蝶々夫人と長崎の関係性について調べています!

歴史的なことから薀蓄情報まではば広い情報をお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/03/21 17:16:50
  • 終了:2007/03/27 16:21:52

回答(5件)

id:daikanmama No.1

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822007/03/21 17:29:26

ポイント23pt

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/glover/m_cont/butterfly.ht...

「マダム・バタフライ(蝶々夫人)」は1898年、アメリカ人の原作者ジョン・ルーサー・ロングによって書かれた小説です。1890年代初頭に長崎外国人居留地の東山手に住んでいた姉サラ・ジェニー・コレル(鎮西学院の校長夫人)から聞いた長崎の話をもとに書かれたものです。

http://www.h6.dion.ne.jp/~be.happy/travel-tyoutyouhujin.htm

長崎人で、「マダム・バタフライ」と呼ぶのは、音楽関係者が多く、ほとんどの人は「蝶々夫人」と呼ぶ。

http://www.pref.nagasaki.jp/bunka/hyakusen/kaigai/070.html

大正13年(1924)に65歳の生涯を閉じたプッチーニは、名作「蝶々夫人」の舞台である長崎を1度も訪れることがなかった。

id:sylphid666 No.2

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902007/03/21 17:50:55

ポイント23pt

http://www.h6.dion.ne.jp/~be.happy/travel-tyoutyouhujin.htm

>彼自身は、日本(というか、長崎)に来たことは一度もありませんでしたが、原作「蝶々夫人」の中には、日本女性の気質や習慣、日本の風習、丸山芸者の様子、長崎居留地の風景や、長崎港の様子など、まるでその目で見て体験したかのように、いきいきと描写されています。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 sakura19749 785 688 3 2007-03-23 02:32:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません