リタイアした高齢者を狙う、海外を舞台とした詐欺が横行しています。ホテル会員権、ロングステイ、介護付き住宅、リゾート物件などにまつわる詐欺の手口、その防衛策などについて、情報をお持ちの方お教え下さい!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/03/22 00:06:30
  • 終了:2007/03/29 00:10:03

回答(3件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4740ベストアンサー獲得回数7552007/03/22 00:24:57

ポイント27pt

http://waga.nikkei.co.jp/comfort/life.aspx?i=20070222g3000g3

>ロングステイ人気が高まってきたのにつけ込んで、

詐欺まがいの商法を企てる業者も現れている。

うますぎる話には気を付けたい。

現地のリゾート住宅を売ると持ちかけて資金を引き出しながら、

契約を守らないといった事例が起きているという。


 現地でもトラブルが起きているそうだ。

家を構えた移住者に、「もっと安い家がある」とか

「うまい投資口がある」などと持ちかけて、

巧みに金を引き出そうとする詐欺まがいの手口がみられる。

言葉や現地事情に明るくないリタイア移住者を食い物にしようという輩のようだ。


 こうした悪質な手口の被害に遭わないためにも、

事前のリサーチと、予習的な意味での短期滞在が欠かせない。

実際に短期間暮らしてみて土地勘を養いつつ、地元の日本語誌、先輩移住者などから

生の情報を仕入れて、ビザ取得に向けた検討に役立てるのが得策だろう。

『海外で暮らす』(ビジネス社刊)を書いた国際ビザコンサルタントの布井敬次郎さんは

「その国・地域ごとの宗教の問題に気を付けたい。

財産管理は資金を半分に分けて、半分は日本国内の銀行に預金し、

残り半分を海外に持って行く形がおすすめ」とアドバイスしている。

id:norita34 No.2

norita34回答回数302ベストアンサー獲得回数12007/03/22 00:44:24

ポイント27pt

http://www.3121.jp/

警告!!売却するために費用が発生する話には要注意です

宅地建物取引業免許番号が無い広告会社・測量会社・造成会社の

費用をかければすぐ売却できる話に騙されないように注意しましょう

下記に土地所有者に対する詐欺的二次被害手口が掲載されています

id:TNIOP No.3

TNIOP回答回数2344ベストアンサー獲得回数582007/03/22 23:48:17

ポイント26pt

http://www.sakimono-sos.com/

いろいろ防衛策や注意点が掲載されています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません