ウイルスバスターのパーソナルファイアウォールを有効にしていると、vmwareのBridgedネットワークでゲストOSがネットワークアクセスできなくなります。


ウイルスバスターパーソナルファイアウォールにどういう例外ルールを設定すれば使えるようになりますか?
とりあえず、外に接続する方向だけでいいです。
何かの.exeファイルを例外に指定できれば最高です。

ファイアウォールの意味を成さなくなるルール(たとえば全部透過させるとか)は除外してください。
VM SettingのNetwork connectionをNATにするもだめです

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/03/18 16:17:30
  • 終了:2007/03/23 21:58:38

回答(2件)

id:russian-blue No.1

russian-blue回答回数36ベストアンサー獲得回数02007/03/18 18:14:29

ポイント20pt

ウイルスバスタの例外のプロトコルで

一時的に

WEBサービス(http)の設定が無効で、一般の設定が送信、許可になっています。

設定を

一般の設定が送信、警告に変更して

有効にします。

この状態でVMWAREでhttpでアクセスすると

ウイルスバスターのログに警告のログが出ます。

ここでプログラム名---になり。

ウイルスバスターはプログラム名を認識していない事がわかります。

例外でプログラム名を指定できないので

例外設定のプロトコルで許可したい

ポートを空ける対応しかない。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:aukjs

うーーーーーーん。それってファイアウォールの意味なします?ないよりはましかもしれませんが。

2007/03/18 18:34:24
id:goldenden No.2

goldenden回答回数103ベストアンサー獲得回数52007/03/19 04:12:30

ポイント50pt

環境 OS win2000

   ファイアウォール outpost1.0 Free版

   VMWARE 5.5


ルータ        192.168.1.1

物理マシンA    192.168.1.2

物理マシンB(ホスト)   192.168.1.3

   L仮想マシン    192.168.1.4  (ブリッジ接続)


少し環境が違いますが

物理マシンBのファイアウォール(outpostFree版)から

仮想マシンのnetBIOS(ファイル共有)の許可、不許可が設定できる。これがちょっと不思議。


なぜか「ルール作成モード」(定義されていない接続がくると選択を迫られるモード)では

仮想マシンからのネット接続が出来なくなる。


「ブロック優先モード」(ユーザーが作成した許可ルールだけ適用、他は遮断)の場合でも

仮想マシンはネット接続できる。

全く許可していないのに素通り状態です。というよりそもそも物理マシンBを経由していない様子。

ホストから、仮想マシンのネットワークを操作できるのはちょっとムリで

ホストにはゲストのネットワークをブリッジするかどうか、

くらいの権限しかもっていないと思うんです。


ダミー http://www.yahoo.co.jp

id:aukjs

> なぜか「ルール作成モード」(定義されていない接続がくると選択を迫られるモード)では

> 仮想マシンからのネット接続が出来なくなる。

>「ブロック優先モード」(ユーザーが作成した許可ルールだけ適用、他は遮断)の場合でも

> 仮想マシンはネット接続できる。

ためしてみます。

> ホストから、仮想マシンのネットワークを操作できるのはちょっとムリで

いや、そんなことは期待していません。

2007/03/21 09:29:40

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • ウイルスバスタークソ杉ワロタ 猫又にゃぉ助の「責任者出てこい!」: ウイルスバスター2007とVMwareのブリッジ接続 ウイルスバスターのパーソナルファイアウォールを有効にしていると、vmw
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません