【イエはてな】イエ・ルポ#017

街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #017 THEME「今も耳に残る…音楽のあるイエの思い出」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070323

※今回の「いわし」ご投稿は3月28日(水)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:2007/03/23 14:09:14
  • 終了:2007/03/28 14:03:11

回答(282件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
吉田拓郎 Oregano2007/03/23 18:01:16ポイント9pt

やはり親の世代を代表するミュージシャンというと、吉田拓郎ではないでしょうか。父母がよく聞いていました。中でもライブ盤がとてもお気に入りだったようで、当時はまだうちにもアナログが聞けるプレーヤーがあったので、大きなLPを乗せてはよく聞いていました。

その中で、レイ・チャールズのWhat I sayを拓郎がやるというのがあって、その曲をやる前に、何度も何度もLPを聞いて練習したので音シャリシャリしてしまったと話すMCが入るのですが、うちのLPも聞きすぎてシャリシャリシャリシャリ言っているので、そこがとても面白かったのを思い出します。

最近また吉田拓郎を聞く機会がありましたが、あの人の音楽は変わりませんね。親子二代にわたって聞ける、すごいアーティストだと思います。

僕が生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎 haru-taka2007/03/23 21:19:36ポイント8pt

中学生になってから初めてレコードを買ったんです。それが吉田拓郎でした。今考えるとありえないくらい渋いかダサイ中学生だったと思います。(僕は今33歳)

確か、「素直になれば」って曲が入ってたレコードでした。

僕は一番上の兄貴と12歳年が離れていますが、そして、またよく喧嘩もしますが、吉田拓郎はいい!というてんでは意気投合しています。

いいですよね、吉田拓郎。

私も好きです TomCat2007/03/23 22:37:40ポイント6pt

どことなく、バンカラの匂いがするんですよね。「魁!!クロマティ高校」のオープニングテーマになった「純」なんてね、もう歌詞が感動モノですよ。

 

どけどけどけ後ろめたい奴はどけ

有象無象の街に明かりを灯せ

どけそこをどけ真実のお通りだ

正義の時代が来るさ

希望の歌もあるさ

僕の命この世に捧げてしまっていいさ

(『純』作詞・作曲・編曲:吉田拓郎。著作権法第32条に基づき出典明示の上一部引用)

なんてね。普通、出てきませんよ、こんな言葉。普通の人間が忘れかけている言葉を、この人は持っているんです。

 

古いアルバムも好きです。Oreganoさんの書き込みに出てくるアルバムは、「よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち」ですね。私はこの中の「されど私の人生」が大好きなんです。これは斉藤哲夫さんの曲で、拓郎はそれをカバーしているわけですが、まだ若い彼の瑞々しい解釈で歌っています。

吉田拓郎、私も好きです watena2007/03/24 05:47:45ポイント5pt

たしかに吉田拓郎は、言葉の力がすごいと思います。そしてもう一つすごいのは、この人はずっと変わらないということではないかと思います。

同じ時代に活躍したシンガーソングライターの中には、年齢と共に「等身大の音楽」が変化していった人達もたくさんいます。アリスの谷村さんや堀内さんなどは、ファンが年齢を経て行くにしたがって、その年齢に向けた歌を発していくことが出来る人達です。それに対して拓郎さんは、いつでも聞く者を拓郎世代に引き戻してしまう力強さがあります。

どちらがミュージシャンとして優れているかの問題ではなく、拓郎さんの常に自分らしさを貫く姿勢には敬服させられます。

ところで70年代後半か80年代前半に、東北訛りが残る感じの絞り出すような歌い方をする人が、「やつでのはっぱがばさりばさり」という詞の入る歌を歌っていたと思うのですが、どなたか歌っている人と曲名がわかる方、いらっしゃいませんでしょうか。非常に哲学的な詞だったような記憶があるのですが、今では「やつでのはっぱが…」のくだりしか思い出せません。

「純」かっこいい歌だと思いました YuzuPON2007/03/25 01:09:57ポイント5pt

「純」は彼が病気で一時休んでいた後の新曲ですよね?昔のリメイクではないですよね?だとすれば50何歳の時にこの曲を作ったわけで、この若さはすごいと思います。私が高校生だった時より感覚が若々しいです。

今検索してみたら、彼は1946年生まれなんですね。もう還暦を迎えています。私もいつまでも、どこか一点でもいいから、変わらないものを持ち続けていきたいと思わせる歌でした。

おそらく拓郎は「歌の種」を持ち続けている人 TomCat2007/03/25 05:34:07ポイント4pt

おそらく作曲家には、常に一から新しい曲を作り始めていく人と、まるで生まれた時から歌の種を持っていて、それを一つ一つ蒔きながら育てていく人がいると思うんです。

 

堀内さんなんかは、私が見ると前者だと思います。だから、小椋佳さんとの出会いによって、生まれ変わったみたいに大人の歌を作り始めたんじゃないかと思うんですよね。アリスの頃は吐き出すように歌っていたのが、今は噛みしめるように歌っている。あの人はいつも一曲作るごとに、新しいスタートラインを引く人だろうと思います。

 

それに対して拓郎は、いつもポケットに歌の種をしのばせている。歌の種をどっさり持って広島からやって来た。彼がバンドを始めたのは高校生の頃ですが、その頃から育て始めてきた種を、今になっても一つ一つ蒔き続けている。そういう人なんだろうと思うんです。

 

もちろんその時その時代にまた新しい種を生み出していきますけどね。彼はおそらく既に一生かかっても出し切れないくらいの歌を、どっさり持ってるんですよ。もしかしたら「純」も、何十年も前にその原型が出来上がっていたのではないかと思うんです。言い換えると、彼は新しい曲を作るごとに「中心に戻っていく人」と言えるのかもしれません。そして彼の「中心」っていうのは、いつも青年の心なんだと思います。

 

>watenaさん

「やつでのはっぱがばさりばさり」は、友川かずきの「一切合財世も末だ」ではないかと思いますが、いかがでしょうか。アルバム「海静か魂は病み」に収録されています。オリジナルは1981年にリリースされたものです。

海静か魂は病み

海静か魂は病み

 

YouTubeで動画を探してきました。確認してみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=a1xry5szUKk

ありがとうございます watena2007/03/26 01:57:29ポイント3pt

友川かずきさんだったのですね。まさにこれです。間違いありません。YouTubeの動画見てきました。まるで一曲の中にとてつもない長編の映画があるように思えました。鬼気迫る歌でした。感動しました。CD、買いたいと思います。

Oreganoさん、ツリーを私用に使ってしまって申し訳ございませんでした。

す、すげぇ…… Fuel2007/03/26 06:29:44ポイント2pt

友川かずきという人を、今初めて知りました。

何というか…。

こんな音楽があることを、今初めて知りました。

感動…しています。

1981年。もう四半世紀も前の音楽です。

何て力強い音楽。なんて訴えるものがある言葉。

私は、拓郎もあまりよく知りません。

もちろん友川かずきという人も初めてです。

しかし父母の時代の音楽の力強さに驚かされました。

今夜、父母と語ってみたいと思います。この時代の音楽を。

ありがとうございました。

四半世紀前の音楽 momokuri32007/03/27 21:05:38ポイント1pt

洋楽の世界では、いまだにBeatlesが必ず語られますよね。ジョンもジョージももういませんが、音楽は今も生き続けています。たくさんの新しいミュージシャンがカバーもしています。

拓郎の音楽も一貫していて、今も古くなりませんね。アコギをエレキに持ち替えたり、もう古い歌は歌わないと宣言したり、色々変遷はありましたが、彼の場合、音楽の本質は全く変わっていないように思います。

友川かずきさんは、名前は聞いたことがありますが、その演奏は初めて見ました。凄まじい力強さ、凄まじい表現力に驚きました。私も今、言葉がありません。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません