになり荒れ果てた別荘の庭。彼女は訪ねてくるのだろうか。第三者の登場。残されたメール。そして、事件はおこった・・・。ということで続きを想像してみてください。

追伸 メールはどのような形で発見されたのでしょう。

2007/03/16 20:34:34
id:sylphid666 No.2

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/03/17 13:31:13

ポイント30pt

彼女が島に向かう途中に台風に巻き込まれて帰らぬ人となってしまった。そして、このメールは事故後の現場検証で発見された物。

しかし、孤島にいるこの男性はそれを知る術がなく、いつまでも来るはずのない女性を待ち続けている...

id:miharaseihyou

う~ん、ちょっと弱いかな。彼はどのような人でしょうか。「売り払う心算」ということは、責任ある立場の男性ですよね。「世話役」がいるからには、地元にもそれなりに受け入れられているということですので、古くからある別荘ですよね。となれば彼女はどんな人でしょう。同僚?親戚?銀座のホステス?第三者は女か?男か?

メールは携帯に残されたものだった。この部分は自然だと思います。しかし、いきなり事故なのですか?

ということで、今しばらくお楽しみください。

2007/03/17 21:42:39
id:sibazyun No.3

sibazyun回答回数1760ベストアンサー獲得回数2372007/03/22 11:35:19

ポイント20pt

(下のイントロは思いっきり無視。。。)

彼女=女性名の台風(Katrina とか)。最近のアメリカでは男女交互につけるそうなので、その女性のとき。

ほんとうは、直撃してすべて破壊しつくしてほしいのだが、直撃しそうにないので、メールで台風(名の女性)に懇願。実は、メールのアドレスはKatrina@xxxでドメインxxxは知っている限りをつくしている。

id:miharaseihyou

壊しすぎです。ホラーじゃなくてパニック物になってしまう。

2007/03/22 18:45:07
  • id:miharaseihyou
    lionfanさんへ のっかりありがとうございます。一応の腹案はありますが、面白い作品になりますかどうか、上手くなりあがりましたら御手てしゃんしゃんです。
  • id:miharaseihyou
    回答されるかたが少ないようなので、とりあえず当方で考えたイントロの部分を開示します。

    舞台は大阪梅田の繁華街。
    一人の男が当局からマークされる。
    男は中国人窃盗団の一員。
    逮捕直前に逃亡。
    アジトからは多くの盗品が発見される。
    遺留品のなかに発見された携帯電話。
    持ち主には捜索願が出されていた。
    そして発見されたメール。

    こんなもんでどうでしょう。続きを考えてお楽しみください。
  • id:castiron
    脱獄
  • id:miharaseihyou
    castironさんへ 当方の想定によればルパンやシュワちゃんの世界ではなくて、横溝正史の世界ぐらいです。
  • id:miharaseihyou
    仕方ないので、当方の設定したストーリーをお話ししますね。
    時代は2005年以降。

    イントロは既に出しました。次はキャストです。

    主人公=大阪府警の捜査課のベテラン捜査官。
    ヒロイン=携帯電話の持ち主。 ヒロインの恋人=メールの発信者。 ヒロインの妹。
    謎の中国人Z。 窃盗団員Y。犯人a,b。
    ヒロインの夫。 恋人の妻。その他、補助キャラが相当数。

    ストーリー

    ヒロインは家庭的で我慢強い性格。夫とは半ば政略結婚。子供はいない。不幸な結婚生活をけなげに耐えている。話し相手のいない毎日。仕事人間で疑り深い夫。始終鳴り響く夫の携帯の着メロ。その度に中断される夫婦の会話。突然見捨てられる夕飯の料理。夫の浮気。などなど。

    メールの発信者の男性は某中堅企業取締役。次期社長と目されている。ヒロインと同じように、我慢強いタイプ。我儘な妻に疲れている。夜昼構わずに頻繁に外出する妻。勝手に押し付けられた家庭内での家事分担のルール。洗い物や洗濯、掃除など、彼がやらなければ誰もしない。子供もいない。作りかけで放置された夕飯の食材。彼が完成させて、先に食事。後から文句の言われ放題。積み上げられ放置された、埃まみれの高価なブランド品の山。妻の浮気。などなど。

    二人の再会は桜の咲く季節。祖父の急死による葬儀の通夜。ヒロインの妹と三人で久しぶりに顔を合わせ、近況を語り合う。三人は従兄妹どうし。死んだ祖父は三人をかわいがってくれていた。二人の事情を知っていた妹に焚きつけられて二人は夜の街をデートする。そして、何もせぬまま別荘での再開を約して別れる。

    別荘は死んだ祖父が所有していた。最近は使われないで放置されているが、ヒロインたちが幼いころ祖父に呼ばれて三人で遊んだ懐かしい場所。現在は彼が管理することになっていた。再開の約束の日は七月七日。(「七夕の夜に会いたい。」「あの海で会いたい。」)

    別荘の地下には天然の洞窟を利用して作られた艇庫があった。コンクリート製の船着場は洞窟の曲がりくねった奥深く。現在は藻に覆われて蟹の棲み処となっている。別荘からの通路は入り口が分厚い鉄板で覆われている。

    七夕の夜、台風の接近で交通機関のダイヤが大幅に乱れる。彼女の到着は夜遅くになってからだった。雨は夕方には止んでいた。タクシーをかなり手前で帰らせ、懐かしい道を歩く彼女。夜の闇と潮風が心地よい。あの日から彼とはメール一本交換していない。それでも彼女は信じていた。別荘の手前で彼女は不審な光に気付く。光はすぐに消えたが、一瞬だけ別荘の艇庫の入り口を照らした。彼女は手前の脇道から艇庫の入り口近くへ歩いて近づく。すぐそばを男たちの乗った手漕ぎのボートが通り過ぎた、その時、彼女の携帯がメールの着信音を立てる。オールを漕ぐ音が止まった。凍りつく彼女。殺到する男たち。
    艇庫は中国人窃盗団の死体置き場だった。男達は手際よく彼女を気絶させる。そして艇庫に運び込み、身包み剥がしてスグに頚動脈を切る。徹底的なプロの仕事。そう彼らは殺人も生業としていた。死体は水路に鎖と重石をつけて沈めておけば、魚と蟹が処分してくれた。

    彼女はメールが自動的にロックされるように設定していた。以後、携帯がアジトから発見されるまで、メールは削除されずにすんだ。メールは到着が遅いことを心配した彼からのものだった。

    窃盗団は逃亡に成功する。そして別荘の艇庫からは十数人分の人骨が発見される。
    七夕の夜、幸せ薄い女の涙が闇にとけて消えた。

    といったところで如何でしょうか。別荘の場所の選定や登場人物のネーミングなどしてみてください。設定に不自然な部分がありましたら、いわしにてお願いします。できるだけお答えします。
    以上。
  • id:miharaseihyou
    申し訳ない。設定をミスしていました。ストーリーに華を添えようと思って後から入れた部分が矛盾した内容になっています。「あの日から彼とはメール一本交換していない。それでも彼女は信じていた。」の部分を削除してお読みください。ごめんなさい。ごめんなさい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません